今年もまた「いのち」のこころだァ


8月15日。

今年も、小沢昭一さんの「いのち」という文章をのせます。
ユーモアのオブラートに包みつつ、でも毅然と時代の空気を伝えてくれる貴重な存在であることは、亡くなってもうすぐ5年たつ今もかわりません。
が、世の中の空気はこの5年でずいぶん変わったようにも思います。
まったく同じ文章を今年ものせるのに、年々、何となく息苦しさが増してゆく。
自分が考え過ぎなのでしょうかね。

おばあちゃん、ひいばあちゃん子として育った自分。
右でも左でもなく、当時の市井の人々の思いが代弁されているように思えます。
当時でもいろいろな考えの人がいたことは否定しませんが。

戦争体験を直接教えてくれる語り部は当然のことながらいなくなってゆく。
原爆の被害にあったひと、戦争孤児、そして戦時を生きたすべての人々。
語り部二世・三世である自分たちがどう伝えてゆくのか。
責任は大きいと思うのですが。

1993年。24年前の言葉ながら、毎年読む度に胸に迫るものがあります。



「いのち」

 私は昭和ヒトケタ生まれです。あの時代は、実は戦争前夜だったのですが、子供にとっては平和な毎日でした。小学生、中学生の頃は戦争のまっ只中。軍国少年としてはやがて軍隊の学校へ。そして間もなく敗戦。焼け出されの丸裸の青年時代を焦土にすごし、そして平和日本を働き抜いて、いま、その平和に、なにやら不安を感じております。
 激動の昭和から平成へと生きて、私、つくづく思いますことは、この世の中、ものの善し悪しは、なかなかオイソレとは判定しにくいもの、という実感ですが、しかし、そんななかで、たった一つ、これだけは、と確信の持てたことは、人間の「いのち」は何にもまして尊いということであります。
 けれどもこれは、幼少の頃から、♪ 海ゆかば水漬く屍、山ゆかば草むす屍・・・で、てんから"屍要員"として育てあげられ、そして、紙一重の差で死なずに生きてこられた私たちであればこそ、「いのち」の大切さを身にしみて思うのかもしれません。この頃は「いのち」の尊重を痛感するあまり、蚊も打たずに逃がしたりして、しかしこれは一種の老化現象かな、なんて思ったりしていますが・・・。
 じっさい、何が「いのち」を粗末にするといって、戦争ほど、人間の「いのち」を軽く見るものはなく、もう無残にも「いのち」は踏みつぶされ蹴散らかされるのです。
 でも、そのことに、私たちは、あの戦争に負けた時に、はじめて気がついたのです。あの時、不思議と頭の中がスーッと澄んで、モノが実によく見えました。あれは、多くの「いのち」を失った代償だったのでしょう。私たちは、それまでの無知を恥じ、もうコンリンザイ戦争はごめんだと思ったものです。「戦争放棄」の憲法は、アメさんから押しつけられたにせよ何にせよ、あの時、日本人の皆が、ごく自然に、素直に、そうだ、それが一番いいと、心底、納得したことだったのです。
 だから、世の中の、大抵のことは、何がどうなってもいいから、戦争だけはごめんこうむりたい、「戦争放棄」だけは守り抜きたいという、これが、私の人生で、たった一つだけ出た明白な結論です。人間、長い人生の間には、考え方も少しずつ変化するものですが、この考えばかりは変わりませんでした。
 ところが、「喉元過ぎれば熱さを忘る」ですか、このごろ「憲法見直し論」がチラホラ顔を出してきて、私はとても心配です。いえ、見直しも結構ですが、第九条ばかりは、そのまま、そのまま、でありますよ。
 「戦争放棄」は、政治に哲学がないなんていわれる日本が、唯一、世界に先がけて打ち出した、まことに先見性のある政治思想と思われるのでありまして、この、百年か二百年先の時代にツバをつけた新思想を、なんとか保持したいものです。世界の先頭切ってやっていることですから、そりゃいろいろ障害も出てきましょう。そこを何とかやりくりするのが先駆者のつらいところで、それを、ほんの五十年ぐらいで取り下げちゃいけません。
 戦争は病気と同じです。病気はかかったらもうおそい。かかりそうになったら、でもおそい。それよりふだんの、かかる前の予防が大切だとお医者に教わりました。
 戦争も、私たちはよく知ってますが、はじまってしまったらもちろんのこと、はじまりそうになったら、もう止められません。戦争のケハイが出ても、もうおそいのです。ケハイの出そうなケハイ、その辺ですぐつぶしておかないと・・・つまり、戦争は早期予防でしか止められません。しかも、その戦争のケハイなるものが、判りにくく、つかみにくいのです。戦争の反対は平和ですが、平和のための戦争、と称えるものもありますしね。いえ、おかしなことに、いつもそうなんです。あの戦争の時も、
 ♪ ・・・東洋平和のためなら、なんの、いのちが惜しかろう (「露営の歌」)
 と、毎日歌って戦いました。ですから「国際貢献」「国際協力」「世界平和を守るため」というのも、こわいケハイです。 ♪ 国際貢献のためならば、なんの、いのちが惜しかろう・・・ということにならないように、なんとしても、予防しなくては!
 私、ひごろ、澤地久枝さんを、わが世代の代弁者と思っておりますので、その著『いのちの重さ ――声な喜き民の昭和史』 (岩波ブックレット)から、次の言葉を引いて、この小文を止めます。

 ――「いのちの重さ」を確め、守ろうとするのは、かつて日本の政治によって、いかにも軽く扱われた日本人と他国の人々を考えるからです。
 ――「はじめにいのちありき」であり、最後に守らるべきものもいのちです。いのちに国境なしです。

 愚考しますに、「はじめにいのちありき」を「国境」をこえて「他国」へ訴えることの方が、「国際貢献」ではないでしょうか。


  (文藝春秋 『同時代ノンフィクション選集』 第七巻月報 1993年5月)
   = 『話にさく花』 (文春文庫)
      『せまい路地裏も淡き夢の町 小沢昭一百景 随筆随談選集2』 (晶文社) 収録
 
[PR]
# by hey_leroy | 2017-08-15 00:00 | ことば | Comments(0)

葉月閑話


午前から終日ひきこもって、楽譜起こしと練習。
たまにはこういうこともあるデス。
・・・夏休みの宿題状態デス。

夕方、息抜き散歩。


f0160346_04441265.jpg


8/27(日)Almond-Eyed Soul Band@三笠公園野外ステージ(横須賀)
9/9(土)Duck Soup@club TENJIKU(赤坂)
9/23(土祝)Camellia@エスペトブラジル(大塚)


その他、詳細は後日あらためまして。よろよろしくしくデス!


よい夏を♪



[PR]
# by hey_leroy | 2017-08-12 21:43 | days | Comments(0)

プールとラーメンはセットです



朝のうち、パラリと一雨きたり。どんより空模様。
早起きしたのにダラダラしてたら午後になり。
少し陽も射してきて。
やっぱり行こう! と、ギョサンつっかけて家を出る。

f0160346_05535707.jpg


今季2度目のプール。
午後2時ごろから、2時間弱。
空いてて気持ちいい。50メートルプールをのんびりいったりきたり。
そして、午後のプールの水温は、曇り空でもぬくい。


f0160346_05535011.jpg


海の目の前のプール。
ここがあれば夏は楽しい。
極楽であります。

で、極楽ついでに極楽寺。


f0160346_05540539.jpg


駅の近く。江ノ電の線路の上にかかる赤い橋をこえたら、すぐ。
ビバ!町中華な一軒。


f0160346_05541064.jpg


まずはビイル! しめたアジがサービスで。うれちい。
お昼前から19時過ぎまでの営業だけど、中休みなしなのがありがたい。
材木座、西鎌倉、そしてこの極楽寺と3軒同じ名前のお店がある。
ご兄弟なのだとか。どこも評判よろしいようで。


f0160346_05543586.jpg


五目うまにソバ。見目麗しい。
野菜シャクシャク。しなやか極細麺。とろみをまとったじんわりスープ。
しゃーわせ。

ここにくると、昨夏、灼熱のなかの引越しの手伝いを思い出す。
激務の合間のもやしソバ、うまかった。
今となっては良い思い出デス。


f0160346_05544763.jpg


今度は鳥うまにソバにしようかな。
プールのアフター、七里ガ浜と極楽寺の中華を交互に通うことになりそう。
ごちそうさまでした。


で、結局カマクラの酒場行脚とあいなりまして。
たっぷりいただきました。

f0160346_05545581.jpg


昼間は生パスタの人気店、夜はジャンルにこだわらないウマいものが供される立呑み屋さん。
トマトとイワシのなんちゃら。300円。
綺麗で可愛らしくて、まわりから歓声があがる。
おいしくて、素敵な肴だったなぁ。

けっこう歩き回って、ギョサン履いてた足裏に水ぶくれができた。



[PR]
# by hey_leroy | 2017-08-10 22:53 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

新入社員諸君!

f0160346_04303403.jpg


『 新入社員諸君! 』  山口瞳 (1973年 角川文庫)

毎年4月1日に新聞紙上に掲載されるサントリーウイスキーの広告。新社会人へのメッセージが綴られている。1970年代から約20年間ほど、山口瞳が書いた。今は伊集院静が書いている。ちなみに成人の日には新成人へエールを送る広告が載る。山口瞳が書いたこれらの新聞広告の文章を一冊にまとめたもの・・・と思っていたら、実際はそうではなかった(笑)。この本に収められた文章の初出は初回東京オリンピックの前後あたり。新聞広告はまだ始まってもいなかった。いつか、あの広告の文章をまとめたのも読んでみたい。ウイスキーの広告だからして、エッセイの最後は酒の話題で締められているところが、また良いのだ。

この「新入社員諸君!」。山口瞳節、絶好調である。編集者~サントリー広報部を経て、作家として独立してまだ数年の頃。なんとまだ40歳手前である。新入社員へ向けてはいるが、じっさいのところは、男女全ての会社員に対して発したサラリーマン論と言ってよい。50年以上前に書かれたもので、今読むと古いなぁと思わせるところもあるが、それは時代背景的な部分で、はなしの本質は現代にも通用する普遍的なものも多い。クールに見えて情で動き、説教くさいけど時おりほろりとさせる。山口ワールドである。

忘年会・新年会、社員旅行、社員割り引きは会社の三大愚行である、タダ酒(接待費で)を飲むな、生活給的なボーナスは廃して能力給とせよ、などなど、当時としては先進的なことも言っている。戦後、自分たちがふんばって会社を、社会を盛り立ててきたという自負と、それを客観的に見る批評性も持ち合わせた人なんだなぁと思う。終身雇用が基本で、女性は結婚したら家庭へ、という時代でもあり、特にBG(ビジネスガール!)には手厳しい山口先生なのであった。今だったら炎上コースまっしぐらだが、それもまた時代。内容云々はさておき、書きたいことを書くという自由と、それに伴う覚悟というのが、年々希薄になってるような気がする。命がけで書く(そして命がけで遊ぶ)、というスタンスは過去のものになったのかもしれない。今の作家でも気骨ある人はもちろんいるのだろうけど、あいにく自分はそこまで手が回っていない。




[PR]
# by hey_leroy | 2017-08-09 22:55 | Comments(0)

台風がくる・・・かも

f0160346_21595081.jpg


鮭、唐揚げ、卵焼き、きんぴら・・・
弁当らしい弁当。
いただきますっ!

青い弁当箱は食欲低下、食べすぎ抑止の効果が?
いやいや。何年もこれで食べていれば、なんも関係ないですな。

昼はまだ晴れて暑かった。
夕方には横浜の上の方は雲がながれ、雨もポツポツと。
でも、江ノ島は風は強いけど、雨はまだ降らず。

さぁ明日はどうなるかな。


[PR]
# by hey_leroy | 2017-08-07 22:07 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

おミヤは、いなり

f0160346_22285118.jpg


今日も仕事がえりに片瀬の龍口寺あたりをぶらり。
竹灯籠、二日目にして最終日。にぎにぎわいわい。
境内では焼きそば、たこやき、串揚げなど地元中心の出店が賑わってる。
でもね、地味だけど海苔巻きと稲荷のセットがいいんですよ奥さん!
すぐそばの寿司屋さんの逸品。こないだ新子たべたとこ。
特に稲荷は昔から界隈の人気商品らしい。
今日は竹灯籠は遠目に眺めつつ、おみや食べたさに帰路を急ぐ。
2パック買ったよ。

もちろん味しみしみの稲荷、やわらか干瓢の海苔巻き、結構でございました。
家族の評判もよろしく。
そりゃコンビニやスーパーの助六とは、違いますわな。
なんて、どっちも良さはあるけども。


[PR]
# by hey_leroy | 2017-08-06 21:40 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

竹灯籠

f0160346_22282764.jpg


片瀬・龍口寺の竹灯籠に散歩がてら。じつは初めて。
東日本大震災以前は紙の灯籠を川から海へと流していた。

今年は地元が舞台のアニメ映画とのタイアップ感強し。
明日まで。五重塔御開帳してますよ。本堂ではライブも。

帰りみち、腰越漁港から茅ヶ崎の花火少しだけ見えました♪


[PR]
# by hey_leroy | 2017-08-05 23:29 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

夏の夜は百物語

f0160346_09280891.jpg


『百鬼園百物語 ~百閒怪異小品集~』 内田百閒 (平凡社 2013年)


夏の夜。
百筋の灯心に明かりを点した会場に集まってきた者たち。
各々が怪談・奇聞を披露し、ひとつの話が終わると灯りをひとつ消してゆく。
百筋すべての灯心が消されて真っ暗闇に包まれたとき、何かが起こる。
、、、というのが「百物語」。怪談会のハシリ。
江戸末期に粋人の間で流行し、その後も明治期にリバイバルしたそうで。

これにあやかった(?)内田百閒の怪異小品100篇のアンソロジー。
編者は東雅夫氏。
買って数年寝かせてたけど、今夜一気に読む。
小説、随筆、日記などから集められた、バラエティー豊かな内容。
飄々とした随筆も好きだけど、幻想奇譚も大正期の百鬼園先生の持ち味。
読み終わったあと、どうにかなるか?・・・途中寝落ちに3000点。
・・・てか、もっと寝苦しい夜に読むべき。



で、読みました。既読作品も多かったけど、こういう趣向でまとめられていると、さすがに読み応えあり。

夜、連ドラ「ひよっこ」総集編に気をとられてしまい、読み終えたのは夜が明ける頃だった。
直接的な怖さではなく、いつのまにか日常から非日常に引き込まれている。
なにかぞわぞわするような「気配」の描写。その余韻が後をひく。
起承転結があやふやで、読み手の想像力にゆだねられる部分が多い。
あやふやなまま、不穏な気配だけが膨れ上がってゆく。

収録作品以外にもっと怖い作品もあるけれど、「小品集」であるがゆえのボリューム制限に引っかかったかんだろうな。
とはいえ、この100篇を、まるで怪談会に参加しているような流れをつくって編んでくれた東氏に敬意と感謝を。



[PR]
# by hey_leroy | 2017-08-04 21:25 | books | Comments(0)

スカ呑み



ふと、思ったのです。
「ヨコスカが足りてない!」と。
そういえば、このところごぶさた気味。
8年ぐらい住んでいて、足しげく通った酒場も多くて。
今は離れたけれど、たまにいくと、つい欲張ってハシゴしすぎて。
翌日はきまってグロッキー。

カマクラで一杯やろうと家を出たけれど、
急きょ横須賀線に乗って。

f0160346_12422556.jpg


開いててよかった♪
ドブ板近くの大衆酒場。
夕方5時から7時半までの営業。
おかあさんもおかわりなく。
常連さんで(いつもよりは)賑わってる。


f0160346_12423542.jpg


ここの煮込みは肉じゃが風。
おかあさんが「だし粉」をかけてくれる。
店名からも分かるとおり、静岡にゆかりがある酒場。
もとは酒屋さんだったらしい。
今でも初夏には桜エビとわさび漬けが出たりする。
こないだ静岡にいった話など、少々。


f0160346_12424218.jpg


やっぱり落ち着くなぁ。
おかあさん、ホッピーうちわ、ありがとう。
また来ます。


f0160346_12431069.jpg


それから、結局怒涛のハシゴ酒に。
ミュージシャンでもあるミッチャンの酒場で空心菜炒め。
空心菜大好きなのに久々に食べた。ウマイ。


f0160346_12451554.jpg


つづいて大滝町のディープなビルへ。
本日水曜日は、お世話になってるN子さんが入ってる。
ごあいさつと、近況報告。
ハチミツ風味の手羽先がサッポロラガーに合う!


f0160346_12471607.jpg


その数メートルの距離にあるこちらへ。
ごあいさつと近況報告、その2。
界隈の酒場の情報を得たり。
ヨシさん、ごちそうさまでした。


f0160346_12450704.jpg


テクテク歩いて若松町。
創業100年超の、でも気さくな酒場。
大女将は静養中。
ここのレモンサワー、飲み口良いけど、キクんだな~。
そのくせ、おかわりしちゃったな~。
・・・なんか文体も酔ってきちゃってるような。。。


f0160346_12433288.jpg


もうだいぶゴキゲンさんです。
寄らずにはいられない、ブルーノート。
ママさんにごあいさつ。


f0160346_12473470.jpg


エズラブルックスをロックで呑んだ。
あぁ、今日もよくばりすぎた。
もっとじっくり呑みたいのになぁ。
またヨコスカに戻ってこようかなぁ。


f0160346_12472533.jpg


帰り際、ご近所ネコのクロちゃんご来店。



f0160346_12434356.jpg


帰るつもりが、もう一軒。
ベルギービールが樽生で呑める店。
そして、旧知の店。


f0160346_12434897.jpg


ジュン君とサシで。
めずらしく今日は静かな店内。
チェリー風味のベルビュークリーク。
女性向けかと思いきや、これがオッサンもハマる美味しさなのです。

というわけで、いよいよ帰路に。
実は、まだそれほど遅い時間じゃないのだ。

ハシゴ酒の途中や、帰宅後に水をがぶ飲みすることを、ようやく覚えました。
何十年かかってるのやら。
ひどい二日酔いには見舞われなくなりました。
まぁ、いまのところ、だけど。

今回寄れなかったお店もけっこうあるので、
また来月あたり、ヨコスカ成分をチャージしにいこう。



[PR]
# by hey_leroy | 2017-08-02 23:44 | スカ呑みスカ喰い | Comments(0)

葉月朔日



プール行きたいけど中々晴れないな~と思ってたら、まさかの大豪雨。

8月が始まりました。
すこぅしづつ、日も短くなってきている。
さびしいと思うのには、まだ早すぎるか。


f0160346_07370675.jpg


星羊社謹製「珠玉の酒肴カレンダー」の今月の絵は青唐辛子の醤油漬け。
いいなぁ。細かく刻んでそうめんのツユに入れたり、
太巻き寿司に忍ばせたり。

山椒醤油と青唐醤油がそろってると、相当にステキだ。
・・・青唐辛子、今から漬けようかな。


f0160346_07371566.jpg


そしてマメイケダさんのカレンダーは、トマト。
迫力とシズル感。たまりません。


このところ毎月なにかしらのライブがあって、ありがたいことです。
来月のは覚える曲が多いので、準備を早めにしなくては。






[PR]
# by hey_leroy | 2017-08-01 21:36 | days | Comments(0)