京都へ その3 ~屋台酒~

その2からのつづき)

銭湯に浸かったり、蓄音機でSP盤聴いたり、ビイル呑んだりしつつ夜は更けて。
そうそう。出発前日に、京都に住む友人と会えたらいいねなんて言ってたのだけど、
遅い時間に呑もうということに。
でも、その前にもう一軒、昼間目を付けていたところが。。。


f0160346_07345889.jpg


八坂神社の神輿の「御旅所」。
きらびやか。
あ、明かりが灯った山鉾も見ようと思ってたけど、呑んじゃって忘れてたなあ。残念。

めざすは、烏丸通の四条と五条のあいだ。


f0160346_07352230.jpg

暗いけど「因幡薬師」とあります。
奥の明かりが、お薬師さん。


f0160346_07353050.jpg


ああ、画像ブレブレだ・・・。
お薬師さんの左に、なにやら掘っ立て小屋のような・・・
赤提灯・・・?

f0160346_07353971.jpg


赤提灯!

屋台というか、小屋というか。
これは・・・入らないわけには。

じつは、昼間に通りかかって、準備中の大将に
「何時ごろまでやってますか?」と声をかけたのだった。
「0時から1時くらいまでやってる」
「じゃあ、あとで来ますからね~」


22時半位、先客なし。
「あ~、昼間の~」
と、ニコニコ迎えてくれる大将。もう一杯機嫌のご様子。
こっちもだけど。

「冬はおでんやってるけど、夏場は、うまい肉を鍋で焼いて出したりしてるんだ」
「八海山呑む?」


f0160346_07354787.jpg

大将は昭和7年生まれ・・・85歳ぐらい? わお。
北海道出身、旧制中学~北大~もろもろあって、
ここで屋台出して60年ぐらいだって。
・・・すごい。 なんだかすごい。

京都の話、北海道の話、自分が住んでる鎌倉のはなし。。。

「コップだしなよ。もうちょっと注いであげるよ。自分も呑んじゃおう。」


f0160346_07360424.jpg


慌ただしく動き回ってるこの旅で、これぞ至福な小一時間でした。

冬に、おでん食べに来なくちゃ!
大将、お元気で!


f0160346_07364538.jpg

昼間はこんな感じ。 じつはエアコンも冷蔵庫もついてる。


さてさて。屋台をあとにして、今宵の〆は、友達が待つ、河原町七条の立ち呑み酒場。
むこうもこちらもエエ感じに酔ってて。
いきなりその場でギター鳴らして、居合わせた女の子と唄ったり。
あ、友達は、わがヨコスカ時代に知り合った音楽と酒の仲間、コウ君。
数年前に地元京都に戻ったんだった。今は良きパパ。

わいわいがやがや騒いで、再会を約束しつつ、お開きに。

タクシーで帰宿、ベッドに倒れ込む。

(つづく→その4へ)



[PR]
by hey_leroy | 2016-07-23 23:18 | おでかけ | Comments(0)
<< 京都へ その2 ~銭湯・蓄音機~ 京都へ その4 ~千本鳥居・か... >>