そしてシモキタあたり


経堂のギャラリーを出たのが、夕方4時過ぎ。
シモキタに寄らないわけには、いかない。
今年は一度も足をはこんでいないからなぁ。

以前と変わらぬ井の頭線の西口の改札から出て、めざすは・・・


f0160346_13075819.jpg


お昼にビーフン食べたけど。
一応「小」だったので、まぁよいでしょう。
ぶふふ。


f0160346_13083298.jpg


あぁ、ひっさしぶりなこの黄金色のスープ。
流行りのラーメンに興味はないが、学生のころから食べてる味は忘れられない。
豚骨醤油だけど家系とは違う独特の味。
脂っぽいように見えて、スルスル食べられる。
麺はシコシコ、メンマは細切り。
ごっつぉさんでした!



f0160346_12553239.jpg


で、一番街のもつ焼屋へ。
口開けの客となる。
いつもはフライングで常連さんが何人かいるんだけどなぁ。
と思ったら、すぐに三々五々集まってきて、そこそこ席は埋まる。


f0160346_12560990.jpg


レモン入り焼酎と、もつ焼3本と、レバのオイル漬け。
BGMはなし。
店主もお客も寡黙なのです。
でもなんだか心地よい。
焼酎は、レモンの搾り汁と一緒に一升瓶に詰めて冷やされてる。
口当たりはいいけど、後から効くんだ~。
今日は2杯にしとく。
ごちそうさま。


f0160346_13043074.jpg


もつやき「椿」を出て、老舗中古レコード屋のTsubakiさんに会いにいく。
たんなる偶然。
棚は、相当に充実している。
古いジャズのレコードを3枚買う。
また何か面白いイベント(ライブ)ができたらいいですなぁと話しつつ。



f0160346_13051480.jpg


おひさしぶりの酒亭へ。
うん。本当にひさしぶりかも。
オトナな酒場だったけど、今日はなんだか若い子たちが多いな。
たまたまかな。
シモキタも変わりつづけてるからな。


f0160346_13061391.jpg


小肌のガリ和え、タラ親子漬けをアテに、ビールと冷や酒。
あれやこれや感慨に浸っているようで、じつのところ何も考えず。
ぷは~・・・ってなもんである。

りゅうさん、またきます。


f0160346_13070717.jpg

最後にすぐそばの3階の泡盛Barへ。
旧知のKくんと駄弁っていると、おおっ!
数年前にシモキタを離れ、京都を経て故郷の沖縄で働いているはずのTちゃん!
おたがい驚く。そして盛り上がる。

こりゃ、またシモキタにもちょくちょく来なくちゃなぁ。
なかなか顔を出せないところや、知り合いが新しく出したところにも行きたい。

でもね、なかなか気軽にはこれないんだなぁ、じっさいは。
仕事も住まいもガッツリ神奈川だからなぁ。

タイミングにまかせよう。

あぁ、なかなか充実した1日だった。

2万6千歩くらい歩いてた。



[PR]
by hey_leroy | 2017-03-17 23:59 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)
<< rockin' rol... 古唐津展からマメイケダ展 >>