カテゴリ:家呑み家ゴハン・弁当( 232 )

実山椒


f0160346_21464813.jpg


数年ぶりに、仕込みました。実山椒。
湯がいて、水にさらして、小枝を取って。
小枝以外の軸にはあまり神経質にならずに。
らっきょうの薄皮むきといい、実山椒の小枝取りといい。
チマチマした作業、イヤじゃない。
むしろ、好きだな。鎮静作用もあるようで。

下ごしらえして、幾らかは醤油漬けにします。
残りは、冷凍保存。

家の中も、自分の指も、山椒の清冽な香り。


f0160346_21465549.jpg


夕刻、江の島近くを散歩。

小動神社からは、お囃子の稽古の音。
来月初旬は天王祭だ。



[PR]
by hey_leroy | 2017-06-04 21:41 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

終日無為


好天なり。
陽射しは暖かく。
家に入ってくる風は涼しく。

5月の後半は身体を休めることをしなかったので、
しばらく休日はのんびりしようと思う。
6月も7月もどうやら後半が慌ただしくなるそうな気配だし。


f0160346_05411624.jpg

奴さんとハイボールな昼下がり、な、風呂上がり。

明日は隣町の豆腐屋においしい木綿を買いに行こうかな。
絹ごしもいいけど、たまに木綿豆腐のしっかりした奴が食べたくなる。

ともあれ、今日はなんにもしない日。


[PR]
by hey_leroy | 2017-06-03 18:41 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

ことしのらっきょ、きょねんのらっきょ

f0160346_09421533.jpg

漬けてから2週間。そろそろ食べごろかな?

あいかわらず、黒糖&お酢のみで。

う~む。まだ浸かりが浅いとはいえ、今年のは黒糖が少なかったかも・・・
と、よくよく考えてみたら、2㎏漬けたのに1㎏分の黒糖しか入れてなかった!

本日、追い黒糖。 もうしばらく食べるのはおあずけ。



[PR]
by hey_leroy | 2017-05-24 09:39 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

らっきょ



しっかし、一年って、あっという間にもほどがある。

f0160346_21570172.jpg


今年もらっきょう、漬けましょう。

下処理済みのにも惹かれるけど・・・
薄皮をぺりんと剥く楽しさも捨てがたい。
とうことで、泥付きで!


f0160346_21572424.jpg


沖縄の黒糖と、普通のお酢で。
もうこれ一辺倒で10余年。
塩らっきょの誘惑にも負けず。

さ、2週間待ちましょう。


手についた臭いは取れないなぁと思いつつ、
午後、図書館に予約してた本を取りに行き、
そのままぶらり散歩。


f0160346_21581750.jpg


いつもの腰越漁港の防波堤で
缶チューハイ啜りつつ、借りてきた本をパラパラ。



f0160346_21583011.jpg


大型連休も今日が最終日。
人出も今日は少ぅし落ち着いてるかな?

最終日と言っても、自分にとっては
始まっていないから、終わりようがない(笑)

今日も普通の単発休みなり。

もう1週間がんばって、
今月後半はちょっとのんびり。
すんごい連休とはいきそうにないけど、
日数的にはしっかり振替。
たのしみ、たのしみ。


[PR]
by hey_leroy | 2017-05-07 22:45 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

春。


f0160346_21410795.jpg


無人のグラウンドで弁当を使わしてもらいつつ、お花見な昼休み。

花見でイッパイなんていう風情もあんまりない、ヨコハマの某ニュータウン。


[PR]
by hey_leroy | 2017-04-10 14:40 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

アサ―ッ (谷岡ヤスジ風に)

f0160346_22260091.jpg

朝、海沿いを30分ほど歩く通勤経路にしました。
気持ち良い。
そこから電車に乗って、でかけます。
荒天の日は、より楽なコースで。

数年ぶりに、弁当も復活。
しばらく、お昼は握り飯だったのです。


f0160346_22261624.jpg


このごろ、複数の友人がSNSで取り上げていた、
コアなファンがついているふりかけ。
近所で見つけました。
奇をてらわない、実直な風味。
ひさびさの弁当生活に華を添えてくれることでしょう。




[PR]
by hey_leroy | 2017-03-28 07:25 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

ちくわ部通信

f0160346_06145939.jpg


先日ネット記事で見つけた「ちくわぶ唐揚げ」を実践。
外はカリッと中はモチっと、という常套句がお似合いな肴。
食感が肝ですな。
ニンニク醤油の下味がついてるけれど、ちくわぶ自体の味がほぼないので、その他カレー粉、チリパウダー、五香粉などで試してみるのもアリかも。
鍋前でビイル片手に揚がったそばから食べていくのがよろし。
冷めるとビミョー。
なんといっても、小麦粉を練ったのに小麦粉まぶして揚げてるンすからねぇ。
これをオカズにドンブリ飯かっこんだら、糖質制限信奉者は卒倒必至だな。。。
 
閑話休題。

最近読んだ、画家の牧野伊三夫さんの「かぼちゃを塩で煮る」(←くいしん坊におすすめ)でも、ちくわぶに触れていたので、ちょっと長いけれど引用します。


 鍋のなかでずっと煮続けていると大根も竹輪もソーセージも、形がちがうだけでどれも同じ味になるので気をつけなければならない。具材が形骸化してしまうのである。(略)煮込むほどにうまくなるという伝説は捨て去ってそれぞれ素材の風味が残る程度に煮ていくのが、おでんをおいしく作るコツではないかと思う。案外、どの具もそれほど煮込まなくていい。しかし、ただひとつの例外はちくわぶだ。この具は初めから形骸化をもくろんでいるようなところがある。鍋のなかでくつくつ煮えながら、他の具材の旨味を吸収する地道な仕事をこなしている。気づくと、ちくわぶに、みんなの良さが集まっているのである。(「おでん」より)


「はじめから形骸化をもくろんでいるようなところがある」なんて、思わずニンマリしてしまう。
しみしみな おでんのちくわぶがやっぱり一番かなぁ。。。
芯がまだ粉っぽい、歯形がくっきり残る「アルデンテちくわぶ」が好きだ!という猛者も尊敬しますが。


f0160346_07384452.jpg

しかしアレですな、ちくわぶ好きは、アンチなくして声高にその愛を語れない面倒くさい人たちなんでしょうな、きっと。
「あんなのうどん粉のかたまりだしィ」とか言われるとMっ気がプチプチと弾けるのです。たぶん。




[PR]
by hey_leroy | 2017-03-12 21:40 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

せりそば

f0160346_21523810.jpg



せりそば。

根っこがあまり付いていないのを買ってしまったのが少々悔やまれる。

青い香りを、わしわしかっこむ。

ごっつぉさん。




[PR]
by hey_leroy | 2017-02-11 21:55 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

数の子豆

f0160346_07403072.jpg



数の子ひたし豆があるかぎり、ワタスの正月は終わらない。





[PR]
by hey_leroy | 2017-01-04 23:40 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

シラスwithディル

f0160346_08521859.jpg


禁漁期にはいる直前に、直売所で買ってきた釜揚げしらす。
何かで見て気になっていた、シラスと香草ディルを和えたアテをこさえました。
オリーブオイル、レモン汁と黒胡椒少々。
オイルは様子を見ながら少しずつが吉。

軽くトーストしたパンにのせてカナッペぽくするのもよさげ。

ディルの香りとレモンとで、さわやかに酒がすすみます。

で、残りのしらすは、明日の朝たきたてご飯にのっけて食べるのが楽しみすぎる。


[PR]
by hey_leroy | 2016-12-30 23:59 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)