<   2009年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

swing swang swingin' 2009


ゴールデンウィークの藤沢近辺をステキな音楽で彩るイベント
"swing swang swingin'~jazz showcase in fujisawa~"
f0160346_12495863.jpg

ことしも盛りだくさん。
bar , cafe に居酒屋に音楽スタジオなど12ものお店で
ライブにDJイベントなど目白押しです。

僕は毎年恒例、nabe30000とのDJイベント"ZAZOU"。
from blues to bop , swing to hip hop...

さまざまなスタイルのjazzを。

江ノ島や鎌倉などへの行楽帰りにでもフラリと
寄っていただけたらと思います。

"ZAZOU"
5月1日(fri) 20:00 start
@sausalito
DJs:nabe30000 & guinn
1,000 with 1drink
藤沢市南藤沢23-5 東ビル2F
0466-27-9966
[PR]
by hey_leroy | 2009-04-26 13:01 | info | Comments(0)

家ホッピー


横須賀。

カレーの街。 ジャズの街。

そして、、、ホッピーの街。

酒屋さんはもちろん、コンビニでもスーパーでも普通に売ってる。
なので自宅でも気軽に楽しめます。

ホッピー自体はほぼノンアルコールの麦芽飲料。
東京下町でも良く飲まれているけど、
横須賀のそれは氷を入れず、焼酎(主に甲類)にホッピーを注いで。
ホッピーはもちろんキンキンにひやして。
できればジョッキも焼酎もキンキンがよろしいです。

我が家でもつねにホッピージョッキが冷凍庫に。
風呂上りにゴキュっとやってます。 至福。

が、最近自宅近くののコンビニのホッピーが値上げ。
どうなる、晩酌生活・・・。
f0160346_14351245.jpg

久しぶりにGil Evansの"PRIESTESS"をききながら。
john simon プロデュース。1977年録音。
johnの名曲"short visit"も収録。20年前にはわからなかったなぁ、この良さ。
計算と偶然の絶妙なバランスに身をゆだねて。
ホッピーの酔いもすいすい~っと身体に浸透していく。

でも、今年の夏は氷をたっぷりいれた薄めのウイスキーハイボールを
ガブガブといきたいなぁ、とも思ったり。
[PR]
by hey_leroy | 2009-04-22 13:56 | days | Comments(2)

散歩


午前中、近所の衣笠山までブラブラと。

新緑の匂いをたっぷり吸い込んで。
ウグイスの鳴き声もすぐそばに聞こえる。
f0160346_1222595.jpg

うっそうとした山道を15分くらいあるくと、頂に。
衣笠や横須賀中央の市街や、その向こうには猿島もみえる。
お気軽登山気分。

のんびり山道をおりながら、もうすぐ住宅街に戻るというあたりで
急に脇の草むらがガサガサと。
なんだ!? けっこう大きな音。
ネコとかじゃないな。マムシはこんな音しないな。。。
まわりには誰もいないし、と若干ビビッてたら、
目の前にあらわれたのは、ジャレあう2匹のアライグマだった。
タヌキ?とおもったけど、あれはアライグマだなぁ。
1匹はすぐに山の方に逃げ帰ったけど
もう1匹は呆然とかたまって、しばしこちらとお見合い状態に。
こちらが歩き出すと、急に我にかえって走り去っていった。

三浦半島には野生化したアライグマが多いらしい。
そういえば鎌倉にもいるもんなぁ。
タヌキかとおもえばアライグマ、リスはといえば台湾リス・・・。

飼い主が軽い気持ちで山に放したツケが、
国産種の生態系をおびやかしたり、地域住民の生活にも
迷惑をかけたり・・・。

ちょいと複雑な気持ちになりつつ、帰宅。
[PR]
by hey_leroy | 2009-04-18 11:18 | days | Comments(0)

spring can really hang you up the most


春といえば。
f0160346_22295799.jpg

"spring can really hang you up the most / tommy wolf"
(1958 fraternity records)

作曲家、ピアニスト、そしてシンガーでもあるトミー・ウルフの代表作。
ついつい毎年blogでも取り上げてるような。

アルバムジャケット、演奏ともに軽やかで瑞々しい。
Monty Budwigのベース、Shelly Manneのドラムスとのトリオ。
全曲がトミーのオリジナル(共作ふくむ)で、アルバムタイトル曲のほか、
"so it's spring"、"here's to spring"と春をテーマにした曲が多い。

華やかさはあまり感じさせないけれど、歌詞に寄り添う情感豊かなメロディが
この人の持ち味のような気がする。
そして、粋で洒脱。
サイ・コールマンやデイヴ・フリッシュバーグに通じる魅力がある。

春のウキウキ感を満喫したいときにはルー・ロンドンのスインギーな
"swingtime in springtime"を、
じっくりとこの季節をに向き合いたいときには、このトミー・ウルフのアルバムを。



エラ・フィッツジェラルドの"spring can really hang you up the most"。
耳を傾けると、なんともジンワリとあたたかい気持ちになります。
[PR]
by hey_leroy | 2009-04-13 22:02 | | Comments(2)

おもいでのお八つ


3歳から18歳(20年余り前)まで、吉祥寺に住んでた。

そのころ、井の頭公園の近くに古びた和菓子屋さんがあった。
和菓子屋というよりは団子屋かな。
お団子なんかのほかに、お稲荷さんやかんぴょう巻きを売ってるような
昔ながらのお店だったと記憶してる。
(僕の助六寿司好きはここがルーツかも)

そこの「田舎饅頭」が子供のころ大好きだったのだけど。
もうその店もないし、似たような饅頭をよそで見かけたこともない。
というか味もうろおぼえ・・・こし餡だった?つぶ餡だった? たぶん粒アンだったような。

饅頭といいつつも、ふんわりした皮があるわけではなくて、
かなり素朴というか武骨というか、そんなもの。

餡を丸く平たくしたもの(直径6、7センチくらいかな)を水溶き片栗粉か何かに
くぐらせて固めたような。 
なんだか不恰好で、白っぽい生地からところどころ餡が透けて見えてて、
時間がたつと固くなってしまって。
わ、わかりづら・・・

でも、好きだったんだよなぁ。
こないだ母親に聞いてみたら、おぼえてた。
一緒に住んでた祖母や曾祖母が好きだったんだろうな。

年寄りと一緒に暮らしていたせいか、子供のころのお八つは
和のものが多かったようにおもう。
栗蒸し羊羹とかアンコ玉とか、たまに「のし梅」とか。
榮太楼の蜜豆とか、文明堂の栗饅頭、チョコ饅頭。
・・・ちょっとゴチソウっぽいな。
ふだんは丸ボウロとか、オブラートに包まれたゼリーとか。 
吉祥寺の駅ビル「ロンロン」には「お菓子の太子堂」があって、
安菓子を卸し価格に近い値で売ってたのだけど
(三茶の太子堂商店街に本店があることを知ったのはずいぶん後のこと)、
そこのお菓子をよく食べてたような。
 
どれも今はほとんど口にすることがない。

でも、あの田舎饅頭はいつか食べたいなあ、とたまに思い出している。
[PR]
by hey_leroy | 2009-04-11 22:23 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

ジーン・アモンズとバド・シャンク


探し物は忘れたころに見つかったりするもので。
何の気もなしにふらりとのぞいたレコード屋さんで、
1年くらい気になってたアルバムみっけ。
f0160346_16452159.jpg

"goodbye / gene ammons" (prestige 1975年)
ボス・テナー、ジーン・アモンズの遺作。
このアルバムセッションの3ヵ月後の1974年8月に親分はガンで他界。49歳。
ジャケットの写真をみてもずいぶんと痩せてしまってるようだけど、
そんなことはおかまいなしに、あいかわらず豪放なブロウ。
大好きなduke pearsonの"jeannine"やエリントンの
"it don't mean a thing"などの曲をかなりファンキーに。
ソウルフルなジャズ、ひさびさに堪能。
ナット・アダレイ(tp)、ゲイリー・バーツ(as)、そしてレイ・バレットのコンガが
ビリビリっと効いてる。
"goodbye"というタイトルも、遺作だからということもあるかもだけど、
ベニー・グッドマン楽団のテーマ曲"goodbye"を取り上げてるからかな。


そういえば、こちらはあまりファンキーとはいえない人だけど、
ウェストコーストジャズの名サックスプレイヤー、bud shankが4月2日に
亡くなったという。82歳。
バドも、生涯現役だった。器用というかフットワークが軽いというか、
早くからフルートを吹いたり、ボサノバなどブラジル系のサウンドを取り入れたり。
なかでも印象深いのは、大好きなブラジルのピアニスト、ジョアン・ドナートとの共演。
1965年と2004年にアルバムを作っていて、どちらも軽妙でリラクシンな演奏。
(以前ココでもふれました。)
2004年の共演時にはDVDもつくってます。


この映像はまた別のものだけど。
伊達男バドも気のいいオジサンになってて、ほほえましかった。
冥福をいのります。
[PR]
by hey_leroy | 2009-04-07 23:34 | | Comments(0)

春眠


暖かくなってきたのは良いけれど、眠くてこまる。
寝ても寝ても寝たりないかんじ。
今週はおべんと作りもサボり気味になりそう。
f0160346_1623408.jpg

横浜・野毛あたり、都橋の桜。
向こうには都橋商店街の飲食店密集ビル。
夜になるとナカナカのディープスポットに。
くわばら、くわばら・・・(なにが?)

テレビ神奈川の朝の人気番組saku sakuでは、
先週1週間は2代目MCの木村カエラが、
今週1週間は初代MCのあかぎあいが復活。
ここ数年は時間があわなくて観てなかったけど、
前は仕事にいくまえ、よく時計代わりにみてたなあ。
なんともユルイtvkな感じがよろしかった。
僕は断然あかぎあい派でした。どーでもいいけど。
[PR]
by hey_leroy | 2009-04-05 23:14 | days | Comments(0)

Tetsuro Yafune Quintet @ Z.imagine


昼すぎに衣笠山で桜を眺め、一度帰宅してから外苑前へ。
ライブバーZ.imagineで矢舟テツローライヴ。

member:
矢舟テツロー(vocal,piano&organ)
塩川俊彦(guitar)
鈴木克人(bass)
柿澤龍介(drums)
山崎 guinn 浩(tenor sax)

この日はアゲアゲ狙いとのことで、編成もクインテット(五重奏団!)。
矢舟氏はグランドピアノに加えオルガンサウンドも。
モッドにファンキーに攻めていきます。
f0160346_0105333.jpg

2ステージ構成で、僕は両方とも4曲目からの参加。
いつになく全員がグルーヴィー、ファンキーにシフトした演奏。
ギターの塩川さん(the fascinations,etc...)とはライヴまるまる共演は初めて。
クールでジャジーな印象があったけど、今日はすんごくソウルフルで熱かった。
僕もついつい荒い(粗い?)ブロウに。
マイクなしの生音での演奏だと、どうしても力が入ります。


1st set
1.Moonlight monologue*
2.かくれんぼのバラード*
3.北京ダック
4.Things ain't what they used to be
5.ハニーチャイは恋の味
6.Manteca
7.The seventh son

2nd set
1.Fruits of the roots*
2.Terminal*
3.Tea for two
4.ごめんなさいと言って*
5.Sweet Georgie Fame
6.イタリアン・トラットリア*
7.Please Mr.messenger*
8.L-O-V-E

encore
9. Jumpin' with Symphony Sid

*は矢舟氏オリジナル。

"Sweet Georgie Fame"は、こないだ惜しくも亡くなってしまった
ブロッサム・ディアリーがジョージィ・フェイムに捧げた曲。
ブロッサムとジョージィ。 矢舟君も僕も大好きなアーティスト。
すてきな曲です。 演奏できてよかった。
今日譜面を渡されたときには"sweet georgia brown"かと思ったけど。。。


月島界隈でのお友達も観に来てくれて、ドーンと盛り上げてくれて、うれしかったナ。
そうそう、明日は月島の「立って呑む」酒場主催の隅田川大花見宴会の予定なのだけど、
いけそうになく。。。
なので、今日はこないだ入手したばかりの月島酒場7周年記念Tシャツで臨みました。
月島方面からのお客様も同じシャツを着用してて、演奏者と観客の衣装が同じという
珍しい事態に。
f0160346_01717100.jpg

ヒップにファンキーにホットに。・・・今回はアーバンではなかったかな?
でもtea for twoのオルガンボッサなアレンジ、よかったなぁ。
f0160346_0261155.gif

おつかれさまでした! きてくれたみなさまありがとう。

oさんご夫妻、画像アリガトデス。
最後の集合写真はいつも矢舟ライブに足を運んでくれるTさん提供で、
矢舟氏blogから無断転載・・・スミマセン。
[PR]
by hey_leroy | 2009-04-03 23:59 | live , event | Comments(2)

ピリっと元気にいこ~


ちょっとオツカレモードなライブ明け。

ピリ辛スープでテコ入れしよう。 
f0160346_9125834.jpg

ねぎの青いところと粒山椒、唐辛子、しょうがをじっくり炒めて香りをだします。
あとはお水加えてスープの素や酒などと豚肉、キャベツ(本当は白菜が美味しいのだけど)、
ニラにきのこなど冷蔵庫にあるものを放り込んで醤油やコショウでととのえて。
あ、ねぎやしょうがなどは途中でとりだしときます。

麻辣スープ。 簡単なのでちょいちょい作ります。

今日は餃子の皮が余ってたので、スープの具とおなじもので餃子作って投入。
その餡もあまっちゃったので、これまた投入。
f0160346_925499.jpg

うん、なかなか。 山椒風味を感じつつもやさしいお味。

明日はうどんいれたろ。
[PR]
by hey_leroy | 2009-04-03 23:59 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

衣笠山は7分咲き


ヨイ天気であります。

テレビやラジオでは朝から
「今日がお花見日和です!」と繰り返している。

都心では満開宣言がでたらしく。

ではでは、近所にある桜の名所、衣笠山にいってみよう。
家から山頂まで歩いて30分くらい。
でもうっそうとした山道風情を感じることができる。
f0160346_15544591.jpg

平野部では満開でも、衣笠山は標高134メートルと低いながらも山であるので
7分咲き位。

満開の花をとるか、快晴の天候をとるか。
今日はほんとにポカポカ陽気で、子供連れのママさんグループや
春休みの学生グループなどが健全な?花見をしてる。
僕は持参した菊正宗樽酒ワンカップを。
・・・ちょっと汗かいたからビールにすればよかったなぁ。

焼きそばやフランクフルトや飲み物の売店もできてる。
・・・また週末か週明けの早朝とかに来ようかな。


では、そろそろライブにでかけましょっ。。。
[PR]
by hey_leroy | 2009-04-03 15:37 | days | Comments(0)