<   2011年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「お酒」といえばでてくるお酒


酒場でひとこと「お酒」といえばスッと出てくる酒が好きだ。
暖簾をくぐりながら引き戸をガラリと開け、カウンターの適当な席に腰をおろす。女将さんが突き出しの小皿を持ってきたあたりで「お酒、冷や(常温)で」とか「お酒、ぬるめにつけてください」とかいえば、出てくるもの。

銘柄でいろいろ呑みくらべるのも楽しいし、純米吟醸に大吟醸、あらばしりにひやおろし(思わず喉がなってしまった)も魅力的だけど・・・うん、魅力的だ。
話がおわってしまった。

まぁともかく、自宅での晩酌に通じるような日常の酒として、それぞれの酒場のスタンダードは、常連たちの信頼を得て、今日も一升瓶が着実に消費されてゆくのだ。

それらは「無名の酒」というイメージだったりするけど、当たり前ながら銘柄はしっかりと決まっている。押し付けがましくないだけで、しっかりと。

横須賀中央の銀次は、京都伏見の酒「招徳」。ここは真夏でも何もいわなければ燗酒だ。これがまた旨い。小瓶のビールで喉を潤したあとのぬる燗。そら豆、シコ鰯、イカフライもいいなあ・・・。時代モノのお銚子には店の名と招徳の文字が藍色に染付けられている。
f0160346_2203896.jpg

同じく横須賀、米軍基地のメインゲートの門前(?)の通りにある興津屋は、会津の酒「花春」。ここでは厚手のコップで冷やでいただくことが多い。煮物や塩豆などと。花春といえば、むかし江ノ島へと渡る橋の上におでん屋台が並んでいて、その中の「いこい」という店をひいきにしていたのだけど、そこも花春だったなあ。おばあちゃんがやってて。おでんのつぶ貝や大根を肴に呑む花春のコップ酒、染みたなあ。今や屋台はみんな消えてしまった。
f0160346_215951.jpg

昨日も行った地元の焼き鳥屋さんは、岐阜・養老の酒「玉菊」だ。今まで見たことないお酒。主に岐阜県内のみで流通しているらしい。養老の滝伝説の由来の地。気のせいかスルスルと胃の腑に落ちていくような・・・。

東京・月島の行きつけの立って呑むお店では、「冷や」といえば月桂冠の「恒の月」という酒が注がれる。これが「月桂冠とあなどるなかれ!」な呑み応えがある。のみやすいけど味もしっかりしてて。

下北沢の老舗おでんや(代替わりして行かなくなったけど・・・) の「初孫」(山形)など、ほかにも思い出の酒はいくつかある。

いずれもその夜はまさに甘露なれど、翌朝にはキツイ仕打ちをかまされる。
まったくもってツンデレなお酒たち。
・・・すべての責任は自分にありますです、はい。


なんてことを書きながら、今宵は素面なり。

きょうのお弁当。
麻婆茄子、塩鮭、小松菜ポン酢、切干大根、しらすご飯。
[PR]
by hey_leroy | 2011-03-31 22:05 | スカ呑みスカ喰い | Comments(0)

ニラそば

きょうのお弁当。
ししとうの豚肉巻き、蒸し茄子中華風、塩鮭、切干大根、姫竹味噌漬け、白飯。

夜。 月曜火曜とお酒を抜いたので、今夜もそうしようと地元の駅の改札抜けて。
気がついたらおばあちゃま焼き鳥屋のカウンターに座って「おかえりなさい」と言われていた。
てへへ。 

常温のコップ酒2杯。 鳥ネギとハツを焼いてもらって。 
お新香と枝豆はサービス。 ありがとう。
動物の生態のテレビ眺めつつ、常連のおにいさんと女将さんとあれやこれやおしゃべり。
すぐそばを流れる川にいる鯉とかアオサギの話や、家族の話や、ちょっと震災の話。
心のコリがほぐれるわぁ (こってたのか?)。 小1時間で帰宅。 

夜ご飯は、ニラそば。
日本そばゆでて、ごま油を少し入れた熱い麺つゆに、残っていた蒸し茄子や、
豚肉とえのきを煮たお惣菜などをいれて、たっぷりの刻みニラを投入してワシワシと。 
旨いぜ。 でも明日のお弁当のおかずはなくなったぜ。 
まあ、なんとかなるだろ。 
一日通して、若干塩分多めかな。 でも外食にくらべれば。

今日もテレビはつけず。 読書も控えて、パソコンもこれ書いたらやめて、
古いジャズを流すラジオききながら、早く寝よう。

・・・職場はもちろん節電モードなので、手元は暗めだし、PC画面をずっと見ているので、
週も半ばになると、ただでさえヨワッチイ目がなかなかしんどいことになってくる。 

でも、この環境は当分つづくわけだから、自分でしっかりコンディションを調整しないといかんな。


よっしゃ、よっしゃ。 
[PR]
by hey_leroy | 2011-03-30 23:01 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

・・・嗚呼


きょうのお弁当。 
ゆで大根と豚肉の八丁味噌炒め、蒸し茄子中華風、塩鮭、なめたけ、白飯。
・・・やはり昨日とほぼかわらず。 
あと、残業になることがわかっていたので、おかか入りのおにぎりも持っていきました。正解だった。 仕事帰り、ひっそりと静まりかえった築地場外市場をおにぎり頬張りながら歩いた。  

帰宅すると、部屋の中がやけにヌクい。
昼間天気よかったけど、そんなに熱こもるかな~と思ってたら、オイルヒーターがなぜかフルパワーで作動してた。 朝、読んでいく本とかバタバタ探してたときにスイッチに触っちゃったらしい。 
あ”~・・・ イチバン電気代食うやつが・・・
コンセント抜いてなかったんだ・・・節電心がけてたのに・・・

猛省。

だからじゃないけど、今日もお酒は呑みませんでした。
別に禁酒するつもりでもないんだが。 



そろそろ寝ようかと思ってたいま、偶然、神奈川県知事選の政見放送をみた。
都知事選の話題の影に隠れまくっているけど、神奈川県民は神奈川知事選なわけで。

感想。 ・・・これをみて、一体どうすりゃいいってんだぁぁぁ。


寝よ寝よ。
[PR]
by hey_leroy | 2011-03-29 23:55 | days | Comments(0)

目まいのする散歩・私の食物誌


天気いいぞい。
東京では桜の開花宣言がでたらしい。
築地あたりはまだつぼみが膨らんできている程度。
もすこし!

本日のお弁当は、ゆで大根と豚肉の八丁味噌炒め、塩鮭、切干大根、ちりめん山椒に白飯。
明日もほぼ同じおかずの予定。なんか青菜入れよう。

仕事から帰って、夜食はそぼろ餡かけの大根とキムチなんかで軽くすませて、
テレビは点けずに、そろそろ読み終えそうな本をひらく。
f0160346_2392943.jpg

『目まいのする散歩』 (中公文庫)

著者の武田泰淳は「ひかりごけ」や「富士」など重厚な作品を書いた昭和の大作家と評されることが多いけど、自分にはどうしたって「"富士日記"の武田百合子の夫」という印象の方が強い。頑固で「気にしい」でいつも泰然とビールを飲んでいるイメージ。 
この本は泰淳氏最晩年(1976年)の作品。脳血栓による半身麻痺が残る状態で、百合子夫人の口述筆記によって著された。だから前述の小説たちとはきっと調子が異なるのだろうな。 これを機に近いうち長編も読んでみよう。

描かれているのは、泰淳氏が執筆当時リハビリをかねて歩いていた明治神宮や靖国神社に代々木公園、少年の頃住んでいた本郷界隈、百合子夫人と出会った戦後混乱期の神田あたりなど。歩いていて見えたもの、そのとき思ったことや現在考えること。何気ないようでいてずっしりとした読後感。人生とは「あらかじめ定められた散歩」であるのか?・・・。旧ソ連を旅した時の「船の散歩」という章は、武田百合子の「犬が星見た ロシア旅行」(中央文庫)と併せて読むとまた面白い。 

もう1冊は 『私の食物誌』 吉田健一 (中公文庫)。 通勤途中に読んでる。

日本各地のさまざまな食べ物について、その魅力を短いけれど濃密な文章で述べている本。「新潟の筋子」、「大磯のはんぺん」、「大阪の鯖鮨」、「東京のこはだ」 などなどその数100篇。 食通がウンチクを傾けているのではなく、優れた文章家が主観で語った食味随筆といった感じだろうか。 じっさいその食べ物の由来や調理法には頓着していないようで、すべての力を食味の描写に注いでいるように思える。 旨い、まずいという言葉を安易に使わず、甘さ、塩辛さ、苦さなどについても、その都度いろいろな比喩をもって論じている。一部のグルメ向けでなく、万人がその味や香りを同じように想像できる、そんな文章を目指したのだろうか。 功を奏しているのかいないのか・・・スラスラとは読みすすめられない文章だけれど、そこが吉田健一の文章の魅力でもあるわけで。このクセがクセになる。
どこか引用すればよいんだけど、まだ最後まで読んでいないので・・・。 機会があったら手にとってみてくださいな。
昭和40年代の本だけど、当時でさえ 「ほんものは姿を消した」 と嘆かれているものが結構ある。 今となっては・・・いや、あの頃に比べたら、かえって復活しているのもあるかもしれない。



・・・お、今日は日付がかわる前に眠れそうだ!

お酒は呑みませんでした。
[PR]
by hey_leroy | 2011-03-28 23:40 | books | Comments(0)

だらりと週末


昨夕、鎌倉へ。 20日ぶりくらい。
実家は何もかわっていないようだけれど、連日の計画停電で、
母親は「つかれた~」と口にする回数が多い気がする。
f0160346_23204376.jpg

このお方はあいかわらず。

よく食べて、よく寝た。でも体調はいまひとつ。
ここ数日、寝ていても現実の延長のような夢ばかり見て、悪夢ではないんだけど、
疲れが抜けなくて、身体がずーんとおもい。 風邪かな。

だらだらと弛緩してすごして、夜は横須賀に帰る。
切干大根と湿気かけた海苔を一緒に煮てみる。
少し残っていた日本酒の肴に、ナカナカでした。
家にあるお酒もちょうどなくなったことだし、今週はノンアルコールでいこうかな。

しばらく暖かい日がつづくらしい。 このところ仕事は忙しい。ありがたいことだ。 
早寝早起きで体調管理していくべ。
[PR]
by hey_leroy | 2011-03-27 23:10 | days | Comments(0)

なごみの夜

仕事帰り。
20時過ぎに地元の駅に帰りつき、近くにある焼き鳥屋さんの引き戸をガタピシと。21時で閉店のこのお店、今日は盛り上がってるなぁ。かろうじて1つ空いてた席に体をねじこんた。

ここは、70代後半の品の良いおばあちゃまが一人で切り盛りしている、8人も入れば満席のカウンターだけのお店。このブログにも何度か登場してます。奥に小上がりもあるけど使われてるの見たことない。できますものは炭火のもつ焼き、焼き鳥。温豆腐にトマト、ナス焼き、スジ煮込みなどの少数精鋭。半生のレバもおいしい。

常連さんは、近所のご隠居さんやスナックのママさん、整骨院の先生にバイク屋のお兄さんなどなど。1970年代のホームドラマに出てくる、商店街の旦那衆が夕食後に集まる小料理屋さながらの風景。和むなあ。

冷や酒を2杯と串を数本。バカ話しに耳をかたむけつつ、すこし参加もしつつ。 自粛ムードも何もない。言いたい放題好き勝手だけれど、パワーあるなあ。しばしのガス抜き。お店のおかあさんだけが品行方正だ。元気もらいました。

うちに帰ってから、すぐ裏にある銭湯へ。 銭湯の裏にウチがある、ともいう。
ビル銭湯だけど、湯船が広くて気持ちよい。 足を伸ばして熱めの湯に浸かる。
ぷふぅ・・・たまらんすなぁ。

ここもおじさんたちの社交場状態になってる。
酒場とともに、地域の人たちがあつまるコミュニティー・スポット。

ネットもSNSも、一方通行ではないにしろ文字の世界だし。
やっぱり生の声がいいなあ。
信憑性とかは別として、気が滅入ったりストレス溜め込むことは少ないんじゃないかいな。

風呂上り、腰タオルでコーヒー牛乳!を我慢して、ダッシュで帰って缶ビール。
こちらも極楽なり。
[PR]
by hey_leroy | 2011-03-22 23:59 | days | Comments(0)

春分の日

3月も下旬になりました。
とはいうものの、カレンダーで日付を確認するぐらいで、三寒四温を感じるとか、桜が咲くのはいつごろかな、なんてことに思いを及ばせる余裕もなく、あっという間にこの10日ほどが過ぎていったわけだけど。今日が春分の日だなんてこともすっかり忘れていた。

そんななか、3月20日には、藤沢では南部系DJイベント"voices inside"が3周年を迎え(futami君おめでとう。ustream聴いてました)、鎌倉では友人のjazz~tangoピアニスト須藤信一郎氏のソロCD発売記念ライブが敢行され(スドシンおめでと。CD注文するよ)、横須賀では月例ブルーズセッションがあった(最近顔だせてないなぁ)。募金活動との連動もあったのだけど、自分はどれにもいけなかったのが残念。みんなの「出来ることをやっていこう」という思いが行動になってあらわれてきている。僕も自分ができることを。

地元の24時間営業スーパーが毎日早仕舞いなので、先週は仕事帰りに生鮮食品とか買えなかった。なんとか(なるように?)なっていたけど、冷蔵庫はスッカラカン。お米もなくなった。
今日ひさびさに買い物にいったら、無い商品もいくつかあるけど不便に思うほどではなかった。お米はスーパーには無かったけど自家精米している商店街のお米屋さんには普通に積んであったし。昭和テイスト満載の横須賀にいると、町の個人商店をもっと大事にしないといけないと思う。時間があわずになかなか行けないのが現実だったりするけど。こういう時、スーパーやショッピングセンターとかで周囲の殺伐とした雰囲気に呑まれると、つい必要以上に買い溜めしなきゃとか思ったりもするのかな、なんて。

買ってきたしらす干しはひたひたのお酢に浸して。エノキは少し濃い味に煮て"なめ茸"に。ネギの青いところは微塵切りにして胡麻油やおろしにんにく等と合えてチンして万能塩ダレの素にした。切干し大根やすき昆布も戻して煮たり炒めたり。日保ちするお惣菜があると心強い。すき昆布、鎌倉長谷の石渡商店で買っているのは宮城県産だけど、きっと何らかの被害を受けているのだろう。月島の立って呑む酒場で毎冬楽しんでいる活性にごり酒の蔵元も津波に流されてしまったという。胸が痛む。大変に過酷な状況だけど、そんななか、復興に向けてみんな動きはじめたり、その準備をしている。被災している人たちの姿から逆に力をもらうことが本当に多い。

さあ、明日も弁当作って、働いて。 夜はおいしいお酒を呑めたらいいな。
ささやかなる経済活動をば。
[PR]
by hey_leroy | 2011-03-21 23:29 | days | Comments(0)

Zazie




ルイ・マル監督の『地下鉄のザジ』(1960年)をみる。
地下鉄のストライキ真っ只中のパリの街。 12歳の少女ザジと、彼女に振りまわされる愛すべきオトナたちの騒動。"小気味よい"を若干?通り越したテンポ感で、ストーリーもあるにはあるけれど、映像や言葉の遊びに彩られたコラージュ作品って感じ。 スラップスティック・コメディという人もいるけど、それだけでは語れないコクがある映画だなあと思う。 叔父さん役のフィリップ・ノワレはじめ芸達者ぞろいだし。・・・後半の ドタバタ加減はかなりのものだけど。

最初に観たのは20年位前だったかしらん。これは映画館の大きなスクリーンで観たほうが絶対面白い。 今月キネカ大森で上映していたので、最終日の11日に行こうとしていたんだけど、開始時間に間に合いそうになく断念した。そして地震が起きた。先日たまたまCATVで放映があるのに気づいて録画した。 うちの小さなテレビの画面でも十分たのしめた。

なんとなく眺めているだけでも、元気が出てくる映画。 
街の喧騒、お喋り好きなフランス人たち、ザジの笑顔。  

明日もしっかり地に足をつけていくべ。
[PR]
by hey_leroy | 2011-03-19 23:45 | movie | Comments(0)

大踏切書店のこと

3月11日の午前に注文した古雑誌が2~3日前に北海道の書店から届いていた。
『彷書月刊 2001年11月号』 。巻頭特集は、第1回古本小説大賞発表。
出久根達郎氏・坪内祐三氏らが選者で、古本や古書店を題材にした小説を一般公募した。
大賞は石田千さんの『大踏切書店のこと』。
これが第1作目で、石田さんはこの受賞を機に文筆家として活動を始めることになる。

とある町。JRや私鉄が通る広い踏切を渡ってしばらくいくと小さな飲み屋がある。
ひとりで切り盛りする年配の女あるじと、そこに通うようになる主人公の女性。
常連のおばあさんたち。
その店は以前は「大踏切書店」という古書店だった。
女あるじの夫がやっていた店。
夫は数年前に病没し本はほとんど処分したが、棚ひとつ分だけ残ったので、
お店は細々と続けた。
その後知り合いのすすめで、本棚ひとつを残して居酒屋に改装した。
客は気が向くと本を買って帰ることもある。

こころ穏やかになる読み物だった。


でも、目を少し休ませないといけないなあ。
テレビやインターネットに活字媒体。
身体的にも精神的にも、ある程度距離を置く時間も必要かと。
[PR]
by hey_leroy | 2011-03-18 23:43 | books | Comments(0)

すすんでいこう


地震・津波から7日目。
自分が住む街では計画停電や交通機関の乱れ、一部商品の品薄などの影響はあるけれど、被災地でがんばっている人たちを思いつつ、できることをやってしっかり生活していこう。

今必要ではなかったり確実ではないような情報の発信や、対応への安直な批判によって、現地の人たちがさらに疲弊することがないように。

寒さがぶりかえしている。 着膨れしてしのごう。

乾物や豆は便利だ。
切干大根を少し多めに戻してしまったので、煮物以外にペペロンチーノ風にしてみたら美味しかった。家にあるもので何とかなるもんだ。 なくなったら必要なものを必要な分だけ買いにいこう。 経済活動してお金をまわしていくことも大事だかんね。

救援物資が早くきちんと届けられますように。
[PR]
by hey_leroy | 2011-03-17 15:45 | days | Comments(0)