<   2011年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

happy birthday , Sir Duke and Toots!


今日4月29日は、Duke Ellingtonの誕生日。1899年生まれ(~1974年)で、今年で生誕112年。 彼が遺した音楽の美しさや躍動感に、年をかさねるごとに深くハマってきている自分であります。

そして、こないだここで"Bluesette"という曲を紹介したToots Thielemans小父さまも今日が誕生日なのでした。 たまたま気づいた。 こちらは1922年生まれで御歳89歳に。  いまも世界中を演奏してまわっています!

敬愛するお二方が同じ誕生日だったとは。 めでたい。



いいねえ。。。
トゥーツさんが演奏するエリントン・ナンバー "Sophisticated Lady" で、勝手にお祝い。
[PR]
by hey_leroy | 2011-04-29 22:31 | | Comments(0)

「まあだかい」 「まあだだよ」


百鬼園先生の 「まあだかい」 (ちくま文庫)を再読。 
f0160346_21113492.jpg

そして、CSでやってた黒澤明監督の遺作 「まあだだよ」 を再見。
f0160346_21124615.jpg


おかしくて、やがてちょっぴり切ない。

文士に専念する以前、法政大学で独逸語教授として教鞭を執っていた時代の学生たちが、先生が還暦を迎えた翌年から、師の誕生日を祝賀するために毎年開催した宴。
「センセイ、還暦を過ぎたのにまだあの世からお迎えはきませんか?」
という意味で、会の名前は「摩阿陀会(まあだかい)」。
毎年、乾杯の際に先生は目の前の特大グラスのビールをゆっくり飲み干し、
「まあだだよ」とこたえた。
毎回の宴に臨む前の段取りから、宴の詳細、お開きの後、後日談・・・当事者の百鬼園先生による文章は人の心をとらえて離さない。 とぼけているようで真面目なようで、きびしくやさしい。そしていつも真摯な姿勢を崩さない。 

摩阿陀会は結局20余年もつづくことになる。 

映画「まあだだよ」は、この「まあだかい」を原案としつつ、ちくま文庫の集成でいうと「百鬼園戦後日記」 や 「ノラや」などのほかの随筆からも多くのエピソードを織り交ぜてつくられている。
松村達雄が演じた先生は、初めに観たときは違和感を覚えたけど、これはこれで素晴らしいなあと今回思いをあらたにした。 以前は、遺された写真などから、自分の中での先生のイメージが出来すぎていたんだろうな。 元学生たちと先生夫妻のつながりとか(奥さんの香川京子さん素晴らしい)、そこにある優しさとか、たんなるエピソードの羅列ではない丁寧な演出や撮影が、じんわりくる。


映画といえば、いま「イリュージョニスト」がやっている。
フランスの監督・俳優の故ジャック・タチが娘のために遺した脚本を、シルヴァン・ショメが監督したアニメーション作品。 タチが演じた"ぼくの伯父さん"ユロ氏の動きがアニメで再現されているとのこと。 観たいなあと思っているけれど、けっこう切ない物語らしい。 映像はきれいそう。
六本木のTOHOシネマズでは4月29日まで。翌日からは同じく六本木のシネマートでの上映とのこと。劇場で公開されているうちにはいこう。


夜は、黒糖とお酢で漬けてあったラッキョウと豚肉のチャーハン。
もっと強気にラッキョウを入れたほうが美味しかったはず。
もうすぐ新しいのを仕込む予定なので、急ピッチで消化しています。 らっきょ。
[PR]
by hey_leroy | 2011-04-28 23:10 | days | Comments(0)

THE HARDBOP GRANDPOP


ヘンな目覚め。 
起きる直前、夢に中学の時の担任が出てきた。 母校の学園祭に行って偶然再会して、笑顔で手を握り合った。 ただそれだけだけど、目覚めたときに何ともいえない気分だった。 なつかしさと、うしろめたさと、その他もろもろの感情がグシャっとつまった感じ。悪い夢ではなかったのだけど。
なんとなく出勤前にふさわしくない気分だったので、アッパーになりそうな音楽を聴きながらでかける。
f0160346_848915.jpg

"THE HARDBOP GRANDPOP / Horace Silver" (1996 Impulse!)

ご存知、1950~60年代のBLUE NOTEレーベルを代表するジャズ・ピアニスト、コンポーザー、バンドリーダーのホレス・シルバーが1996年にインパルスから発表した意欲作。 
タイトルもいいね。
1曲目からニューオリンズのセカンドラインを思わせるビートで気持ちが昂ぶる。 ハードバップのクールさと、ラテン気質のホットさが混ざり合って、理屈ぬきに楽しい1枚なんだ。 4管のホーンセクションはアンサンブルもきまってるし、それぞれソロイストとしても抜群。 テナーはマイケル・ブレッカーさんだ。 マイケルのプロ・キャリアの第1歩がホレス・シルバー・クインテットだったので、超久々の師弟競演といえるかも。 技巧の押し出しはやや抑え目で、ファンキー度重視のテナー・ソロ。 久々に聴いたけど、かっこいいな、やっぱり。 ベースは大御所ロン・カーター。 近年(といっても15年以上前だ・・・)にしてはめずらしく低音をブリっときかせたプレイが気持ちよい。 これもホレス小父さんのファンキーマジックだろか。 

すっかりゴキゲンな気持ちで出勤できました。
でも、ふと今朝の夢のことを思い出したりもして。 先生は元気だろうか。


きょうのお弁当はひじきご飯のおにぎり。 お昼は、職場でもらってた冷凍のつけ汁うどんを食べることにしてたので、おにぎりはその補助食および残業後帰宅までのつなぎ用なり。

夜は、簡単にミニトマトとベーコンのパスタ。 ハーブ入りのシーズニングで味付けしてみた。トマトソースをわざわざ仕込まなくても、熟れてきたミニトマトを使えば手軽で美味しくできるなあ。
[PR]
by hey_leroy | 2011-04-22 23:16 | | Comments(0)

「だし」と「やたら」


このところ毎年初夏を迎えると、夏野菜をみじん切りにした山形の郷土料理 「だし」 を作りはじめます。暑さが峠を越える頃まで断続的に作りつづけます。 ここでも何度となく書いてるので 「またか」 と思われる御仁もあるかと思いますが・・・。 茄子、胡瓜、茗荷あたりが必須で、あとは大葉やオクラに生姜やネギ、あったら 「がごめ昆布」 という粘りの強い昆布(納豆昆布ともいう)を入れて醤油で味を整えたもの。 ご飯にかけたり、冷奴やそうめんの薬味にしたり。口中がサッパリして、食欲が落ちる夏場もこれがあればしのげるというスグレモノであります。2年位前からスーパーで市販品を見る機会も増えたかも。
f0160346_22494353.jpg

昨年の参考画像。 ことしの夏は節電必至なので、登場回数はさらに増えることでしょう。

で、ちょっと前に知ったのだけど、長野県の北部(北信濃)の方でもこれに近い郷土料理があるようで。 「やたら」という名前。 めったやたらに刻むからとか、やたらに美味しいからとか。 ちなみにこちらは茄子、胡瓜、茗荷あたりなどの夏野菜を刻むのは一緒で、そこに大根の味噌漬けとかの味がしっかりした漬物を刻み込むんだとか。こちらも美味しそう。あとは生の青唐辛子を入れたりもするようです。 

自分の勝手なイメージでは、山形の「だし」がより微細に刻んでオクラや納豆昆布などによる粘りを重視するのに対して、北信の「やたら」は、やや粗い刻み方で、漬物や野菜のポリポリした食感を楽しむような、そんな感じなんだけど、どんなもんでしょう。 もっとも、「だし」も「やたら」も明確な定義があるわけではなく、それぞれの地域でも家庭によって入れるものは違うみたいだし、自分もここ数年で、たまたま山形と北信濃のを知っただけで、地続きの土地では似たような郷土の味がきっとあるんだろうなと思います。

ことしは良いとこ取りで試してみよう。まあ、刻みは粗めになりそうだけど。。。大根とか胡麻や削り節とか、その他入れられるものはなんでも入れちゃいましょう。きゅうりや茄子は刻んだら塩もみして水を出しておくと日持ちも良いでしょう。


そういえば、そろそろ泥つきラッキョウも出てくる季節だなあ。


きょうのお弁当。
豚肉とピーマンの牡蠣ソース炒め、なめたけ、ちりめん山椒、プチトマト、ご飯。
やっつけ感満載。 

夜、田中好子さんの訃報。
キャンディーズの中では当時一番好きでした。
頭の中では「微笑がえし」がくりかえされています。
[PR]
by hey_leroy | 2011-04-21 23:24 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

bluesette




ハーモニカの名手として知られるToots Thielemansおじさんの代表曲"Bluesette"。
このバージョンは、数あるこの曲のレコーディングの中でも自分が一番好きな演奏です。
収録されている1962年のアルバム"the whistler and his guitar"は、タイトルのとおりハーモニカは吹かずに、ギターと口笛のユニゾンというTootsおじさんのもうひとつのお家芸を存分に披露しているもの。 ジャケット写真もほのぼの素敵です。

いいなあ。 
ウキウキするなあ。
[PR]
by hey_leroy | 2011-04-20 22:01 | | Comments(0)

地産地消


地元でとれた水産物や農産物を地元で消費しようという「地産地消」。
わがヨコスカも市をあげて取り組んでいます。
f0160346_10133326.jpg

立派なパンフレットもありました。
レストラン、直売所、そして居酒屋まで、130ものお店が紹介されています。
相模湾に面した佐島や秋谷漁港、そして東京湾に面した大津や新安浦漁港などではピチピチの魚たちが水揚げされ、内陸ではキャベツや大根ほかたくさんの野菜も収穫されるヨコスカ市。あまり裕福とはいえない財政事情のなか、地場産業が元気になることはとても大事なのです。

この小冊子には、協賛のお店で使えるクーポンも付いています。ドリンク1杯無料だったり刺身3点盛り(!)だったり。自治体が音頭をとっているわりにはなかなかの太っ腹(シツレイ)。いろんなところで配布してるハズ。

先日は若松町の大衆酒場坂戸屋さんで、大きなアイナメの煮付けをいただきました。美味しかったなぁ。ビールが飲めるクーポンは今回は使わなかったけど。

海軍カレーやネイビーバーガーもあるけれど、豊かな横須賀の海の幸&大地の恵を味わいに、みなさまもゼヒいらっしゃってください! 来月はカレーフェスティバルもあるでよ!



きょうのお弁当。
グリンピースごはん、塩鮭、姫竹味噌漬、にんじんしりしり、大根と油揚げ煮
[PR]
by hey_leroy | 2011-04-18 23:12 | スカ呑みスカ喰い | Comments(0)

豆ごはん


さやいりのグリンピースで豆ごはん。
春の味です。
f0160346_22374033.jpg

子供の頃はあんまり好きじゃなかったなぁ。

夜は、毎週土曜にCATVで2本ずつ放送してる「大追跡」を録画したのを見る。
こちらは、子供の頃大好きだったなぁ。
夕方、学校から帰って再放送を見てた。
藤竜也、沖雅也、柴田恭兵、長谷直美、加山雄三。
ここから「探偵物語」や「あぶない刑事」につながっていった。
イカガワシイ横浜の空気感と、大野雄二の音楽が最高。
[PR]
by hey_leroy | 2011-04-17 22:30 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

桜と雪っこ


あったかい。 少し暑いくらいの陽気。
桜も散りはじめた。 

近所の公園に、冷やした「雪っこ」の缶を持ってでかける。
歩いて30分位のところに桜の名所の山があるけど、僕はこっちの公園の方が好きだ。
団地の前、横須賀線の線路わきにある町の公園。
立派な大木が3~4本と、中堅どころが数本。
ご近所のおじいちゃんおばあちゃんや、子供連れのお母さんたちが
それぞれの花見を楽しんでる。 
自分もちょっとした桜吹雪の下で、今シーズン最後の雪っこ。
f0160346_12314814.jpg

とろり豊潤。 この冬もお世話になりました。

震災で壊滅的な被害を受けてしまった陸前高田の酔仙酒造さん。 
今日の読売新聞に「技術と心は残っている 老舗酒造会社再建へ」という記事で取り上げられていた。

どれだけの時間がかかろうと、待っとりますよ!

その後、横須賀中央の銀次さんへ。
ビール小瓶とぬる燗の徳利を1本。肴はそら豆とホタルイカ生姜醤油。

春だな。
[PR]
by hey_leroy | 2011-04-14 22:31 | スカ呑みスカ喰い | Comments(0)

they say it's spring




"They say it's spring / Blossom Dearie"

この季節に "Blossom Dearie" という名前を見ると、いっそう素敵に感じる。
ちなみに本名であります。 
とびきりキュートで、そして真摯なピアニスト&ヴォーカリスト。
一番好きなアルバム"give him the ooh-la-la" (1957 Verve) より。

Blossomさんがいなくなってから2度目の春。 痛ましく気持ちがふさぎがちになる日々が続いているけれど、桜は咲くし、毎日少しずつ日は長くなってくるし、暖かくなってもきています。 

一人でも多くの人が、たとえ一瞬でも 「今年も春は来てたんだなあ」 と感じる時間を持つことができていたら良いのだけれど。
[PR]
by hey_leroy | 2011-04-14 07:24 | | Comments(0)

しりしりしてあげます


きょうのお弁当。
牛肉のオイスターソース炒めかけご飯(牛丼?)、姫竹味噌漬、ブロッコリー、にんじんしりしり

にんじんしりしり、こんなにしょっちゅう作っているんだから、そろそろ専用の 「しりしり器」 を買ってもバチは当らないのではないかと思う・・・1000円しないし。
f0160346_18262820.jpg

こんなの。 にんじん以外もしりしりしちゃえるよ~。



どうでもよいハナシですが。
このごろテレビに出てくる料理人って、「エビの背わたを取って"あげます"」とか「ここでソースをまわしかけて"あげます"」とか得意げに言ってるのが多いけど、気持ち悪い言いまわしをするなぁって思う。 ペットを溺愛する飼い主のように食材や調味料に接しているということなのかな。慈しみのあらわれ? む~。 
きっと「にんじんをしりしりしてあげますぅ」とか言うんだろうな。

昨日の夜、たまたま見たNHKの「きょうの料理」に出てたケンタロウ氏は、飾り気のない喋りが気持ちよかった。「20分で晩ごはん」というシリーズ。20分間をストップウォッチで測りつつ、編集なしで4品ほどの献立を作る。ケンタロウさんの料理、カロリー度外視のガッツリ系で、自分的には少々持てあましてしまう印象だけど(昨日のは違った)、見ていて楽しかった。

やっぱり「炒めてあげます」 より 「炒めます」 の方がサッパリしててイイよなあ。
ちがいますかね?
 
あ、川○達也シェフのファンでらっしゃる? 
イケメンでやさしそうでカワユイ? 

こりゃまたシツレイいたしましたっと
[PR]
by hey_leroy | 2011-04-13 23:12 | days | Comments(0)