<   2011年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

水無月晦日


 本日も暑し。 夕方にひと雨きて、その後カーッと日が照った。湿度あがるかなと思ったけれど、帰りには風が出て意外とさわやかだった。2週間ぶりくらいで、築地から品川まで歩く。

 夜はジャガイモを蒸かして、塩とバターで食べる。案の定、うわあごをヤケド。でも旨かった。そのあと弁当用にまとめて炊いたご飯の残り半膳ほどで卵かけゴハンに。ここ数年、糖質を制限して、炭水化物や果物を摂らない食事法がダイエットや糖尿病改善で話題になっているけれど、自分には無理だなあ。米LOVE。

 録画しておいたNHK-BSプレミアムの『猫を愛した芸術家たち』の第三夜、向田邦子を観る。予告編ではミムラ演じる向田邦子の表情が本人に似ていてドキリとしたけど、本編を通して観たら、そうでもなかった。 厳格な父、秘められた恋、充実の仕事、飛行機事故、そして愛猫マミオ。ドキュメンタリーとドラマの折衷で、愛読者にはおなじみの内容だけど、丁寧につくられていて安っぽさは感じない。妹の和子さんや、女優の加藤治子らのインタビューもよろしかった。 百けん先生の回と同じく、見終えたあと、切なさがのこる。 それから・・・名作との誉れ高い 『阿修羅のごとく』 の映像が流れたけど、あのドラマのオープニングは心の準備なくしては怖くて観れないのだ。子供のころに観た阿修羅像のアップとトルコ軍楽隊のアノ曲のセットがいまだにトラウマになってるみたい。今回もビビッた。

 今回のシリーズ、キーワードになっているだけあって、猫のシーンはさすがだ。主人公たちが文章や絵画でえがいた猫たちのイメージにぴったりな映像ばかり。藤田嗣治が描いた仔猫の躍動感、百鬼園センセイが溺愛したノラのおっとりした佇まい、向田邦子のパートナー、マミオの気高さ。狙った画が撮れるまでたっぷり時間をかけたんだろうか。最終回の漱石も早くみなくちゃ。

 今年も半分がおわる。長かったような、あっという間のような。寝苦しい暑さではないけど、なかなか眠りにつけない。
[PR]
by hey_leroy | 2011-06-30 23:59 | days | Comments(0)

梅雨のなかやすみ


 昨日観たテレビに影響されて内田百けんの 「ノラや」 を読もうかと思うも、朝の通勤時からキュンとしてしまいそうなのでやめにして、同番組で百けんから受けた影響や自分の猫との暮らしについて語っていた町田康の 「へらへらぼっちゃん」 (講談社文庫)を持ってでかける。エッセイ。どよ~んと、くたくたのうどんのような心持ちになる。痛快なほどの虚脱感や自堕落(ではなく自虐?)ぶり。きらいじゃないんだなぁ。文体とか。と、読んでいてすぐさま百鬼園先生のパロディかと思うフレーズに遭遇したりする。「自分は、物が曲がって置いてあったりすると、苛々として落ち着かず、雑念雲の如くに湧いて気がおかしくなってしまう性質なので、それらを真っ直ぐに直して歩く」とか。。。ああ、結局「ノラや」も読んでしまうのだろうな。。。
f0160346_18332456.jpg

 そして今日も今日とてNHK-BSプレミアム。 『おまえなしでは生きていけない ~猫を愛した芸術家たちの物語』 第三夜は向田邦子。昨日の予告編で、彼女を演じるミムラの表情にドキリとしてしまった。もちろん本編も・・・といいたいところだけど、今夜は半月ぶりに月島の立って呑む店でホッピーやらレモンサワーやらをグビりとやっつけ、いい感じになって築地から新橋まで歩き、はるばる帰ってきたらもうバタンキューなのでありました。

 そういえば、今日は弁当以外には月島で肉味噌キューりをつまんだだけだった。 呑むとあんまり食べない傾向にあるなぁ。 ウコン呑んで寝よ。

 今日は暑かった!真夏だ、マナツ!
[PR]
by hey_leroy | 2011-06-29 23:59 | days | Comments(0)

ノラやぁぁ


 NHK-BSプレミアム 『おまえなしでは生きていけない ~猫を愛した芸術家たちの物語~』 今日は第二夜、内田百けん(「けん」の字は門構えに月)。 帰宅して晩酌しつつ、録画しておいたのを見る。 前半、百けんにまつわる細かいエピソードが織り込まれていて、画面に釘付け。まさか生前の本人の肉声が聴けるとは思わなんだ。写真もたくさん。 そして後半、飼い猫ノラの話になってくると、内容を知っているだけに切なくなる。 黒澤明の最後の映画「まあだだよ」での松村達雄が演じた百けんと、今回の石橋蓮司の百けん。タイプは違うし、実際のセンセイの印象とも違うけど、もはやそんなことはどうでもよいなあ。 奥さんを演じた毬谷友子がまた良かった。映画での香川京子とはまた違った優しさ。・・・しかし、切ないなぁ。

晩酌のアテは、長いもをすりおろしたのに片栗粉混ぜて焼いて甘辛で磯辺焼き風にしたのと、ツナと大根のサラダ。 ご飯はなしにしたけど・・・結局量はバクバクと。

本日の弁当は、豚肉・小松菜・舞茸のすき煮、切干大根煮、シラスご飯。
[PR]
by hey_leroy | 2011-06-28 23:44 | days | Comments(0)

おまえなしでは生きていけない


 NHK-BSプレミアムで今夜から4夜連続で 『おまえなしでは生きていけない ~猫を愛した芸術家の物語~』 が放送されます。今日の第一夜は、画家の藤田 嗣治。明日からは内田百けん、向田邦子、夏目漱石と続きます。 自分はいずれも帰宅が間に合いそうにないので、録画してたのしむ予定。 今日のは先ほど見ました。竹中直人がパリからナビゲートしてた。そしてオカッパ頭で藤田役も。「美の巨人たち」さながらの作品解説もありつつ、子猫たちの愛らしいシーンも多くて。猫と芸術家のつながりが深く描かれていたかは多少疑問もあるけれど、面白かった。1時間って結構たっぷりだなあ。さて、明日は内田百けん。「ノラ」の話題が中心になるんだろうな。 百けん先生を演じるのは、意外や石橋蓮司。ちょっとワクワク。番組HPはコチラ
f0160346_18403966.jpg

 先週土曜はあまり食べずに怒涛の?13時間呑みで、次の日測ったら体重がけっこう減ってた。〆の炭水化物とか食べずに呑み続けてたら痩せるんだろうなあ。そのかわり栄養失調で入院とかになりかねない(って、伊集院静氏が昔のエッセイで経験談として語っていた・・・)。 そして凡人なる私は、翌日曜にガッツり食べて、前日以上にキッチリ増やしときましたとさ。嗚呼。

 今日のお弁当。青椒肉絲もどき、鮭ほぐし、にんじんしりしり、切干大根煮、ご飯。
[PR]
by hey_leroy | 2011-06-27 23:42 | days | Comments(0)

良い佇まいのお蕎麦やさん


きのうの午後、散歩がてら汐入方面にむかいました。毎朝仕事にいくときに前を通って気になっていた蕎麦屋さんに行ってみようと思って。手打ちでもなんでもない普通の町場のお蕎麦屋さんだけど、そのこじんまりとした佇まいが良さげでありまして。
f0160346_23441415.jpg

ここです。う~ん、シンプル。
f0160346_2345131.jpg

引き戸が木なのも渋いです。自転車も、かなりブイシー。

扉を開けると、テーブルが4卓のみの本当にこじんまりしたお店。メニューはおそばあり、丼物あり、中華あり。出前もやってるごく普通のお蕎麦屋さん。サンマー麺やソースカツ丼があるのが、ヨコスカな感じ。とろろ蕎麦をいただきました。麺の盛りが多めで、なかなかでした。こんど中華も食べよっと。
f0160346_23495797.jpg

うちと汐入の中間くらいにある和菓子屋さん。「突貫」という名前がインパクトあり。創業7~80年ほどみたい。そのころ流行った言葉なのかな。「突貫小僧」なんて子役も当時いたみたいだし。
[PR]
by hey_leroy | 2011-06-26 23:39 | スカ呑みスカ喰い | Comments(0)

洗濯、ミルトン・バナナ、アジフライ


およよ。エラく良い天気だこと。崩れるという予報だったけど、少し遅れているみたい。
ここぞとばかりに洗濯機をまわす。大物も洗う。
空はピーカンで、干すそばから乾いていく。 気持ちよいなぁ。 今日の晴れは貴重だ。
布団やマットも日に当てて、床や畳は消毒用エタノールで拭いたり。

ミルトン・バナナ・トリオを聴きながら。ジャズボッサはこれとジョアン・ドナートがあれば他はいらない、と思うほどに好きなアルバム。ミルトンの軽快で知的なドラミング、かっこいいなぁ。



午後2時ごろになると、ようやく日がかげりはじめた。さて、町へ出よう。ここ数日、アジフライが食べたいモードだった。暑かったからかな。カラりと揚がった肉厚なアジフライを、よく冷えた生ビールで流し込む。うぅ、タマラン・・・。ヨコスカでアジフライを出す酒場は多くあるけど、僕はここのが好きだな。ということで、チューサカこと中央酒場へ。
f0160346_23331680.jpg

えへへ。外はカリッと。中はホクホク。念願かなってウレシイす。生ビールでなく、ホッピーをグビりと。久々の土日連休、ということでこの後も満喫いたしました。夜更けに何人かでカラオケボックスにいったりもしたなあ・・・。
[PR]
by hey_leroy | 2011-06-25 23:56 | days | Comments(0)

もわぁぁん


 関東各地では今年いちばんの暑さを記録したそうな。風が強かったので体感的にはそうキツいものではなかったけど、オフィスがかなりモワ~ンとした状況で、仕事の効率とかモチベーションには多少の影響を及ぼしている。これに慣れていかないとなぁ・・・。ぼ~っとして、起きているのに寝汗かいてるみたいな。・・・寝言は寝て言え、みたいな。



 1920年代後期のジャズ。こういったのが納涼になるかどうか。自分には効き目ありです。George Stollって誰?(映画"錨を上げて"とかの音楽を担当してた人らしい)。途中出てくる女性歌手にはなんだか閉口だけど、最後の曲での"I ain't got nobody"のフレーズにはニンマリ。

 三浦半島内陸部にあるウチは、東京よりは1~2度気温が低いように思う。夜も今のところ扇風機なしでOK。もともとあんまりエアコン使わないタチなので、この夏あるいはこの夏以降ずっとになるのかもしれないけど、なんとか凌いでいけるんじゃないかな、とは思う。 ただ、猛暑日の室内熱中症対策はしつつ、ですな。
今夜もシャワー後にはベビーパウダー?・・・シッカロール?・・・天花粉?をパタパタ。

 暑いときには!と、おととい作ったカレー。ホタテだしを効かせた今回のは、蒸した中華麺に絡めたバージョンがいちばん旨かった。 次回はもっと辛味マシマシのをハフハフしたい。
[PR]
by hey_leroy | 2011-06-24 23:59 | days | Comments(0)

なんちゃって大根餅


夜更け、急に思いたって「なんちゃって」大根餅をつくる。
台湾料理でよく目にする点心。好物だけど、ずいぶんご無沙汰しています。普通は上新粉を使うらしいけど、片栗粉でもそれ風のができると聞いたので。蒸したりする手間もかけない、あくまでも「なんちゃって」です。

大根は7cm位。半分はおろして。残りは薄い短冊にして1分弱レンジで加熱。冷ましてから、この大根たちに片栗粉(大さじ2強)、ガラスープの素、塩ひとつまみ、それに桜えびが無かったのでシラス、あとネギのみじん切りを適当に入れてまぜ、多めのごま油で食べやすい量を両面焼きに。へ~、結構モッチリとするもんだね。
f0160346_23512498.jpg

なんとなく硬めのもんじゃみたいではある。はたしてこれを大根もちと言ってよいのかは微妙・・・やっぱり、「なんちゃって」だね。 でも、ポン酢にラー油とコチュジャン入れたのにつけて食べたら、味はなかなかウマウマでした。大根の味はかすかに。大根餅、もともと微妙な味の食べ物だよなぁ・・・千切りの大根の自然の甘さと桜海老や叉焼やらの風味、ごま油の香ばしさ、そして上新粉の上品なモチモチ加減・・・あぁ、本物もひさびさに食べたいなぁ・・・空芯菜もいよいよシーズンだなあ・・・シジミ醤油漬けもいいなぁ・・・と、ついつい缶チューハイ開けてしまい、夜更けの酒盛りに。。。
[PR]
by hey_leroy | 2011-06-23 23:49 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

夏至


梅雨の合間、よく晴れ、そして暑かった。
今日は夏至。 明日から少しづつ日が短くなってゆく。
サザエさん症候群ではないけど、少しさびしく感じてしまう。

人生は 夏至と冬至の くりかえし

日々いろいろあるけど、まあ、ね。 

暑かったからか、今日は昼間から「夜はカレー!」と決めていた。
時間短縮で圧力鍋使用。
キャベツと玉ねぎをたくさん入れて圧かけて、とろとろに。
ホタテ缶も入れてみた。
マイルドなのでちょっとスパイス加えて。
ナスなどの野菜に、さらにザク切りのキャベツ。
気をつけたつもりでも、やっぱり作りすぎる。

ホタテのだしが効いてるなあ。好みは分かれるところだけど、自分は好きだ。
去年のラッキョウと一緒にいただきました。
まんぞく、まんぞく。

その後、久里浜のダイニングバーに。初めていくお店。
ここにはライブ用の機材がそろっている。
地元の先輩ミュージシャンに声をかけてもらって、リハを兼ねたセッションというか。
細くながく、バンドとして育てていくことになるかも知れない。
[PR]
by hey_leroy | 2011-06-22 23:55 | days | Comments(0)

野良そば


夏野菜が美味しくなってくる季節。
ひさしぶりに、「のらそば」なるものを作ってみました。
むかし清瀬の蕎麦やで食べた。 武蔵野あたりではポピュラーなんだろか。
なんとなく思い出しつつ。

茄子、インゲン、たまねぎを少し細かく刻んで、ごま油で炒める。
そのあと冷蔵庫で冷やして、ゆであげたおそばの上にのせて、麺つゆをかけます。
f0160346_17183962.jpg

これでもそこそこ美味しいんだろうけど、ここでもうひと工程。
f0160346_17185683.jpg

じゃじゃん。 たっぷりの黒すりゴマをかけます。
ゴマの香ばしさと、野菜の甘みがたまらんス。
ちょっとした野趣がありますなぁ。
野良仕事の合間に縁側でズズっと啜る、みたいな。

今日はこのほか、トマトソース仕込んだり、白菜の芯で辣白菜つくったり、
シラスを酢漬けにしたり、野菜たちを冷凍したり・・・もろもろの延命措置にいそしみました。

来週は、おとなしくすごそう。

・・・などとおもいつつ、夜は横須賀ベースのメインゲートのはす向かいにあるバー "リトル・アムステルダム" へ。 Yくんがマスターとなってから3周年を祝う宴。
f0160346_2247061.jpg

じゃじゃん。 3.5キロの大きな天然鯛や、この日に揚がったばかりの生本マグロ、スズキ、〆アジに〆サバなど、出張魚屋のGさんがバーカウンターで手際よくさばいて盛り付けてくれる。ウハウハ呑み喰らいつつ、ヨコスカを拠点に活動するジャムバンド(といってよいものか・・・)"Heart Beat Steppers"の気持ちよい音にも酔う。酔ったイキオイで1曲一緒にセッション。たのしかった。 ヨカ夜でした。 
[PR]
by hey_leroy | 2011-06-18 23:17 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)