<   2012年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

笛にうかれて 逆立ちすれば

3月も今日でおしまい。
あしたから年度も新たに。

イキオイでmixiもtwitterもfacebookもやめてから数ヶ月。
とくに何かあったわけではないのだけれど。
心配かけちゃった一部の方、その節はごめんなさい。

でも、なんとなくサッパリしたような。
少しの間はちょっと気になったりとかしたけど、すぐ慣れた。
ええ、ええ。 わたしゃアナログ人間ですもの。

携帯電話の充電が長持ちするようになったり、
本を読む時間が増えたり、
酒場で、目の前の酒や肴と(より一層)じっくり向き合うようになったり。
・・・いや、そこは変わってないか。
あと、ここに書き散らかす頻度が上がったってのも。

不便に感じたことは、ライブのお知らせがなかなか行き届かないこと。
でも、それぐらいだったような。

あ、内海桂子師匠のつぶやきが見れなくなったのは残念。
(アカウントなくても覗きにはいけるからいいんだけどね)
内海桂子師匠と小沢昭一さんの言動は、とっても興味深い。
世論の流れがどうであろうと、自分が生きてきた経験から判断する。
言葉に重みがある・・・な~んて、ただオモシロイってのが一番の理由だけども。
落語の世界のご隠居さんみたいな。

f0160346_1414162.jpg

『笛にうかれて逆立ちすれば』小沢昭一百景 随筆随談選集⑤ (晶文社 2004年)

そんな小沢さんの随筆随談選集。全6冊中の5冊目を読了。
今巻のテーマは「大道芸・縁日・俳句」。
でました! 香具師、門付、万歳、猿回し、サーカス・・・。
日本やアジア、果てはフランスの放浪芸や大道芸。
小沢さんの真骨頂。
既に読んだ事がある文章が結構あったけど、やっぱりおもしろい。
高校の頃ほんの少しかじった民俗学、ちゃんと勉強しても良かったなと思う。

ほかにも相撲や写真、そして東京やなぎ句会のことや週刊誌の俳句欄の選者コメントetc。
相撲はスポーツである以前に芸能である、という主張には思わずうなずく。
八百長問題のときも小沢さんのコメントはぶれなかったなぁ。

あと1冊で全6巻も終わりかぁ。まだまだ他のも著書もあるから読んでいこうっと。


SNS、そのうちシレッと復活してたりなんてこともあるかもしれませぬ。
でも、その前に高性能のAMラジオがほしいな。
テレビのニュースとか、ほんとに何を報道してるのやら。
ラジオの方がよっぽどタメになるんじゃないかと思う。



「越後獅子の唄」 作詞:西条八十 歌唱:美空ひばり

笛にうかれて 逆立ちすれば
山が見えます ふるさとの
わたしゃ孤児(みなしご)街道ぐらし
ながれながれの 越後獅子
[PR]
by hey_leroy | 2012-03-31 22:06 | books | Comments(0)

豆ご飯 第2弾

この季節、ついつい気になる、さや入りのグリーンピース。
また買っちゃった。
豆ご飯 第2弾にします。
いままでは、さやから出した豆を最初からお米と一緒に炊いていた。昆布とお酒少々で。
色よく仕上げるには、ご飯が炊き上がったタイミングでゆでた豆を混ぜるとか、いくつか作り方があるようだけど、豆の風味を楽しむにはいささか物足りないんじゃないかと思ってた。

そんななか、気になるレシピを見つけたので、ためしてみます。
以前、はなまるマーケットでやってたらしい。

さやから出したグリーンピースを3分ほど塩ゆでにしたら、火を止めてそのまま常温になるまで冷ます。こうすると豆にシワが寄らない。ゆで汁は米の炊き水にします。ゆでた豆の半分をみじん切りにして(これがポイント!)、ご飯が炊けたら粒とみじん切りのグリーンピースをよく混ぜ合わせ、3分ほど蒸らせば完成。
f0160346_8565987.jpg

お~っ、豆つやつや。お酒も昆布も入れなかったけど、豆の風味たっぷりで美味しい。
みじん切りのグリーンピースがまんべんなくご飯に香りをまとわらせてる感じです。
食感も瑞々しいっ!

おためしあ~れ。

大根をちょっと醤油濃い目でコトコト煮たのと一緒にたべました。
ライブ疲れがちょっぴり残っているお昼に、沁みますわ~。

午後、図書館へ予約してた本を受け取りに。
そのあとは・・・
酒場「ぎ○じ」でビール小瓶と燗酒を2本。
肴は、小あじの南蛮漬けと、蛍烏賊。 う~ん、なんてステキな!
寒い時期に大鍋で煮えてる大根煮つけは今日までだって。
春がやってくる。
[PR]
by hey_leroy | 2012-03-30 14:00 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

6年ぶりに鳴ったBELLe

f0160346_6533630.jpg

吉祥寺・曼荼羅にて、須藤ケンタ率いる "THE BELLe" 6年ぶりのライブでした。
お客さんギッシリで熱気ムンムンの曼荼羅。
終始あったかいvibesに満ちてました。
きてくれたみんな、アリガトウ。
ケンタくん、カヨちゃん、アリガトウ。

ケンタ一家がもうじき沖縄に移住するのです。
メロウでビターでホロ酔いな歌声もしばらく聴けません。
・・・またすぐやりたいんデスケド!
f0160346_21595181.jpg

(↑ 画像、ケンタ君のブログよりイタダキました)

2部構成でたっぷりと。・・・相変わらず曲数は少ないけど、たっぷりなのです。
全曲オリジナル。

1st set
1. keep on walkin'
2. beside you
3. walk on the line
4. don't ask me
5. brand new life

2nd set
1. close your eyes and count me
2. tell me why ?
3. smilin' blue
4. show me your way
5. shadow of your smilin' face
f0160346_23211160.jpg

THE BELLe
 須藤ケンタ(vo&g)、Kayo / emyu(cho)、須藤信一郎(key)、山本大樹from北海道(ds)、
 多々良淳 / 鈴木シンゴ / ボス(bass)、木暮ヒトシ / Guinn(sax)、東 奈帆子(flute)
 & ミトモタカコ(guest chorus)

ミトモタカコ&宮嶋みぎわ
 ミトモタカコ(vo)、宮嶋みぎわ(piano) & ケンタ(vo)

ミタコーヒー
 タミさん(vo)、ヒコさん(key)
 withルイくん(ds)、JOEさん(bass)、木暮くん(sax) & ケンタ(guitar)

ケンタくんと最初に音を出したのは2003年。
シモキタのレコ屋"Flash Disc Ranch"の22周年パーティ@下北沢251。
ミトモさんや鍵盤のハッキーも一緒のバンドだった。
それ以来、THE BELLeやBlack Coffeeなどに声をかけてもらって。
たくさんの素晴らしいミュージシャン仲間とも知り合うことができたし、
なによりケンタくんの唄に寄り添って演奏するのが至上の時間なのですよ、ほんとに。

なので、沖縄でも東京でもヨコスカでも八丈でもよいので、また酔い音をつむぎましょうぞ。
そのときまで、とりあえずは元気で! kayoちゃん・ピッピちゃんも!


このところライブの前はお酒をあまり、あるいはまったく呑まないようにしていたけど、
今日は呑んだ~。
いい天気だったからな~。

まずは出がけに、地元ヨコスカ・汐入で。
京急待ちの間に駅近くのヒデヨシ商店でビール中ビンを立ち呑み。
ここはネイビーさんたちも「チューハイ・スタンド」と呼んで親しんでいる酒屋さん。
酒屋さんといいつつ、店内はほぼ呑みスペース。
昔ながらの店構えだけど、久々に来たら水回りが改装されてて女性用トイレができてた!
楽器持ってたら、先代の猫八師匠似の店主に「今日は(横須賀)芸術劇場?」って。
「いや、都内まで。」
「あ、そうなんだ。がんばって!」


京急線~東横線~井の頭線と乗り継ぐ。
うららかな春の昼下がり、車内でのうつらうつらが気持ちよい。

吉祥寺では、サウンドチェックと本番の合間に、近くの老舗「いせや」へ。
ビルになってから初めてきた。
焼き場前の立ち呑みカウンターで、煙に燻されながら焼酎を生(き)で2杯。
梅エキスをちょいとたらして。 焼き鳥を1皿・・・肝心のやきとり、あいかわらず。。。

酔い塩梅になりつつライブハウスに戻ると、
「いっときますか」と、ケンタくんからお声がかかり、有志?数名でとなりの居酒屋へ。
ホッピーセットに中おかわり・・・普通に呑んでしまったワイ。

ライブの汗でほぼヌケました。
[PR]
by hey_leroy | 2012-03-29 23:59 | live , event | Comments(2)

かまくら~ヨコスカ~吉祥寺

f0160346_7584418.jpg

BELLeのライブで着ようと思ってた一張羅が実家にあることが一昨日の夜に判明。
昨日仕事のあとに取りに帰り、そのまま一泊。
厚切りの塩鮭と漬物、大豆とひじきの煮物で朝からごはんおかわり。
サツマイモの味噌汁、ひさしぶりに食べたなぁ。
朝9時前には おいとま。
f0160346_759730.jpg

江ノ電。

鎌倉で、スカ線の時間まで15分ほどあるので、裏駅わきのカフェ・ロンディーノに。
f0160346_7592879.jpg

僕が生まれた年に創業。
けっして広いとはいえない店内は休日は観光客で、平日は地元常連でにぎわっている。
木曜の朝9時過ぎはみなさんのんびり。
明るく陽が射すカウンターやテーブルで新聞読みながらコーヒー啜ったり。
自分はここではいつもエスプレッソ。
乗り継ぎの合間に寄ることが多いから、キュッとひっかける感じで。
コーヒーはブラックだけど、エスプレッソは砂糖を2杯入れる。
この甘苦さが美味しい。 そういえば久しぶりに喫んだなぁ。

そんなこんなでぼちぼちスカ線もくる。
早く帰って楽器調整しよう。
お昼には、実家でもらった鱒寿しを食べよう。
そして午後には、イザ、吉祥寺。
[PR]
by hey_leroy | 2012-03-29 13:20 | days | Comments(0)

川辺でおべんと

昼間はポカポカ、いい天気。
風もそんなに強くないので、今年はじめて大川っぺりで弁当をひろげる。

本日のお弁当。
肉じゃがコチュジャン風味。焼鮭。春菊と干しアミ炒め。昆布の佃煮。ごはん。

右に勝鬨橋、左向こうは月島。
月島・・・あのあたりに高いのがもう1本ニョキッと建つんだなぁ。
「立って呑む」酒場の仮店舗、近々いかなくっちゃ。

ゆきかう船も、暖かいと心なしかノンビリに見える。

でも、花粉はいっぱい飛んでるのだろうなぁ。
いまのところ自分は発症していない。
子供の頃、スギ花粉が原因のアレルギー性鼻炎だったのだけど、
何か免疫ができてるんだろうか。
抗体あると思っていて突然発症したらショックだから、
いつでもなる可能性があると思って生活してる。

今週を過ぎると勢いは少しおとろえるらしい。
花粉症のみなさん、もうしばらくの辛抱です。
がんばって乗りきってくださいっ


夜、残業あと小腹が減って、新橋駅わきの立ち喰いそば屋。
20時半。先客なし。
かき揚げソバの食券買っておばちゃんに渡したら、
「春菊天食べれる?」
・・・あ、はい。
「卵入れる?」
・・・え、ええ。

出てきたのは「かき揚げ・春菊天・月見ソバ」だった。

・・・なんで?

乗りたい電車まで10分弱だったけど、おばちゃんと世間話しつつ、
高速でカッコむ。

そのあとオトーサン客が2人来たけど、オーダー通りに出されてて。
オイラのとき他に誰もいなかったからかな。
常連でもなんでもないのに。
ま、いいや。

おばちゃん、ありがとうね。




あぁ。

どこかにブラリと出かけたい。

ボウズに近い短さに散髪したい。

熱いお茶で美味しいきんつばが食べたい。



明日はライブです。
[PR]
by hey_leroy | 2012-03-28 22:57 | days | Comments(2)

オムレツ本たち

『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』

そして、

『東京の空の下オムレツのにおいは流れる』

ああ、なんでもっと早く読んでいなかったのだろう。
シャンソン歌手、石井好子さん(1922~2010)のとっても有名なエッセイ集。

『巴里の~』 が暮しの手帖社から出版されたのは1963年。今から49年前。
フランスに暮らしてた時(それは’50年代だ)の食事や料理に関するエピソードが表情豊かな文章で綴られている。写真なんてなくても、石井さんが紡ぐ言葉から、バターでソテーされた魚の匂いや、天火で焼かれたグラタンの焦げたチーズの匂い、そして夜更けの巴里の食堂に漂うタバコのにおいまでが立ち上ってくる。当時の日本ではまったく馴染みのなかった食材や料理法。今ではずいぶんポピュラーになったけど、内容の楽しさは色あせる事はない。人物の描写も愛情に満ちている。 

1985年には姉妹編とも言える 『東京の~』 が出た。両方とも、暮しの手帖社版の花森安治デザインのが定番ロングセラーであるけれど、なんとなく女子本なイメージで自分は手を伸ばしづらくて。(何を意識しているのやら)
f0160346_15275665.jpg

これですね。

それが、去年、新たなデザインで河出文庫から揃って文庫化されて。
そしてこないだ揃ってブック○フにあって。
まよわず購入したのでした。
f0160346_15282555.jpg

こちらの装丁も良いですな。



で、この表紙を見ていて、ふと脳裏をよぎったというか、おもいだした本。
そうだ、あれも読もうと思ってたんだ。。。



f0160346_15285117.jpg

『柿の種』  寺田寅彦  岩波文庫

なんか、装丁のテイストが似てません?
物理学者で随筆家の寺田寅彦が大正から昭和のはじめ頃までに書いた短いコラムを集めたもの。

「なるべく心の忙(せわ)しくない,ゆっくりした余裕のある時に,一節ずつ間をおいて読んでもらいたい」
などと書いてあるので、寝る前に1篇ずつとか、旅に出たときとかに少しずつ読もうかなと思ってます。
[PR]
by hey_leroy | 2012-03-27 22:47 | books | Comments(0)

リハ@吉祥寺

朝7時に起床。

フフフ。。。
案の定、昨夜のお酒が残っているワイ。
というか、まだ酔ってるようなココロモチ。
やっぱり最初に濃いホッピーを呑むと抑えがきかなくなるなぁ。
そのかわり限界も早くおとずれるのだけど。

で、今日は仕事は休みだけど、朝10時からリハーサルなのだ。
そして場所は、嗚呼、吉祥寺なのだ。
楽器をエッチラ担いで、まだ通勤の混雑が残る電車でヨコスカから2時間チョイ。
行ってまいりました。

今月29日のTHE BELLeのライブに向けたの唯一のリハ。
メンバーが入れ替わり立ちかわりなので(ベーシストは3人もいるぞ!)、
あれこれ工夫しながら夕方18時まで。
休みやすみだけどわりとミッチリやりましたな、ケンタ君!

なかなか見ごたえあるライブになりそうです。
木曜はゼヒ吉祥寺・曼荼羅に足をお運びくださいね~♪
詳しくは一番上の記事をご参照あれ。(3/29まで掲載)

スタジオ終了後は、吉祥寺から下北沢にも渋谷にも横浜にもよらず、まっつぐヨコスカに。
そして、そのまままっつぐ自宅に。

今日のリハ後半に自分の楽器に生じた違和感の原因を探るも、わからず。 
う~む。 気がかり。


明日の弁当の準備。
春菊と干しアミを中華風の塩炒めに。
塩鮭を焼く。
アスパラを茹でる。

んで、風呂はいって早寝。 

ムリは続けられません。
[PR]
by hey_leroy | 2012-03-26 23:35 | days | Comments(0)

弥生閑話

気持ちの良い日曜日。
洗濯日和なり。
チャチャッとすませて、鎌倉へ。
土曜がぐずついた空模様だったので、そのぶん人出が多いような。江ノ電も混みこみ。
実家での用事もチャッチャと済ませて、食材などお土産ももらって、夕方には横須賀。

街をブラついていると、あらまっ!
f0160346_1164727.jpg

大衆酒場 天国(てんくに)が改装中。
全然知らんかった~。
f0160346_1449289.jpg

以前はこんなでした。
改装しても、前みたいなコの字カウンターかな。
出来つつある雰囲気からすると、そんなに変わらないみたいだけど。
キレイになり過ぎなきゃいいなあ、などと勝手な事を考える。
縄のれんはなくなっちゃうかな~。

それなりに古い佇まいだった。味わい深いというよりは、ザ・昭和な。
毎夕のようにきてる常連のおじさんたちはどこの酒場に散らばっているのやら。

目の前や並びにパチンコ屋があるから、そこらとココとを行き来してるご常連が多い。
いつも賑やかに呑んでる。「ぎ○じ」が"静"ならここは"動"のイメージ。
まったく酒場によって雰囲気も客層も個性があるものだなぁ。

てなことで、そのすぐ近くにある酒屋併設の立ち呑みスペースでホッピーを呑む。
肴は、三浦半島・佐島で揚がったキビナゴの炙ったの。
f0160346_1173939.jpg

ホッピージョッキの下の方にサインペンで書かれた赤い線が2本。
上の線が180ml、下の線が90ml。入れる焼酎の「この店での」目安。
ホッピージョッキにはもともと星マークが2つ付いている。
上の星まで焼酎を入れると110ml、下の星までだと70mlとなっているのだけど。
メーカー推奨バランスよりも濃い度数がヨコスカスタンダード。
そのなかでも180mlはかなりであります。ココと、米が浜にある広島・呉マナーの焼鳥屋、若松町にある満州焼きが有名な焼き鳥屋、そして上町に向かう坂にあるウズラなどを出す焼き鳥屋はかなり劇的な濃さといえましょう。なんでヤキトリ屋ばっかりなんだろ。

今夜も、このホッピーが1杯目というのはキケンだなぁと薄々感じながらも、テンションの高まりを抑えられないおバカなワタクシなのでありました。
[PR]
by hey_leroy | 2012-03-25 23:59 | スカ呑みスカ喰い | Comments(0)

たそがれ酒場

夜、CATVでの放映を心待ちにしていた映画 『たそがれ酒場』 を見る。
月曜に録画しておいたのをやっと鑑賞。
ここ数年、名画座での上映も何度かあったんだけどタイミングが合わなかった。
内田吐夢監督作品。1955年 新東宝。
f0160346_13383728.jpg

う~ん、見応えある映画でした。
人生の喜怒哀楽、音楽、恋、笑い、酒。。。いろんな要素がみっちり詰まった1時間半。

舞台は昭和30年頃(もう少し前かな?)の、とある大衆酒場。テーブルは20卓以上、もちろんカウンター席もある結構な大箱(広い店)。2階にある店だけど、さらに中3階にはステージが作られていて、天井は吹き抜けになっている。大衆酒場というか、ビヤホールや歌声酒場やナイトクラブなど、いろんな雰囲気を兼ねそなえた酒場だ。キャバレー的な女の人の接客サービスはないけど、ほんのりとしたお色気(当時は過激だったのだろう)のストリップショーがあったりする。

この映画は、そこでのある1日の開店前から閉店後までの出来事を時系列のまま描いている。いわゆる「グランドホテル」形式ってやつ。三谷幸喜の「THE有頂天ホテル」とか、これでしたね。

口開け前からカンバン後まで店のカウンターで呑みつづける常連の老画家(小杉勇)が狂言回し的な役どころ。登場するのは、若い女給(野添ひとみ)とその恋人(宇津井健)、横恋慕するチンピラ風(丹波哲郎)、偶然再会した軍隊時代の元上官(東野英治郎)と元部下(加東大介)、住み込みで働く歌手志望(宮原卓也)と師匠の老ピアニスト(小野比呂志)、店に入り浸って他客のオコボレを狙うお調子者(多々良純)、ストリッパー(津島恵子)などなど。

それぞれ過去や現在に事情を抱えている。酒場で交錯するそれぞれの人間模様。過去を捨てきれない世代と、これからの未来に思いを馳せる世代。終戦から数年経った時期に撮られた映画だからこそ、この対比が際立って感じられる。最初から最後まで酒場のセットの中から一歩も出ないのだけど、飽きることがない。というか、ず~っと酒場の中の映画なんて、素適スギル。

ちなみに店内あちこちに貼られた品書きには・・・ビールはニッポンビール(現サッポロビール)。大生120円、中生70円。日本酒は力正宗。特級100円、一級80円、二級50円。焼酎は大コップ50円、並コップ35円。肴は、れば、やきとり、バタピー、お新香が10円、ベーコン、チーズが20円、鯨みそ、卵、冷や奴、湯豆腐、ウニ、かき酢、こはだが30円、ソーセージが40円、山かけ、とんかつが50円・・・などとある。のちの黄門様、東野英治郎は入店すると玉子丼をたのんだ。飲み物は?と聞かれ「水」とひとこと。その後、軍隊での元部下の加東大介とばったり会い、すすめられて酒を呑むうち、大声で軍歌をガナリたてはじめるのだが・・・。

老ピアニストになついているワンちゃんも名演技でした。

あぁ、充実。
[PR]
by hey_leroy | 2012-03-24 22:37 | movie | Comments(0)

シクシク

慣れない胃痛に悩まされるの巻。

昨日の晩から胃がシクシクする。
ふだん胃が痛むなんてことはまずないので、胃薬持ってない。
職場にあった大瓶のキャベジンを放りこんだけど、効かない。

ぷふう。

お腹の具合も本調子ではないので、ウイルス性のなんかかな。
悪いもん食べたかな。
ストレスかな。・・・そりゃないな。

夜、家に帰って風邪薬のんだら少しラクになった気がする。
たいした痛みじゃないけど、慣れないと何も手に付かなくなる。
偏頭痛とかギリギリ痛むような胃痛とかを持っている人大変だろうなぁ。



刺激物は良くないと思いつつ、岩手遠野の「なんばん三升漬」&麺な夕ご飯が2連荘。

昨日は、三升漬ペペロンチーノ風。ニンニクとオリーブオイルに三升漬。
アスパラと、ブロックのベーコンを拍子木に切ったのをあわせた。

今日は、三升漬焼きうどん。醤油と酒とオカカと三升漬。
具は牛ひき肉とニラ、ねぎ、生姜。

どちらもピリリとした清涼感のある辛さで結構でした!

三升漬は、なんばん(青唐辛子)と醤油と麹を漬け込んだもの。
入れすぎ注意。少量でも十分味が引き締まります。


雨、ずいぶん強く降ってる。
このところ週末の天気よろしくないですね。
明日は出勤。

風邪薬と胃腸薬と整腸剤とビトンハイと焼酎をのんで早寝。

良くないんだろうけど、良いのだ。
[PR]
by hey_leroy | 2012-03-23 22:32 | days | Comments(0)