<   2013年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

やっぱり夏だった

梅雨入りも明けもはっきりしなかったり、早くから猛暑日がつづいたり、大気の状態が不安定だったり、ここ数日は暑さが少し落ちついていたり。うっかりボーっとしていると今の季節が何なのか、何月なのかさえ良くわからなくなる。 そして自分は、たいていボーっとしている。

だからなのか、この夏は (夏だかなんだか良くわからないまま)そう暑くもないのに毎日のようにエアコンのリモコンを手にとってしまう。 この2年、夏も冬もほとんど使わずに過ごしていたのに。

なんか、イカンなぁ。

イカンと思いつつも、昼は冷房が効いた部屋でソーメンチャンプルー。冷蔵庫にあったにんじんしりしり(ツナ・卵入り)とニラと玉ねぎが具材。粉末の和風だしと醤油少々。去年だったら、大汗かきながら冷やし素麺を啜りこんでるところだ。



午後、横浜で用事をすませ、まっつぐ横須賀にもどって丘の上の図書館へ。 
少し涼んで、予約しておいた本を受け取って外に出た途端、セミの声に包みこまれる。

一瞬にして小学生の頃に引き戻された感じがして、驚く。

行きがけにエッチラオッチラと坂を上っていたときも、セミはきっと鳴いていたはず。 図書館からおもてに出た瞬間のセミの声っていう状況に不意をつかれた。こんな感覚、今までにあったかどうか。 夏・図書館・セミの声の三拍子が揃ったということか。 ビックリ。 そして、少し甘酸っぱくてハズカシイ。 この街で子供時代を過ごしたわけではないのだけど。

やっぱり夏だったんだなぁと坂道を下りながら我に返れば、あのころと決定的に違うのは 「アチぃなぁ。ビールでも呑むか~」 という思いが脳みそのずいぶん重要なところにムクムクと広がること。

でもねぇ、今日は街へは出ずに40分近く歩いて帰宅。
この2日ほど酒気無しで過ごしていたし。 さっきの感覚をなんとなく大事にしたくなったのもある。

帰って、志ん朝の 『船徳』 を聞きながら、冷凍保存しておいた実山椒を佃煮にする。
噺にでてくる浅草寺の「四万六千日」(ほおずき市)もとっくに過ぎてる。
やっぱり夏なんだねぇ。

図書館とセミかぁ。 プールに行っても同じような気分になるかな・・・でも、小学校のプールとか市営プールじゃないとダメだな。 泳ぎ終わって更衣室を出て、下駄箱からビーサンだして、木のスノコの上をパタパタ走ってチャリ置き場に・・・なんてときのセミの声は、かなりグッときそうだ。 あとは、前にも書いたことがあるけど、夕食後に部屋の灯りを消して寝転がってAMラジオのナイター中継を聞いたりとか。寝ゴザの上とかだと、いいなぁ。この時はセミは鳴いてなくてよいな。 ベープマットのにおいが漂う。
[PR]
by hey_leroy | 2013-07-30 22:56 | days | Comments(0)

No Liquor , No Life

f0160346_15264463.jpg

鎌倉・御成通りにある酒屋さんのオリジナル・エコバッグ。
お店の前を通るたびになんとなく気になっていたのだけど。
お酒好きな姐さんへのお土産に・・・のついでに自分の分も購入してしまった。

「どのツラ下げてこれ提げて」って感じなのは承知の上です、ハイ。

このところ遊んでばかりだったので、しばらくお酒抜いてみようかななどと考えております。

まあ、数日ですけど。
[PR]
by hey_leroy | 2013-07-28 19:09 | days | Comments(0)

Beer & BBQ パーリー!

ご近所の知人宅でのビアパーティにお招きいただいた。ウシシ。
マンションの8階。広いバルコニーが素敵な御宅。
この街をこんなに高いところから眺めたことはなかったなぁ。
夕陽に照らされながら呑む生ビール(サーバー持ち込み!樽は3本!)のウマいこと!
風も強すぎず弱すぎず、ちょうど良い。
f0160346_15245160.jpg

ちょっと早く着いちゃったみたいなのだけど。
少しずつ友人たちが集まりはじめ、最終的には10数名に。
赤ちゃんがいたり小学生がいたり。オネエサン、オニイサン、オジサンも。
ビールグビグビ呑みつつ、茹でたてのプックリ枝豆とか。
燻した塊肉とか。ホッケにホタテにカルビ焼いたのとか。
パスタにトウモロコシにスイカ・・・ああ、満喫。
途中ポツポツと雨が落ちてきたときは室内に入ったけど、すぐに上がった。
そして宴は深夜までつづいたのでした。
楽しかった。ありがとう。
f0160346_15245922.jpg

クマちゃん(明後日で1歳)とお友達になりました。
[PR]
by hey_leroy | 2013-07-27 23:59 | スカ呑みスカ喰い | Comments(0)

ハヤマの花火

★花火の画像はありません。あしからず。

鎌倉の花火から中一日。
本日は葉山の花火大会。
昼間の用事を終えて、夕方、逗子駅からテクテクと一色海岸をめざして歩きます。
f0160346_16271733.jpg

鎌倉ほど混んでなくて、地元の人や家族連れ、犬連れが多い。
f0160346_16212466.jpg

今週は大気が不安定で雨が降りがちだったけど、今日もなんとかもちそうで。
f0160346_16214061.jpg

ビール、角ポケット瓶(鎌倉のときの残り)、日本酒。
枝豆ほかの王道つまみと、久々にいただく大船軒謹製、鯵の押寿し。
次回はトウモロコシを忘れずに・・・と、あいかわらずの花より団子。
ちゃんとしたグラスがあるとなんとなくグレードアップした気になりますな。

花火は19時半からの40分ほど。
一発ずつ丁寧に打ち上げられている感じ。 発数が少ないというのもあるのだろう。
派手なアナウンスもなくて、打ち上げ音と波の音が心地よい。
煙もこもらず、綺麗に上がっていた。
海面に映る色とりどりが海岸の花火大会ならではの風情を醸している。
鎌倉の水中花火は、海上を移動する船から投げ入れて海中で破裂させてたけど、
ここのは打ち上げ場所から海面に向けて斜め下に打ち込んでいくのだね。 

今年もゆったりと眺められる、なごみの花火でした。

帰りはバスで自宅近くまで1本!
・・・なのだけど、まだ時間が早いので横須賀中央に。
ひさびさの友達にもあえて楽しかった!
そしてちょいと夜更かししすぎた!
[PR]
by hey_leroy | 2013-07-25 23:59 | days | Comments(0)

カマクラの花火

★花火の画像はありません。あしからず。

午後、怪しい雲行きの空を見上げながら鎌倉へ。
第65回鎌倉花火大会です。

今日は都心部ほかゲリラ豪雨に見舞われたところも多かったらしく。
まわりには浴衣姿のお嬢さんも多いし気がかりだったけど、始まる前に一瞬サーッと降ったほかはたまにポツポツ落ちてきたぐらいで、オオゴトにはならなかった。

混雑する由比ヶ浜を避けて、長谷~極楽寺寄りの防波堤の上に座って見物。
目の前を遮るものが一切ない、自分にとってのベストポジション。
f0160346_1143241.jpg

どよ~んとしておりますが。

開会に先だち、東北の震災で亡くなった方々への鎮魂の花火が3発打ちあがる。
日暮れ後の空に美しく枝垂れていた。

気持ち良い風も吹いてるし、今年はきれいに見れるかな?と期待していたのだけど。

開始直後の連発のときから、煙が停滞して流れない。
煙の向こうにチラチラと赤や緑の花火のカケラがのぞく。
ラメ入りのワタアメみたいだ。
歓声が嘆息にかわる。

う~む。やっぱり今年もダメかぁ。
陸に近いところと上空は風の流れが違うんだよなぁ。
花火の煙はしばらくその場に停滞し、ゆっくりゆっくりとメイン会場の由比ヶ浜に向かって流れていく・・・というのがほぼ例年のパターン。

わかっちゃいるけど、来ちゃうんだよなあ。

適度に風があってクリアに見えるときの風情は独特で忘れがたいものがあるのだ。
とくに、打上げ花火と水中花火の饗宴の迫力と美しさ。
f0160346_1144556.jpg

今年は、こうはいかなかった。残念。

後半になると風が出て少し持ち直したし、水中花火はあいかわらずきれいだった。
でも、クライマックスはきっとまた煙まみれだろうと思い、少し早めに海岸を離れる。

七里ヶ浜の実家まで歩いて帰ろうかと思ってたけど、混む前に電車に乗ってヨコスカに帰ろう。
大雨に見舞われなくてなによりだったということで、気持ちを納得させる。
きっと、また来年もくるんだろうなぁ。

ヨコスカに戻り、米軍ベース正門向かいのバーで呑んだり楽器で遊んだりして、かろうじて午前様にはならずに帰宅。
[PR]
by hey_leroy | 2013-07-23 23:59 | days | Comments(0)

日曜呑み

昨夜のライブの疲れと寝不足でヨレヨレな状態で日曜出勤。
無理がきかないなぁ。ホントに。

宵の口。仕事を終えてヨコスカに戻る道すがら、どこかで一杯ひっかけたいなぁと思う。

いわゆる大衆酒場は日曜休みのところが多い。
家族経営やひとりでの切り盛りだと、どうしたってそうなる。

それでも以前はもうちょっと呑めるとこあったんだけどな。
お気に入りの泡盛酒場は数年前に閉店しちゃったし。
年中無休で朝からやってた「もーり」も今は無い。
行きつけの焼き鳥屋は諸事情により先ごろ平日休みから日曜定休になった。

まあ、まったくないわけではないんだけど。
でもなぁ。
今日はおばあちゃんかおじいちゃんがやってる小さな酒場で呑みたい気分なのだ。
・・・いつもそうだったっけか。

電車で熟考した結果、横須賀というか逸見というか、そのあたりにある一軒に決める。
f0160346_8175054.jpg

おかあさんひとりでやってる店。約1年ぶりの訪問。
横須賀駅前で酒屋として創業して、戦争のあたりで酒場になったのだとか。
その後少しはなれた現在の場所に移った。
建物は激古ではないけれど、建具とか箪笥とか扁額とか陶器の酒樽とか、すんごく年季が入った調度品があちらこちらにある。ここまで古いものが多いのはヨコスカではあまり見たことないなあ。
カウンターとテーブルが大小2卓ほど。でもどちらのテーブルも坐れるのは2人ほど。
定員7~8人のお店。いいねえ。

黒ホッピーを2杯と、ししゃもと冷奴。
お通しは青じその天ぷら。あとプチトマトとちくわ。
冷奴にもししゃもにも青じそが添えられてる。
「しそばっかりになっちゃったけど、嫌いではないかしら?」
いえいえ。好きですよ~。
自家栽培かな。 香りが鮮烈。
かごに入ってるピーマンやナスもつやつやしてる。

テレビの選挙速報を眺めながらまったり。
おかあさん、なんとなく春風亭柳昇師匠に似てる。(失礼)
おっとりとやさしくて。 
あぁ、いい時間が過ごせました。

帰ってから、そばを茹でて(山形の)だしと納豆をグリグリ混ぜたのをぶっかけて食べる。
f0160346_8181375.jpg

ねばねば~。 ずるずる~。 うまぁい。
[PR]
by hey_leroy | 2013-07-21 23:49 | スカ呑みスカ喰い | Comments(0)

ニシオギで。

Sweet S.M. Show @ w.jaz (西荻窪)
f0160346_23551687.jpg

S.M.はソウル・ミュージックの略なり。為念。
西荻窪にあるFunk系のセッションがウリのライブバー、w.jaz(だぶじゃず)。
ここの当代店主チミチオさんと先代店主mojoさん主宰のアゲアゲなライブ・ショー。
12回目を数える今回は、mojoさんが東京を離れるとのことで、送別ライブでもあり。
f0160346_23541016.jpg

モスグリーンを基調としたシックな空間に生まれ変わったw.jaz。
旧知のチミチオさんが店主になって3週間。初めてきました。

今回も本番前にサラッとリハをしていきなりライブに突入するというパターン。
とてもそういう曲たちではないんですけど・・・まあ、ハプニングもお楽しみということで。

ライブは2部構成。今回もたくさんのお客様に恵まれ、アツく盛り上がりました。
往年のR&B、ガッツリFUNK、そしてSweet Soul。。。あ、Rockもやったね~。
チミチオさんとmojoさんの絶妙なSam & Dave、またいつか聴ける機会を楽しみに。
紅一点の都乃チャンもあいかわらず聞き惚れる歌声でした。

mojoさん、おつかれさまでした!
このバンドのときにしかお店にはこれなかったけど、お世話になりました。
f0160346_0173382.jpg

photo by コバケンさん


アンコールが終わると、自分がヨコスカに帰れる最終電車まであと15分ぐらい。
記念撮影もそこそこにダッシュで飛び乗る。
このパターンも毎回繰り返してるなぁ。自業自得なのだけど。
乗り継ぎもタイトなので横須賀につくまで缶ビールも呑めず。
明日は仕事だけど、思わず近所のbarに吸い込まれる。
生ビールとギムレットのオン・ザ・ロックを流し込んで、帰宅は午前2時。


YMCλ presents 【 Sweet S.M. Show vol.12 】
山内 "mojo" 博文 (g,vo)、竹内 "ちみちお" 道郎 (vo,g)、大久保 "盆帆与四" 治信 (kb)
with 鈴木浩 (ds) 、沼倉尚由 (b) ・・・1st set
小林たかし (ds) 、福成優 (b)・・・2nd set
大山秀樹 (tp) 、小林健 (as) 、guinn (ts)
guest : 都乃 (vo)
[PR]
by hey_leroy | 2013-07-20 23:59 | live , event | Comments(0)

one for the road

先週、フジサワのsausalitoで写真家のNさんに久々に会った時、「知り合いが写真展やるんだよ」とカードを手渡された。

f0160346_14293120.jpg


" ONE FOR THE ROAD "
DOBUITA STREET , YOKOSUKA
Summer1972 ~ Spring1975

写真家・藤田亮さんが1970年代半ばの横須賀・ドブ板通りあたりを撮ったものの展示らしい。

う~む。なにやら良さげだこと。
偶然ながら、教えてもらってラッキーだった。
藤田さんとは面識はないけれど、ぜひとも観に行きたいな。

7/31から8/5まで。
関内駅の真ん前にあるという「横濱みなと町ギャラリー」にて。HP → link

さて。この写真展のタイトルと同名のbarがヨコスカ・米が浜にありまして。
せっかくだから・・・と、カードを渡しがてら、ちょいと久しぶりに呑みにいく。
なんだかんだ理由をこさえては、呑むのです。
ハイボールと、フルーティな生のベルギービールを。

ここ数日の蒸し暑さも小休止。
開け放たれたドアから涼しい風が入ってくる。

こういうことをくり返すから、治るはずのカゼも一向に良くならないのでR。
[PR]
by hey_leroy | 2013-07-16 23:59 | days | Comments(0)

月島草市

日曜だけれど、世間では三連休のナカビだけれど、出勤だす。
夕方、都心部はゲリラ的な豪雨。
どっしゃんどっしゃんと景気良く降りまくっておりましたなぁ。
ゲリラというには、けっこう長く降ってたような。
帰りが心配・・・と思ってたら、終業数分前にスッと上がった。

そうだ、昨日と今日は月島の草市だった。
ひさしぶりにいってみようか。
ということで、雨上がりの築地を出て、勝どき橋を渡って、月島西仲通りへ。
f0160346_2351150.jpg

通称もんじゃ通りの両端にはびっしり出店が。
浴衣姿の兄さん姉さん、たくさんの子供たち。 すんごい賑わい。
かきわけかきわけ目指すのは、いきつけの「立って呑む」酒場の臨時店舗。
ご実家の酒屋さん(の仮店舗)の前で、生ビールにサワーほかを販売中。
地元のお仲間、すでに多数集結中。
生ビールにレモンサワー、シェリーボールなどいただく。
谷中生姜やとうもろこしなどのお裾分けもありがたく頂戴する。

ひと雨きたあとで、すごしやすい気温になった。
見上げれば、月が。

佃島の昔からの念仏踊りに行こうかと思うも、20時過ぎに辞去。

ヨコスカでbarを2軒ほどまわって帰宅。
[PR]
by hey_leroy | 2013-07-14 23:59 | days | Comments(0)

文月閑話

朝10時すぎ。ジリジリと容赦なく照りつける陽射しを浴びながら横須賀中央へ。散髪して証明写真を撮って警察署へ行ったら、運転免許更新の受付がちょうど一時間半の休憩に入ったところだった。ショボ~ン。しばし逡巡ののち、免許更新は次の機会ということに。こう暑くてはビールの一杯でも流し込まなくては・・・その前に参院選の期日前投票を済ませて、と。

毎度おなじみ、酒屋併設の立呑みスペースは今日も元気な大先輩方でにぎわっている。ハンチングに開襟シャツ・・・横須賀版ブエナビスタ・ソシアル・クラブかここは。ハイッピーなんて珍しいものを試してみる。レモン風味のビアテイスト飲料。焼酎を割って呑みます。ホッピーより甘め・・・次回はないかも・・・。 ということでスイッチオン。「ぎ○じ」では瓶ビールと燗酒をカンパチ刺、アサリのバター焼で。ここでは夏でも燗酒なのです。テレビでは相撲中継。無風でまとわりつくような暑さなので、さすがに窓は閉じられ冷房が入っている。酔い覚ましにジャズがかかるコーヒーハウスで顔見知りのスタッフさんと駄弁りながらクールダウンしつつ、夜には藤沢へ。sausalitoで先日のライブ映像をみんなでワイワイ見ながらビールやワインをグビり。酔い感じになってヨコスカへの帰還をあきらめ、タクシーで鎌倉の実家に。けっこう長い一日であったのことよ。

そして夏カゼはなかなか抜けてくれない。

週末は三崎・海南神社のお祭りだとか久里浜の花火大会とか盛りだくさんなのだけど、いけそうにないなぁ。今日休んだ分、日曜はお仕事。この先のライブもいくつか決まってきました。詳細は後日あらためて。
[PR]
by hey_leroy | 2013-07-12 23:59 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)