<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

文月晦日

f0160346_7585677.jpg

20年以上も気になってはいたけど入る機会にめぐまれなかったフジサワの老舗焼鳥屋。
オヤジが偏屈だとか、注文の仕方に厳密なルールがあるとか、噂は耳にしていたのだけど。

初めに大将の口上をしかと聞けば、取って食われることもなし。
名物満州焼、ししとう、皮、ナンコツ、レバ、シロ。
ネタごとに吟味された仕込み、味付け。
50度の樽焼酎は効きました。

また暖簾を潜ることになりそう。
[PR]
by hey_leroy | 2014-07-31 23:58 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

青唐辛子の醤油漬け

何の気なしに買った生の青唐辛子。
はて、どうしましょ。
f0160346_11322681.jpg

醤油漬けにしました。
青唐辛子は小口切り。粗みじんに切ったミョウガも一緒に保存容器にいれて、醤油ひたひた。
3日ぐらいしたら使いごろかな?
やっこさんにのせたり、調理料がわりにしたり。
夏バテ予防にもよろしかろう。

残りの唐辛子は・・・味噌に練りこんでもいいし、ナンプラーに漬けてもよさげ。
むかし試したブータン料理の「エマダツィ」もどき、久々につくってみようかな。

そういえば、今年は黒らっきょう(黒糖と酢で漬ける)やらなかったな。
[PR]
by hey_leroy | 2014-07-25 23:50 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

文月閑話

19時過ぎ。実家で呆けていたら遠くで響くドンパン音。
缶ビール1本にぎりしめて鎌倉高校前の砂浜へ。
昨日の鎌倉に続き、今日は葉山の花火大会。
風情を感じる距離。
空では雷雲チカチカ。
[PR]
by hey_leroy | 2014-07-24 20:31 | days | Comments(0)

鎌倉花火

※花火の画像はありません。あしからず。

f0160346_17385580.jpg

今年も来れた。鎌倉花火大会。第66回目だそうで。
見物場所は例年通り、長谷から少し江ノ島方面に歩いた防波堤の上。
何もさえぎるものがない状態で楽しめます。
ビールやコップ酒など仕込んで。
枝豆、とうもろこし、唐揚げ、玉子焼などの定番つまみも少しづつ。
何よりの肴は、小6の甥っ子。
f0160346_17393179.jpg

ずっと近くで暮らしていながら、目の前での鎌倉花火は初めてとのこと。

日が暮れた19時20分からの1時間。
約2500発と規模はそれほどでもないけど、風情がある花火大会。
地上も空中もほどよく風が吹いていて、匠の打上花火も名物の水中花火もくっきり。
・・・去年は無風で煙が停滞したのでちょいと残念だった。
ただ、地形上どうしても打ち上げの際の煙はメイン会場の由比ガ浜方面に流れていくわけで。
なので、毎年そのあたりを避けて長谷近辺で見てます。
こことて人出が少ない、とはいえないけれど。
やかましいアナウンスや音楽も緩和されて、ゆるりと満喫できます。おすすめ。
あ、トイレが少ないのが難点かな。
長蛇の列のコンビニや仮設トイレに並ぶよりは、少し距離はあるけど江ノ電の極楽寺駅のトイレに向かったほうが早かったりします。ガラガラ。

枝垂れ花火が似合う鎌倉。
甥っ子も楽しんだようだし、たっぷり喋れたし、ヨカッタヨカッタ。
帰りは人ごみの中、30分ほど歩いて実家へ。
[PR]
by hey_leroy | 2014-07-23 23:59 | days | Comments(0)

肴と書いてアテと読む

f0160346_22472699.jpg


『肴(あて)のある旅 神戸居酒屋巡回記』 中村よお (2006年 創元社)

神戸で生まれ育ち、今も暮らしている著者(1953年生まれ)による地元呑みにまつわる話。
古い店、新しい店、知られてる店、隠れ家的な店。
そこで出される肴。 そこを切り盛りする人たち。
いわゆる酒場ガイドとは異なる。

少年、青年期から現在まで、いろいろな場面で一人舐めたり、人と酌み交わした酒。
執筆業のほか、シンガーソングライターとしても活動し、70年代以降の関西フォーク~SSW界の生き字引でもある著者ならでのエピソードも楽しい。

そして、呑む側・呑ませる側の双方を大きく呑み込んでしまった1995年の阪神・淡路大震災。
大きなダメージを受けつつも店の再建に尽力する店主たちのバイタリティーにうたれる。

著者の個人的な体験や思い出が綴られているのだけど、独りよがりだったり押しが強かったりということがなく、淡々としていながら読んでいてグイっと引き込まれていく文章。

もちろん関西の酒場ならではの旨そうな肴(アテ)の記述にも惹かれる。

きずし、小いもの煮つけ、ふぐ皮ポン酢、関東煮(かんとだき)、焼いかなご、ハモの子の卵とじ、
どてやき、かぶらと菜っ葉の炊いたん、とろろ昆布がのった湯豆腐、串カツ、タコ煮・・・。

さらりと書かれた品名を眺めているだけで気分が豊かになってくるような。
いつかふらりと訪ねて、カウンターの隅っこでひっそりと、でもたっぷりと堪能してみたい。
[PR]
by hey_leroy | 2014-07-19 22:46 | books | Comments(0)

朝餉の供

暑い時期を迎えると、食卓には「刻み野菜」が欠かせない。
きゅうり、茄子、ミョウガ、大葉などを微塵切りにしたものを常備。
もともとは山形の「だし」のつもりだったけど、オクラとかガゴメ昆布とかの粘りがでるものを省いちゃうことが多いので、刻み野菜としている。  まぁどうでもよい話です。

そのままご飯にかけたり、納豆に混ぜたり、冷奴にのせたり。
朝食にはこれと味噌汁があれば、ほかのおかずはなくともご飯がすすむ。
食欲が落ち気味な夏場ものりきれそうで、ここ数年つづいてます。

で、今シーズンは、この刻み野菜にプラスしているアイテムが。
f0160346_1739087.jpg

桃屋 「さあさあ生七味とうがらし  山椒はピリリ結構なお味」。
「辛そうで辛くない少し辛いラー油」 につづけと、さらに商品名を長くしたようで。
二匹目の泥鰌がいたのかどうかはさておき、これを刻み野菜に混ぜると、さらにご飯がススムくん。

「生七味」というけれど、唐辛子の辛味はさほど感じず、全体が山椒フレーバーで覆われています。
結構主張が激しいので、自分は少量でOK。
釜揚げしらすをかけたご飯に混ぜても美味しいし、そうめんのつゆに入れても引き立ちます。

原材料表示のトップには「なたね油」とあるけれど、食べるラー油ほどカロリーも高くないようで。


こうなると、生七味の元祖といわれる福岡・久原本家のもゼヒ味わってみたいなぁ・・・。
[PR]
by hey_leroy | 2014-07-13 23:38 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

亜土ちゃん



このところ結構な頻度で流れているヤクルトジョアのCM。
やっぱり水森亜土ちゃんのキュートなヴォーカルが耳に残る。
和製ブロッサム・ディアリーなんて言われることもあるけど・・・ちょっと違う?



ひみつのアッコちゃんの「スキスキソング」が1969年。
な、なんと45年前・・・。
今の歌声との変わらなさ加減がスゴスギル~。
[PR]
by hey_leroy | 2014-07-10 23:27 | | Comments(0)

sausalito 20th anniv.

f0160346_12574737.jpg


宵の口、藤沢へ。sausalito、20周年おめでとうございます。
先週末の記念パーティ&サプライズパーティに顔をだせなかったので、今日ふらりと。
ビールにワインにラムのカクテル、ティ・ポンシュ。
アナログレコードのBGM。
マスターのジョージさんやカウンターに居合わせたお客さんとのおしゃべり。
ちょっとご無沙汰していたけれど、かわらない時間。
・・・実際は、かわらないようでいて常に進化・深化しつづけている場なのだけど。

藤沢の駅近くの雑居ビルの2階。
閉ざされたドア。中の様子はうかがい知れない。
少しだけ漏れ聞こえてくる音楽や喋り声。
入ろうか、どうしようか・・・。

僕がそのドアを初めて開けたのは15年前。
1999年6月19日、土曜の夜でした(古い手帳に記してあった)。
道路に出ていたシンプルでジャズィな看板が前から気になっていて。
この日、意を決して店に入ると、カウンターには何人かの常連らしきお客さん。
ドキドキをさとられないようにスーっと一番奥の席についたのを憶えています。
あとは、その日下北沢の中古レコード屋で買って持っていた2枚のレコード。
ホーギー・カーマイケルとエディ・パルミエリ。
その場で聞かせてもらったりして、話が弾むきっかけになったのでした。

それからは、ジョージさんが当時力を入れていた地元でのクラブジャズイベント"so phat!"を教えてもらったり、さらに"feelin' good"や”klein blue”などでは自分もレコードをかける側になったり。たくさんの仲間と知り合って、どんどんひろがって・・・。ここ数年はライブイベントも増えたりでさらに楽しいことになっているフジサワ界隈。

sausalitoの扉を開けていなかったら、自分の暮らし方はずいぶん別のものになっていたんだろうな。

ということで、書きたいことはたくさんあるけれど・・・21年目以降も、お世話になります!
[PR]
by hey_leroy | 2014-07-08 23:56 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

ひさびさにスカのお気に入り酒場へ

一日で回ったわけではないけども。。。

f0160346_12114622.jpg

平日の夕方、2時間半のみ味わえる愉悦。
かぼちゃの煮付けと塩らっきょう。ホッピーとコップ酒。
おばちゃん、おかわりなく。

  * * *
f0160346_12151148.jpg

小アジ唐揚げ(お酢かけ)と豆腐ステーキ。
f0160346_12154697.jpg

ひさびさの純正三冷ホッピー。このあと黒も。

* * *
f0160346_12185751.jpg

地元なのに時間が合わず10ヶ月近くのご無沙汰になっちゃった。
f0160346_12192020.jpg

喜寿を超えたおばちゃまが一人で炭火で焼いてくれる。大好きな店。

* * *
f0160346_12241893.jpg

近所の場末にこんな店を見つけたけど入る勇気はありませんでした。
f0160346_1336699.jpg

午後1時から8時までの営業、カラオケはないみたいだけど・・・。  謎。
[PR]
by hey_leroy | 2014-07-03 23:31 | スカ呑みスカ喰い | Comments(0)