<   2015年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

夏越大祓

仕事がちょっぴり早く終わったので、夕刻、鎌倉へ。
今日は6月30日。水無月晦日。
ことし上半期の罪や穢れを祓い、これからの無病息災を祈る神事「夏越の大祓え(なごしのおおはらえ)」の日。
今までは築地の波除神社や横須賀・大津の諏訪神社に行ってたけど、初めて鶴岡八幡宮の茅の輪をくぐりに行ってみる。

f0160346_18585626.jpg

七夕飾りが。 そうか、もう七月になるのか・・・。

f0160346_18592026.jpg

神楽殿の前に茅の輪が設置されている。
くわしい説明書きはないけれど、こちとら勝手知ったる?茅の輪くぐり。

茅の輪の前で一礼→左足からまたいで左へ回り→一礼→右足からまたいで右へ回り→
一礼→もいちど左足からまたいで左へ回り→一礼→左足からまたいで本殿にお参り

「水無月の 夏越の祓え する人は 千歳の命 延ぶというなり」 なんて文句を口ずさみつつ。

f0160346_1951462.jpg

本殿前。 家族や友人、そして愛すべきいくつかのおばあちゃん酒場の息災を祈る。

f0160346_1953613.jpg

さて、任務は完了!
いざ、さらなるお清めの旅へ!
・・・日本酒から始まり、じゅうぶんに清められました。
下半期へ向けて、あらたなケガレをまとったともいえる・・・。
翌日が激務なので、ほどほどにいたしましたが。


f0160346_197131.jpg

あ、”夏越祓といえば”な和菓子「水無月」もちゃんといただきました。
ういろう生地の上に小豆がのっている。
暑気払いの氷のかけらをあらわした三角形に、悪魔払いの意味を持つ小豆。
素朴なおいしさ。
京都ではポピュラーなお菓子のようだけど、関東ではあまり見ません。

f0160346_1983261.jpg

小町通りを入ってすぐにある老舗の長嶋家さんにて。
切山椒、粟大福、麸饅頭などが有名みたい。紫陽花がモチーフの商品も。
店内ではかき氷もいただけます。
[PR]
by hey_leroy | 2015-06-30 22:46 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

唄めぐり

f0160346_20373797.jpg



『唄めぐり』   石田千  (新潮社 2015年)

いい仕事をされてるなぁ。

石田千さんは、最初の単行本から10余年、読み続けている作家さん。
ほぼ随筆。小説も数作有り。
その文章は、穏やかで、芯があって、澄んでいる。

今回の本は、日本各地をたずねて、その地の民謡を取材したもの。
芸術新潮に連載されていた。
もともとラジオの民謡番組に親しんでいたという石田さん。

北海道から沖縄まで、25の地域の唄と、ひと。
唄にまつわる場所、人をめぐり、自分も唄ったり、踊りの輪に入ったり。
そしてお酒もいただいたり。

羅列好きだから、並べちゃお。

秋田米とぎ唄(秋田)、こんぴら船々(香川)、ダンチョネ節・三崎甚句(神奈川)、
安里屋ゆんた(沖縄)、南部俵づみ唄(青森)、木曽節(長野)、佐渡おけさ(新潟)、
こきりこ(富山)、三味線餅つき(徳島)、刈干切り唄(宮崎)、げいび追分(盛岡)、
草津節・草津湯もみ唄(群馬)、牛深ハイヤ節(熊本)、大漁唄い込み(宮城)、
壬生花田植唄(広島)、安来節(島根)、綾はぶら節・今ぬ風雲節(鹿児島)、
河内音頭(大阪)、ヤイサマネナ・江差追分(北海道)、
筑前今様「呑み取り槍」・黒田節(福岡)、伊勢音頭(三重)、
最上川舟唄・酒田甚句(山形)、会津磐梯山(福島)、丸の内音頭・東京音頭(東京)、
あまちゃん音頭・新生相馬盆唄(福島)

農業、漁業、林業、酒造、海運や川下り・・・仕事の労苦と喜び。
神様への感謝。 自然への畏怖。 
祭り。日常の営み。 
生活は唄と密接だった。

そして、唄も旅をする。
人とともに旅をして、流れつき、種をおとし、花を咲かせる。

消え去ろうとしていたり、バラバラになってしまいそうな唄をまとめあげた先人たち。
ただ唄い継がれてきたというものではなく、それぞれに、なんとか遺すための尽力があった。

プロの歌い手さん(お師匠さん)も何人か登場するけれど、ほとんどは地元で仕事や家事の傍ら唄い継いでいる人たち。保存会だったり、高校の活動だったり。

読みながら、ときおりyou tubeで唄を検索して聞いてみたり。

旅に出たくなる。 当然のことながら。

挿入されている写真は、石井孝典氏による。いしいしんじ氏の実弟。
いしいさんのweb日記で名前はよく目にしていた。 
腰を据えて唄っている方々の姿、すばらしい。
[PR]
by hey_leroy | 2015-06-28 22:15 | books | Comments(0)

植草甚一 レトロスペクティブ ・・・ちょっとシモキタ

f0160346_20413620.jpg


いかにも梅雨、な雨降りの午後。
首都圏は、ことしはあまり降っていないので、季節を感じるといえば感じる。
そんななか、世田谷、芦花公園へ。
世田谷文学館の開館20周年企画 『植草甚一スクラップ・ブック』 展を見に行く。

展示は、2007年の同館での 『マイ・フェイバリット・シングス』 展にくらべて、地味に感じるのは否めない。ポップ加減が抑えられているというか、コラージュや私物コレクションなどが減って、その分自筆原稿が充実していた。 文筆家・植草甚一にスポットを当てたものと言えるかもしれない。植草さんの字体、好きなので、じっくり見て回った。

で。

ひさびさの世田谷、ということで、下北沢へちょっくら。
ずいぶん街は様変わりしているので、ぼくは気を落ち着かせるために、あまり変わっていない井の頭線の西口改札から出るようにしている。

f0160346_2183641.jpg

一番街の中ほどにあるもつ焼き屋さんへ。
銭湯にへばりつくようにある小さな店だったけど、風呂屋は数年前に廃業し服屋になっとる。
ひとっ風呂浴びてここでビール、というのが至福だった・・・といっても、平日のみ営業で夜20時過ぎには売り切って閉店、というなかなか高いハードルの店で。

今日は17時の開店後しばらくして入る。
寡黙な主人。BGMなし。先客はソロ客ばかり。静かな店内。これがいい。

f0160346_2110164.jpg

瓶ビール、焼酎(レモン入り)、もつ焼き(しろ、れば、がつ)、煮込み。

早い時間に来る常連は、さくっと呑んでつまんで20~30分で席を立つ。
自分もそんな感じ。
ここに腰を据えて焼酎をかさねると、後で酔いに足をとられることになる。


じゃ、もう一軒だけ・・・。 (誰にいいわけしてるのやら)

f0160346_2121245.jpg

本多劇場近くの博多焼きとりのお店。
二軒あるけど、陣〇鼓じゃないほう。
大将とおかあさんの顔をみに。そして、うまい串焼きを頬張りに。

f0160346_21234730.jpg

ニラをちょいと巻いたつくねがンマイのよねぇ。
ここは一人前3本のメニューが多いから、本当は何人かでくるべきお店なのだけど。
でも、ソロでもきちゃうんだなぁ。


あ、梅雨時の文学館の話のつもりが、すっかりいつもの呑みネタに・・・。

調子が上がってさらなるハシゴ酒となる前に帰りましたとさ。
[PR]
by hey_leroy | 2015-06-26 22:40 | art | Comments(0)

夏至

明日から、また日が短くなっていくんだねぇ。

正月よりも、誕生日よりも、夏至と冬至のくりかえしに時の経つことへの感慨をおぼえてしまうのは、加齢のなせる技でしょうか。

f0160346_19223372.jpg


だからってわけでもないけど、グビグビといっちゃいましたよ。ええ。

f0160346_22521174.jpg


ええ、ええ。
[PR]
by hey_leroy | 2015-06-22 23:13 | days | Comments(0)

オオフナ~フジサワ

仕事を終えて、湘南モノレールで富士見町へ。

f0160346_10133527.jpg

JR大船工場の引込み線の廃線跡。

f0160346_10155257.jpg

たまに禁断症状が出る、博多やきとりの店へ。
以前は藤沢にあったのが数年前に移転した。
大船からも富士見町からもちょっと歩く。
豚バラ、鳥皮、玉ねぎ、柳葉魚・・・食べるのは大抵同じもの。
移転してから、せせりやぼんじり、トマト巻やえのき巻など数品が増えた。
前回初めて食べた軟骨がウマイ。これは以前から品書きにあった。
肉がついた軟骨部分を叩いてつくね状にしてある。
これを知らずに20年以上通っていたとは・・・。あ、豚足も未食だ、そういえば。
痩身で飄々とした大将も、優しいママさんも、かわらないねぇ。

せっかく大船に近いからということで、少し前にオープンしたお店へ。
駅前の商店街や路地の雰囲気。たまらん。
中途半端に古い建物が多く、漂う場末感。

f0160346_10241455.jpg

鎌倉で人気の古本立呑みの、大船店。
こちらは界隈のサラリーマンにシフトしてか、炭火焼鳥がメイン。
さすがに焼き鳥はもう・・・ということで、"渾身のポテサラ"とレモンサワーをいただく。
面白くてクセのある人たちが集まる酒場になっていくといいなぁ。
・・・って、ぼくはそれほど鎌倉店にも馴染んでいるわけではないのだけれど。

界隈をぶらぶら歩いて、ライブハウス「ハニービー」の前へ。

f0160346_10563260.jpg

あ、知ってるバンドがライブだ。
酒の勢いもあって、ふらりと3階へと。

藤沢近辺を中心に活動する和製ブラジリアン(?)バンド。
あ、ベースはSKさんでなないか。今日はトラで入ってるらしい。

f0160346_1040283.jpg

心地よく、耳に馴染むサウンド。 リズムもきまってる。
客席には、なぜかヨコスカ飲食業界の顔役的先輩の姿があったりで(たまたま来たらしいけど)、ちょっと緊張したりしつつ、1stステージを楽しんで、楽屋にあいさつして、辞去。

イキオイで、ひさしぶりに藤沢へ。
"隠れ処"でスルメイカの刺身と黒糖焼酎。
レコードがかかるミュージックバーでワイン。
どちらでも、居合わせた友人たちやマスターと駄弁りつつ。

それでも、23時前には帰宅。
[PR]
by hey_leroy | 2015-06-20 23:59 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

水無月閑話

f0160346_8333918.jpg

水無月某日。 ご近所の紫陽花群生地、ふたたび。

f0160346_8341483.jpg

ご近所の犬さん。

f0160346_8345826.jpg

呑みやさんをホッピングするより、近所に行きつけの喫茶店がひとつある方が、暮らしに潤いがもたらされるのではないか・・・と思ってしまう二日酔いの朝です。なぁんて。ここはカマクラ御成通りの駅近くの路地を入ったところにある立ち飲みのコーヒーやさん。たっぷり注いでくれるのがうれしい。濃い目でおねがいできるのもうれしい。出がけに「いってらっしゃい。よい一日を」と声をかけてくれるのが、うれしく、ちょっとこそばゆい。



で、昼間はまぁいろいろあって。

f0160346_838550.jpg

こんなところ(小町裏)で、

f0160346_8384778.jpg

こんなふうになるわけです。
駅前の書店で偶然みつけた、地元に暮らした歌人の写真集。すごくよい。
このことは、またいずれ。

f0160346_8505492.jpg

農協レンバイとなりの名物焼き鳥や。 なんと初訪。
店の前の立ち食いテーブル、そうとうナナメってる。
今度来るときは店の中で食べよう。 

f0160346_8545011.jpg

結局、日々成長することなく、くり返されるのです。

二日酔いといえば。さいきん、角田光代さんのエッセイで「理想の二日酔い飯とは?」というのを読んだ。味噌汁、かけそばなどのあっさり派、ラーメン、カレーなどのこってり派。角田氏はみずから「こってり派の最たるもの」だという。カツ丼、カレー、激辛ラーメンが三大二日酔い飯だとか。自分も、角田さんに近いなぁ。普段辛党ではないけど、酒が残っているときは欲しくなる。汗をかいてアルコール分を排出しようという・・・。三軒茶屋に昔あった、黒くて具がないルーがかかった辛口カツカレー。下北沢・新雪園の赤いスープの北京風チャンポン。築地の中華屋さんの麻婆豆腐麺。酒で肝臓をいじめた翌日に胃腸までいじめて、急に胃が痙攣したり血ィ吐いたりするんぢゃないかとビビリながら食べるスリル。バカですな。そういや、最近そういうことはあまりなくなったなぁ。今はもう食えないかなぁ。二日酔いには番茶に梅干し入れてつぶして・・・とかになるのだろうか。というか、二日酔いになるほど呑む、というのは皆無にはならないのだろうか。
[PR]
by hey_leroy | 2015-06-18 23:59 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

All Begun in Kamakura pt.1

水無月某日。
f0160346_2141297.jpg


鶴岡八幡宮境内にある、神奈川県立近代美術館へ。

企画展 『鎌倉からはじまった。』 のPart 1、「近代美術館のこれから」をみる。
1951年に開館した鎌倉館が来年3月で閉館となる。
そこで、今までの展示活動を3期に分けて振りかえる企画。
Part 1は1985~2016年。

f0160346_2122619.jpg


f0160346_2155067.jpg


f0160346_216505.jpg


西脇順三郎、池田満寿夫、屋外常設のイサム・ノグチほか。
pt.2、3と順に時代を遡っていく展示のようです。

f0160346_2183919.jpg

北鎌倉方面に歩いて10分弱のところにある別館の日本画の展示もよかったなぁ。
(別館と葉山館は今後も存続します)

f0160346_2191488.jpg

紫陽花の季節です。

f0160346_2110166.jpg


pt.1とpt.2を観るとpt.3は無料になるというカードもらえます。(pt.1は6/21まで)
次回は喫茶室に入ろう。

建物の老朽化が著しく、八幡宮境内は史跡にそぐうもの以外の現状変更は認められないことから美術館として改修することも困難なのだとか。よって、八幡宮との借地契約満了とともに閉館となるのだそうです。
・・・って、借地だったのか!

モダンでありながら周りとの調和がとれていて、クールだけどあたたかみあるという。
細部まで愛おしい建物なのです。
ル・コルビュジエに師事した坂倉準三の設計。

どうにか建物だけでも残してほしいものです。

今年1月のこの記事の内容、まだ生きてるのかなぁ。
ほんと、心ばかりだけど、補強工事のためとかの寄付、する準備とか、ありますよ。
[PR]
by hey_leroy | 2015-06-18 20:19 | art | Comments(0)

特製やきそば

昨日、映画を観る前にフジサワで腹ごしらえ。

f0160346_8173687.jpg


ダイヤモンドビルの地下。
いわずもがな、な地元の名店。
ここの中華はフジサワのソウルフード。市民食。
11時の開店後すぐに入ったのだけど、あっという間に席が埋まって、相席状態に。
あいかわらずの人気だわね。
主に買い物途中の主婦や中高年のご夫婦たち。

f0160346_817990.jpg


サンマーメンとかタンメンが人気だけど、自分は特製焼きそばが好きです。
「特製」はいわゆる普通版。「五目焼きそば」は具材たっぷりの豪華版。
蒸し麺を、多めの油で焼き付けるように炒めてある。
硬やきそばとも異なるゴワっとした独特の食感に餡が素敵に絡むのです。

ビイルに合う、あう。
[PR]
by hey_leroy | 2015-06-16 22:16 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

伊勢の森

f0160346_7291770.jpg


横浜でJBの映画を観るつもりで家をでたけれど、
なぜか辻堂で伊勢神宮の森のドキュメンタリーを観ていました。

うみやまあひだ

清々しい。ガツンとくる作品ではないかもだけど、地域ちいきの「森」、「鎮守」の大切さがじんわりと伝わってくる映画だった。お伊勢様の時間のサイクル、森の時間のサイクル。 伊勢神宮には、一昨年、式年遷宮の年にあわただしく立ち寄ったけれど、また機会があったら、ゆっくりじっくりお参りしたい。

御神酒を賜りたい気分になりました。
呑みたいだけです。
[PR]
by hey_leroy | 2015-06-15 23:28 | movie | Comments(0)

音ぐらし

f0160346_22483695.jpg


『いしいしんじの音ぐらし』 (シンコーミュージック 2015年)

小説家いしいしんじの音楽エッセイ。
電子書籍版 『ミュージック・ライフ+』に連載された文章たち。

少年~青年~現在までの音遍歴。
ストーンズ~ディラン~クラッシュ~モダン・ジャズな小中高。
ここ数年のSP盤と蓄音機、クレイジーケンバンドな日々。

そして、愛息ひとひ君の音楽にまみれた成長っぷり。
いしいさんのweb日記を長いこと愛読しているので、いしい家で毎夜かけられている音楽の幅広さ・楽しさにはヤラレっぱなしだ。

その日記でもたびたび触れられている、蓄音機から出てくる音像の魅力。 

「レコード盤をはさんで、過去のある一点の空気のふるえが、版画のように、いまの空気にじかに転写される。エルヴィスやチャーリー・パーカーがそこにいるスタジオの空気が、2010年代の京都の座敷に直結され、過去と現在が、振動のなかでひとつに溶け合う。ノスタルジックな大人の趣味だなんてとんでもない。蓄音機はいってみれば、録音された瞬間をたえず「いま」へつなぐ、タイムマシン、タイムトンネルだったのである。」 (「第一話 タイムマシンに乗ったジョン・レノン」より)

一度は体験してみたいと思う。
いつか蓄音機ライブイベントに参加しようかな。
[PR]
by hey_leroy | 2015-06-14 08:41 | books | Comments(0)