<   2016年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

夏越の大祓


仕事帰り、鶴岡八幡宮へ。


f0160346_23184403.jpg


今日は6月30日。
2016年も半分すぎてしまった。
ことしも来ました。夏越の大祓。


f0160346_23185915.jpg


八幡様は、七夕な感じ。


f0160346_23190833.jpg


「水無月の夏越の祓する人は千歳の命延ぶというなり」
と唱えながら左回り、右回り、左回りと三回くぐって、本殿へ。
築地の波除神社、横須賀の大津諏訪神社、鶴岡八幡宮と、
ここ数年、夏越の祓は恒例となっているので、手順は慣れたもの。



f0160346_23191704.jpg


半年分の穢れを落とせたはず。。。
でも、念には念を入れて、酒場を行脚して、お清めしすぎる。



f0160346_23211997.jpg

小町通り入ってすぐの和菓子屋さんで、
季節のお菓子「水無月」が売り切れだったのが唯一残念だったなぁ。
夏越の祓と和菓子「水無月」はセットなので。。。




[PR]
by hey_leroy | 2016-06-30 23:17 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

毎日が一日だ


いしいしんじと石田千。
新刊が出ると、なにはともあれ読む作家さん。
なぜかといわれても、よくわからない。
それぞれの作品でも波長が合うもの合わないものがあるけど。
読み続けている、ということがちょっとした意地につながってる。
音楽だと、そこまで追っているアーティストは今はいない。
それは熱情の差異というより、本だと図書館で借りられるから。
ということにしておこう。



f0160346_23221326.jpg


『毎日が一日だ』 いしいしんじ (毎日新聞出版 2016年)

2013~2015年、毎日新聞日曜版への連載をまとめたもの。
全105篇。

一人息子「ひとひ」くんの成長のこと。
浅草、三崎、松本、京都・・・かつて住み、今住む街のこと。
レコード、本、蓄音機、お茶、旅のこと。
大切な人との出会い、別れのこと。

いしいさんの心は常にひらいている。
過去、現在、未来。
ひらいているから、いろんな気配を感じ、さまざまな縁をひきよせる。

コップ酒すすりながら読んでいたら、ちょっとしたところで
目頭があつくなったりする。
ずっとweb日記読み続けていているからか、他人事に思えなかったり。
なんだかなあ。


f0160346_23231796.jpg

そうそう。「京都ごはん日記」も借りたんだった。
内容はweb日記でほぼ既読なんだけど、
巻末に、索引や地図がついているのです。
登場するお店や、音盤紹介など、ちょっとステキなサービス。
それ読みたさに。

あぁ、京都、いきたいなぁ。

いや、行こうとはおもってるんだけど、
ストックしとくはずのお金、案の定すっかり呑んじまったなぁ。





[PR]
by hey_leroy | 2016-06-29 23:25 | books | Comments(0)

水無月閑話


仕事帰り。
バスに乗って、カマクラの内陸部から海岸近くまで。
江ノ電通りのスーパーで缶ビール買って、漁港の防波堤へ。

f0160346_09501721.jpg

土曜も日曜もよく働いた。
おつかれおれ。プシュッ。


f0160346_09515113.jpg


気づけば、夏至も過ぎてた。
一週間たつの早い。
・・・と思ったら、あと数日で2016年も折り返しか。


f0160346_09515630.jpg

来月の祭に向けて稽古する、お囃子の音がきこえてくる。

明日はやすみ。
本読もう。 楽器も吹こう。
今日は酒場へゆかずにかえろう。

冷やし中華、はじめたい。




[PR]
by hey_leroy | 2016-06-26 19:51 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

瓜の鉄砲漬は浅漬けにかぎる!かも!


「瓜の鉄砲漬」って、成田名物の醤油漬けのしか食べたことなかったけど、
初めて食べた浅漬けタイプ、すんごく美味しい!

f0160346_05114849.jpg

芯に入ってるのが大葉を巻いた青唐辛子なのは醤油漬けのと同じ。
食感がパリッとしてて、浅漬けならではの塩味がフレッシュで。
爽やかに辛い。当たりの青唐だと、かなり辛い。

カマクラの某酒場にていただきました。
そこにくるお客様の自家製とのこと。
美味しいので、この季節になると頼んで作ってもらうのだとか。
限定メニューというわけですな。

これ、自分でもやってみたい!



[PR]
by hey_leroy | 2016-06-25 23:11 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

そら豆オイル漬


そろそろ潮時だとあなたはいうけど、
そんなの嫌だよ、まだずっと傍にいたい
往生際悪く未練たらたらの末、思いあまって修羅・油地獄・・・


f0160346_00345654.jpg


じきにおしまいのそら豆、オイル漬けにしました。

固ゆでのそらまめ。レモン。鷹の爪。ニンニク。ローズマリー。オリーブオイル。



f0160346_00353569.jpg

塩ゆでの風味にはかなわないけど、旨し。
Shonan Beach Fmの「789ビール」。
スタウトがでてた。おいしい。


f0160346_00360892.jpg

ペペロンチーノ風にも。
日持ちさせるためにオイルに漬けてみたけど、すぐになくなってしまうま。



[PR]
by hey_leroy | 2016-06-24 18:34 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

新しいけどディープ臭プンプンの定食屋さん


カマクラの立ち呑み屋で、スタッフのS君に教えてもらった定食屋。
通勤経路にわりと近いので、いってみた。
夕方6時まえ。
市内郊外の某所。

f0160346_23390189.jpg


定食屋だけど提灯に「酒処」とあるのが心強い(謎)。
入ると、フロアにはかなりご高齢のおじいちゃん。
厨房にはおばさま2人。
店内はL字カウンターと6人掛け位の大きなテーブルひとつ。
ご近所さんとおぼしき1人呑みや食事のお客さん数人。
まずは瓶ビール。400円枝豆付き。
つまみは・・・基本は定食なんだけど、単品でも頼める。
刺身、焼き魚、煮魚、野菜の煮物、フライなどなど。
迷ったけど、野菜炒め。
あと冷奴。



f0160346_23411798.jpg


夕食は家で食べようと思っていたので、というわりには、そこそこガッツリ。
味は良かったです。
ご飯は白米、五穀米、麦飯をえらべたり。
定食はみな700円。単品450円。カレーライスは500円。

良心的です。

おじいちゃん、ちょっと耳が遠そう。
店内はきれい。
老舗ではなくて、じつは去年オープンした新店なのでした。
すごいな~。


f0160346_23414126.jpg


・・・地元密着、ということですな。

実際、「社長さん」と呼ばれてるお客さんが「涙そうそう」をリクエスト。
おじいちゃんがセットしてイントロがはじまったら、厨房のおばちゃんが
「他のお客さんがカラオケはいやだというから、やめて」という展開に。
社長さんは歌えず、でも店内に響くカラオケのトラック。
黙々と定食をかっこむお客さん。
なかなかシュールな光景でした。

再訪はあるかな?

たぶん、あると思います。
いろいろ面白そうなので。。。
ほかにも突っ込みどころはあるのだけど、ここには書けない・・・。


f0160346_23422046.jpg

のどかな場所だなぁ。

お店をおしえてくれたS君、まだ入ったことはないみたいなので、
近々報告にいかなくっちゃ。



[PR]
by hey_leroy | 2016-06-22 23:35 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

からだ と はなす 、 ことば と おどる

f0160346_21473212.jpg


「からだ と はなす , ことば と おどる」  石田千 (白水社 2016年)


エッセイなのだけど、読んでいると詩のようにも思えてくる。
読み手にわかりやすいように、親切に、というのではない文章。
丁寧に紡がれた、でも、パーソナルで感覚的な文章。
行間を感じながら読む。
大きな病気をされたからか、生き死にについてのことが全体をおおっている印象。
ことばと遊んでいるのか。 格闘しているのか。
それはこころからあふれ出てきているものなのか。
技巧という言葉もちょっと頭をよぎる。
すーっとからだに入っていくというより、小骨がひっかかるような、
そんな感じもする。
でも、この作家さんがえらぶ言葉は、ずっと好きなのだ。


[PR]
by hey_leroy | 2016-06-21 21:48 | books | Comments(0)

ヨコハマ~オオフナ・・・


伊勢佐木町でJBのドキュメンタリーをみまして
17時過ぎに、ヨコハマ西口へ。

f0160346_15093040.jpg


駅の脇に奇跡的に残る昭和な横丁・狸小路の豚料理の名店へ。
向かい合って二店舗ある、新店の急な階段を上って、2階へ。


f0160346_15094464.jpg


瓶ビール。尻尾。辣白菜。
こちらのメインメニューは豚の頭、舌、胃、耳、足、尾。
それぞれ醤油ベースの味付けで煮込んである。
尻尾がいちばん好き。
小骨をだしつつ、しゃぶりつく。
コラーゲンたっぷり。複雑な味わい。
このあと、やはり名物の焼酎(ヤカン)は今日は頼まずに、
紹興酒に逃げる。
ごちそうさまでした。


f0160346_15101388.jpg


まだ明るいうちに、大船に。
笠間口の方からぶらぶら。
ジロウさんのバーへ。
レモンサワー呑みながら、駄弁る。
通りの向かいにある酒場がちょっと気になったのできいてみたら、
おすすめとのことで。
じゃあ・・・。


f0160346_15102777.jpg


ここです。今まで気づかなかったなぁ。
あまり通らないせいもあるけど。
入ってみたら、先客なし。(そのあと混んできた)
カウンターにはお盆とグラスがセッティングされてる。
それなりに高級なお店なのかな・・・という感じもするけど、
さっきのお店で安心価格と聞いてきているので、だいじょうぶ。
お店をやっているのは、おばあちゃま。(やったー♪)
娘さんがお手伝い。
カウンターの前は、冷蔵ショーケース。
煮物や焼き鳥などがならんでる。刺身もある。
お酒(高清水)と、女将さんのおすすめで煮物をみつくろってもらう。

f0160346_15105896.jpg


ボリューミー!
お通しはキヌカツギ。
煮物は、卯の花、きんぴら、蓮根、新じゃが、かぼちゃ。
上に乗ってるフキみたいのは、山菜「ミズ」だ!
話にはきいていたけど、初めて食べた。
クセがなくてシャクっとした食感。
卯の花もちょっと濃いめでお酒がすすむ。
これだけでお腹いっぱい。
常連さんたちも話好きな人が多くて、おばあちゃまも優しくて。
また来ることになりそうです。
今度は串モノや魚も食べたいしね。


f0160346_15110890.jpg

ごちそうさまでした。

調子づいて、カマクラで数軒ハシゴ。
本日もへべれけなり。



[PR]
by hey_leroy | 2016-06-20 23:14 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

Mr. Dynamite


本日休日。
横浜・関内へ。

f0160346_14344595.jpg


やってきました、シネマリン。


f0160346_14350392.jpg

みてきました、JBのドキュメンタリー。
月曜はメンズデーで1000円! イエイ!

Mr. Dynamite  ~The Rise of James Brown~ (HP→コチラ)

アーティストや関係者へのインタビューのほか、見たことない映像たっくさん。
若いころのキレッキレの動きに息をのむ。
そして、美談だけではない"正味なハナシ"がたっぷり。
アーティストでありプロデューサーであり、マネージメントも。
孤高。孤独。ワンマン。光と闇。
願わくは爆音環境で見たかったかな。
公民権運動との関わりにも結構時間をさいていたのが印象に残る。

そして、シネマリンでは、モハメド・アリ追悼緊急上映として、
6/25~7/1まで「SOUL POWER ザイール'74」が!
見逃してた方は、ゼヒ! (HP→コチラ


見終わって、ちょうど17時前。
野毛? 伊勢佐木町?
いや、横浜駅の方に行こうかな~。



[PR]
by hey_leroy | 2016-06-20 18:33 | movie | Comments(0)

ヤミ市で民クル&キックスライブ! からの、voices inside

f0160346_13063333.jpg


土曜日。仕事を終えて横浜・白楽駅近くの六角橋商店街へ。
毎年4月から10月まで(8月はお休み)の第3土曜日の夜に、
商店街をあげてフリーマーケットやらライブやら露店やらで
ニギニギしくも猥雑な闇市の雰囲気が味わえるイベントをやってるのです。
数年前にはバンドで出たけど、今日はお客さんとして楽しみにやってきました。


f0160346_13102002.jpg


まずは「民謡クルセイダーズ」!
アフロ・キューバンやブガルーのリズムに乗せて民謡をうなる!
あたらしいけど、なつかしい。
昭和30年代の日本でのラテンブームの頃、この原型のサウンドがあったんだろうな。
先月のシモキタでのライブイベントではじめてご一緒して、楽しくて。
その時はセレクトメンバーだったのだけど、今日はようやくフルメンバーを見れた!


f0160346_13105510.jpg


月を眺めながら「炭坑節」を聞く~
♪月がぁ~でたでたぁ~月がぁ~でた~ あ、ヨイヨイっと!


f0160346_13115781.jpg


道行く人も足をとめて、身体をうごかしてる。
いい雰囲気。
路上の開放的な空気が心地よい。
ビールがすすむ。
なんてったって、露店の生ビール280円だもんね。


f0160346_13121250.jpg


六角橋商店街はいかにも昭和な細い路地にびっしりとお店が並ぶ。
「ドッキリヤミ市」(そういうイベント名なのだ)では、いろんなお店で
弾き語りライブをやったり、惣菜やビールを売ったり、とにかくにぎやか。
人も、すれ違えないぐらいたくさん集まってきている。


f0160346_13123119.jpg


メインステージともいえる「ふれあい広場」では、ムーニーさん!
椎野恭一さん、Speedy菅野さん、アンドウケンジロウさんというステキメンバー!
・・・なのだけど、ほんの一瞬しか聞けず。
さっきの薬局前にもどらなきゃ。


f0160346_13125357.jpg


ザディコ・キックス!
毎年・毎回レギュラー出演しているヤミ市の顔的バンド。
みるのは、ひさしぶり。
彼らとも、もうずいぶん長いおつきあいになりました。
あいかわらず、というか以前にも増して圧倒的な楽しさ。
アメリカ南部の大衆ダンスミュージック・ザディコ。
老若男女楽しめる。
ここに足を運んでもらえれば実感できます!


f0160346_13133005.jpg


この熱気!
"I Got Loaded" にはCount D氏(Los Royal Flames)が飛び入り。
なんというかカオスな状態になっておりました。
浮かれてはしゃいで、ビールグビグビ。



f0160346_13135283.jpg


今シーズン、また見に来ようかな~。
同行してくれた酒友Mさん、ありがとうございました♪

民クルとキックス、この2バンドをいっぺんに見れるなんて。
しかもフリーライブ(投げ銭)で、路上で。
なんてゼイタクなんでしょ。

すっかり満喫して、帰路、フジサワで寄り道。


f0160346_13140596.jpg


フジサワ北口。
おひさしぶりのbar Cane's。


f0160346_13141922.jpg

毎月第3土曜の夜は "Voices inside"。
一度も休むことなく、今宵めでたく100回目!
すんばらしい。
初めのころは僕もレコードをかけさせてもらったり、通っていました。
その後ヨコスカ暮らしになって、レコードとちょっと距離を置くようになって、
カマクラに戻ってはきたけれど、ずいぶん久しぶりになってしまった。
ひたすら、ひたむきに、ブラック・ミュージック。
グルーヴィでディープでスイートでメロウで・・・
あまり長い時間いられなかったけど、たくさんの友達とも久々に会えて良い夜でした。
主宰・futami君、cane'sゲンちゃん、おめでとう。

そして朗報!
8月の第3土曜日18日、
この"voices inside"に、さっき見たザディコ・キックスがやってくる!!
そう。六角橋ヤミ市、8月はお休みなのです。
わーい! 楽しみだな~♪


[PR]
by hey_leroy | 2016-06-18 23:59 | live , event | Comments(0)