<   2016年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

三文役者万歳!


f0160346_08085376.jpg


『 三文役者あなあきい伝  Part 1&2 』  殿山泰司 (ちくま文庫 1995年)

やっぱり殿山泰司の本はキイキイと読ませてくれるわい!

この2冊、自伝というか回想録というか。
Part 1は出生から学校時代、役者修行、出征そして敗戦まで。
Part 2は戦後の役者稼業について。
生まれは1915年(大正4年)。銀座のおでんの老舗、お多幸の倅である。
ちょっと訳ありな生い立ち。銀座の真ん中での子供時代。
ドロップアウト、お女郎買い、酒浸り。。。
築地小劇場での新劇俳優から、映画界(カツドウヤ)へ。
中国への出征、敗戦、捕虜生活。 
弟の戦死。国家への恨み。戦争への恨み。
戦後、川島雄三、新藤兼人、吉村公三郎ら名監督との仕事。
日本映画の興隆期、絶頂期、下降期をすべて経験した役者といえる。
戸籍上の妻子と、実質的な妻子。
糖尿や肝臓の病からの断酒。
愛するジャズやミステリ小説。
・・・1989年(平成元年)73歳で死去。

シャイな東京っ子は、恥ずかしさを隠すように関西弁やら何やらで書きなぐる。
(実際は至極丹念に綺麗に書かれた原稿だったらしい)
自虐的にひとりツッコミし、世間やお上に向かって吠える。
でもさほど尖がった印象はなく、あたたかさがにじみ出ているのだ。
ユーモアとファンキーさ。ジャズ的な、ライブ感に満ちた文章。
1970年代に書かれたものだけど、今読んでも古臭さは微塵もない。
で、今だったら出版が躊躇されるようなキワドサもあって、そこがまた魅力的。

録画してある「裸の島」ほか、いろいろ見てみよう。

それからこんなのも。



殿山泰司、西村晃、小沢昭一。
「タイちゃん」「コウちゃん」「ショウちゃん」と呼び合う仲。
いいねえ。



[PR]
by hey_leroy | 2016-09-29 23:05 | books | Comments(0)

マルディグラでお披露目



f0160346_10271107.jpg


リハーサルだけは長いことやってた新しいバンドのお披露目ライブ。
@自由が丘マルディグラ。

足元の悪いなか、お運びいただいた満場のお客様に感謝です。
ありがとうございました。


f0160346_10282969.jpg


ソウル、ジャズ、カリブ系、ゴスペル、ニューオリンズ・・・
いろんなタイプの楽曲がゴッタ煮みたくなりつつ、その中に何かしらの"芯"を感じてもらえるライブであったなら、とても嬉しいです。



f0160346_10304112.jpg


遠すぎない将来、またこのメンバーで皆様にお目にかかれますように!


で、以下、余計だけれどお約束的な。。。
当日、自分の楽器に思わぬアクシデントがあったりでちょいとテンパったので、サウンドチェックと開場の合間に気付けの一杯を。20分一本勝負。(なにもなくたって呑むくせにねぇ)


f0160346_10314593.jpg

鰻串ひととおりセット(からくり焼、肝焼、カシラ焼、ひれ焼)と、
甲類焼酎を生(き)で。
・・・ライブ前に呑む酒ではない。。。


f0160346_10313773.jpg

自由が丘のオアシス。愛すべきコの字カウンター。



[PR]
by hey_leroy | 2016-09-24 23:59 | live , event | Comments(0)

「呑み鉄」本と「カマクラ」本


ほろ酔いで本屋に入るのはキケンだ。

普段は、気になる本があったらなるべく図書館で借りて読んでみて、よほど気に入ったら買うようにしている。

いつか立ち読みした雑誌で、「好きな本の内容は頭の中に入っているから手元に置いておく必要はない。読みたくなったら図書館もあるし」という、"モノをもたない暮らし"を実践する人の記事を読んだけど、その境地にはなかなかたどりつけないな。

ただ、この先もう読み返すことはないだろうな、という本は積極的に手放すようにしている。「いや、もしかしたらいつか・・・」という未練はつきものだけれど、その「いつか」がくることはほとんどない、ということにもボチボチ気づいている。

レコードはちょっと手放しすぎたかな・・・と思わないでもないけど、案外後悔はないものだ。無ければ無いなりに。

今まで読み、聴いてきた本や音楽の何がしかが自分の中に堆積されていれば良いのだけど(願望)。
あわよくば、堆積されたものが発酵したり発芽したりすれば・・・(さらなる願望)。

何の話だ。

酔っぱらって新刊書店で衝動買いしちゃったってだけのことだ。


f0160346_09171800.jpg


こんなの出てるとは、知らなかったよ.

『 六角精児「呑み鉄」の旅 』 六角精児 (世界文化社 2016年)

BSプレミアムで季節ごとに放映されている「六角精児の呑み鉄本線 日本旅」は今までの5回、すべて録画している。
毎回、缶ビールやワンカップ片手にローカル線に乗って、行く先々で人や美味と出会う。これといってドラマティックな出来事があるわけではないけれど、やらせのないユルさというか、なんともイイ雰囲気なのだ。
で、この本も読んでみたら番組と変わらぬユルさ。問わず語り的に、北海道から九州までの鉄道や温泉、飛び込みで入ったスナックや好物の練り物をはじめとした珍味などの話がだらだらと(失礼)。
自分は、今は鉄道自体への興味はほとんどない。10代前半の頃は関東近郊のローカル線に乗りに行ったりしたこともあるけど。その後音楽などに興味が移って月日が経ち、気がつけばずいぶん多くの路線が廃線となり、急行や夜行列車もほとんどなくなった。
今はただ、缶ビールやワンカップを片手に、ガタゴトと走る列車の座席の人となりたい。車窓風景が素敵だったら、なお上出来である。



f0160346_09180839.jpg


『 鎌倉のんで、たべる 』  赤澤かおり (朝日新聞出版 2016年)

これぞ衝動買い。いつもならこの手の本は書店でパラパラめくっておわりなのに。

思いのほか文章が多くて、いわゆるガイド本ではない「読みもの」ぽく感じたこと。
知ってるお店や、未訪ながら気になっているお店が多く取り上げられていたこと。
写真(撮影:長野陽一)が楽しげなこと。

そんなこんなで、気づいたらレジに持っていってた。

食や旅、ハワイ関係の本の編集や執筆をしている著者の鎌倉食べ飲みある記。
文章は、エッセイの趣。自分の日頃の生活とそのお店とのつながりの話題が多い。
暮らしている町のお店たちだから、親密の度合いもいろいろあるんだろうな。
お店の成り立ちやスタッフの人となりに踏み込んでいる項もあれば、
それほどでもない項もある。それでいいと思う。楽しく読んだ。


そして、この人も永井宏さんの門下生だったのか。。。
2011年に逝去した美術作家。
1990年代初頭に葉山に開いたSunlight Gallereyには、多くのアーティストやその卵、そのほか永井さんに会いたい若者たちが集まった、という。・・・自分はそのへんのことはなぁんにも知らないので。
ただ、鎌倉だけでも、今や老舗カフェのあそこや、ゴハン屋さんのあそこ、古書店のあそこ・・・と、永井さんのワークショップに出入りしていた人たちが営むお店は多い。もちろん店舗を構えての仕事にかぎらず、フォトグラファーやこの本の著者のようにライターの方も。

「誰にでも表現はできる。ぼくたちの暮らしそのものが、ひとつの表現になる」
カフェでもいい。パンでもいい。日用の雑貨でもいい。暮らしと向き合った手の仕事で、自分の居場所を確認していく。そんな生き方を、永井さんは「ネオ・フォークロア」と名付けた。
朝日新聞デジタル「葉山からはじまる」<47> 清野由美 より引用)

鎌倉の文化というものがあるのだとすれば、この人たちはその一端を担っているのだろうな。


[PR]
by hey_leroy | 2016-09-23 11:14 | books | Comments(0)

長月閑話


ここ数日、体調芳しくなく。
疲労感と倦怠感で、帰宅して何もできずベッドに倒れ込む。
2日続けて10時間以上も睡眠とったけど(連続睡眠じゃないけど)、
いまひとつスッキリしない。というかダルダル。
風邪っぽいような。でも発熱はしてない。

こうなりゃ荒療治だとばかり、
昨夜は仕事帰りに腰越の焼鳥やにいって。
地元の先輩方や店主のMちゃんと駄弁りつつ、
濃厚なホッピーとレモンサワー2杯ずつやっつけたら、あら不思議。
今日は調子がずいぶんよろしいこと。
それはそれで、べつの病かもしれんね。

とりあえず、ライブ前最後のリハーサルにいってきます。



[PR]
by hey_leroy | 2016-09-22 18:28 | days | Comments(0)

I've got some brand new T-shirts


先週の疲れがどっと出たようで、空模様と同様になんだか気怠い月曜日。
毎週月曜は仕事は休みだけど、祝日とかさなるとちょっと複雑な気持ち。
・・・と、ハッピーマンデーのたびにココでぼやいてるような。
今日は無為にすごそう。あ、ちょっと楽器練習しよう。
呑み屋には行かないようにしよう。
そうこころがけよう。



f0160346_14152941.jpg


金曜日。カマクラの丸七商店街に復活したKamakulaxの常設店舗で、
Jug Band愛があふれるウォッシュタブ・ベースのTシャツを買って。

土曜日。六角橋商店街のヤミ市イベントでザディコキックスのライブを観て、
彼らの2ndアルバムのジャケット仕様のTシャツを買って。

どちらもアメリカ南部発祥の楽しい音楽。
ケンタッキーからテネシーや東海岸へと広がっていったジャグバンドミュージック。
ルイジアナ南西部中心にずっと地元密着で愛されるザディコ/ケイジャン。

気持ち良い秋、これらを着て、すてきな音楽に身をゆだねたい!

・・・しばらく雨や曇りの日が続きそうだけど。



[PR]
by hey_leroy | 2016-09-19 14:14 | days | Comments(0)

六角橋でザディコキックス♪


土曜日。
仕事の後、横浜・六角橋商店街のヤミ市イベントにザディコキックスを観に。
6月のヤミ市、先月のフジサワ以来、今年3度目。


f0160346_12452573.jpg


自分の今年の夏は、鎌倉海浜公園の野外プール、京都での酒とSP盤の一日、腰越の焼鳥屋、そしてザディコキックスだったような。

六角橋でのキックスは、毎度のことながら、通りすがりの老若男女を巻き込んでの、めくるめくグルーヴのスパイラル。
楽しい! アメリカ南部のダンスミュージック。
理屈もなにも持ち合わせる必要は無し。ただただ楽しめばよろし!
小さい子たちのはしゃぎっぷり、いいオトナたちの弾けっぷり、どちらもサイコー。


f0160346_12453877.jpg

遅ればせながらTシャツもゲットしまして。
今度のライブはこれを着て出よう。

さて。今年度のヤミ市は次回・10月15日でおしまい。来年もぜひ~♪

f0160346_12580137.jpg

あ、そうだ。六角橋にいくまえに、近くの白楽でニュータンタン。
中辛、ニラ入り。
先日、この川崎~横浜界隈のソウルフードといえるタンタンメンを模した冷凍食品が出ていて期待に胸をふくらませて買ったんだけど、食べたら膨らんだ胸がスゥ~っとしぼんでしまって。
ちょっとタンタンメン欲が高まっていたのでした。
やっぱ店のは美味しいや。
ひき肉、卵、唐辛子、クラッシュニンニク。もちっとした太麺。
ジャンク度、高し。 たまに無性に食べたくなる。



[PR]
by hey_leroy | 2016-09-17 23:44 | live , event | Comments(0)

長月閑話


長月某日。
鎌倉某所にて知人のねえさまの引っ越し手伝い。
引越元は、鎌倉特有の低い山の尾根が深く入り込んだ地形、"谷戸"のどんづまり。
引越先は江ノ電の線路をまたいで階段上った一軒家。
つまり、どちらも軽トラを横づけできない場所。
手伝いは40代後半おじさん二人。ひ~~。
やたら多い段ボールを運びまくる。軽トラ満載3往復。思いのほかの激務なり。
いい汗かいた。モノとの付き合い方について考えされられた日(やや大げさ♪)。
夜は裏小町で慰労していただく。
手伝いの相方との連帯感がつよまった一日。
ひどく疲れたけど、酔いがなかなか回っていかない。
で、気が付けば酩酊。
お昼に極楽寺の中華屋で食べたもやしそば、旨かったな。


長月某日。
二の腕、軽く筋肉痛なり。ヨコスカをぶらつく。呑み屋には入らず。
でもカマクラでちょっと。
以前良く呑んでいたぺルノー。
このごろまた口にすることが多くなってきた。


f0160346_12350284.jpg


水割り、ソーダ割、ビール割、オレンジジュース割。。。
なんか、うまいんだな。
夏から秋への変わり目の気分に合うのかな。


長月某日。
ヨコハマでリハーサル。ライブ近し。がんばんべえ。


長月某日。
フジサワ北口の地下道脇にひっそりとある、回っていない回転寿司屋にふらりと。
昭和な雰囲気がなんともいえない。でもお客さんは結構入っている。
ヅケマグロ、アオリイカ、アジ、小肌、ヒラメ、煮帆立、エンガワ、ヤリイカ、
ビンチョウ、ネギトロ、ツブ貝、かんぴょう巻サビ入り。
瓶ビール。高清水2杯。3000円ちょっと。
味云々でなく、とにかく寿司で腹を満たしたいときには良い。
帰路、腰越の焼鳥屋に寄って、ホッピーだけ呑んで帰る。


長月某日。
カマクラの古本屋や新刊書店をめぐりつつ、丸七商店街でTシャツなどもとめつつ、
結局は酒場をホッピング。
途中、小町通りから横丁にちょっと入ったビルの3階に新しくできた酒場を初訪。
おばんざいをアテに日本酒や焼酎が呑める。
15時から開けているのがイイね。


f0160346_12365323.jpg


小アジの南蛮漬けと、ヤングコーンの焦がし醤油をいただく。
内装はバーみたい。ちょっと和の雰囲気もあり。
また来ることがあるかもしれない。



[PR]
by hey_leroy | 2016-09-16 23:44 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

秋のお酒


やれ「まだまだ夏と睦んでいたい」だの、
「秋味系のビイルや秋刀魚はもう少し先延ばしにしたい」だの
いかにも"夏LOVE"なことを書いておきながら、
ふと気づけば、ここ2週間ほど、カマクラの日本酒立呑み酒場では、
「秋酒」やら「ひやおろし」やらをいただいては悦に入ってたわけで。
まったく何をか言わんや、であります。


f0160346_02042804.jpg


それぞれのお酒についてのコメントは差し控えます
(どれも美味しかったとしか憶えてないので)


f0160346_02043630.jpg


でも初孫系の味は好きなんです


f0160346_02044495.jpg


鎌倉駅近のノスタルジックなプチ商店街にあるこの酒場では
旬の日本酒が5勺(半合)で呑めるので
いろいろ試してみたい向きには嬉しいのです


f0160346_02045244.jpg


肴も、刺身や珍味、お惣菜を少量でだしてくれて。


f0160346_02045841.jpg


日参しても懐にやさしい
僕はいつもは週1度か2週に1度のお邪魔だけど
今ぐらいのように季節のお酒が出回るころには
ちょっと頻度が上がります



f0160346_02050569.jpg



夏でもやってるおでんの
だしが染みた豆腐だけをたのんで
ゆるやかに呑むのが好きです



f0160346_02054082.jpg


しかし、日本酒のラベルもずいぶんとモダンになりまして
ネーミングもそうだけれど、隔世の感あり、ですな


f0160346_02054822.jpg


これを書いている今日は若干風邪っぴきでありまして。
ついに秋味系ビイルを呑んでみたけれど美味くない。
良い体調で美味しいお酒を。
なによりの基本です。



[PR]
by hey_leroy | 2016-09-10 23:03 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

包丁余話


好天なり。
本日は仕事は休み。
遊びにも呑みにもでかけず、家でバンドの曲のおさらい。
細かいところまでチェックする。
ある程度本番が近づかないとエンジンがかからない。
ひとりならともかく、仲間とやっているのにこういうことでは良くないのだけど。

すまんです。


さて。そんな合間に。


f0160346_17295602.jpg


『 包丁余話 』  辻嘉一 (中公文庫 1986年)


去年だったか、古本屋で100円で買ってそのままになっていた本。
やっと読めた。こういうのがまだごろごろしてる。。。

懐石「辻留」の二代目主人で、日本料理研究家でもあった辻嘉一(1907~1988)。
本書は、昭和40年代に日経新聞に連載されていた文章を一冊にまとめたもの。

四季折々の味覚についてはもちろん、茶懐石の担当としてかかわった多くの政財界・文学界・美術界・芸の世界の通人たちの思い出が丁寧に綴られている。

茶事なんて、これまでもこれからも自分とは縁遠い世界だけれど、季節のうつりかわりと密につながった文章に触れるのは気持ちがよいものだ。もちろんその道の厳しさもあるのだろうと思いつつ。


京都の大原では前夜遅く露地(茶庭)に水をたっぷり打っておくと、しらじらの夜明けから太陽のあがるまでの間は、草木がしっとりと露を含み、涼風が夏であることさえ忘れさせます。朝茶事のごちそうの第一は、露のひぬまの涼味なりと教えられましたが、早朝の案内で、ごく軽い懐石を差しあげ、お濃茶とお薄茶のもてなしの終わるのが八時ごろ、というのが理想です。(「大原の里」より)


そんな夏とも、いよいよおわかれかなぁ。



[PR]
by hey_leroy | 2016-09-09 19:59 | books | Comments(0)

長月閑話

f0160346_07340360.jpg

予報ほどは荒れなかったこちらの天候。
落雷と一瞬の停電はあったけど。
北の方面は、度重なる豪雨強風で心配です。


しばし、腰越の防波堤にたたずむ。
黒雲と夕焼け。
じつのところは、近所の焼鳥やさんの開店待ち。


f0160346_17300652.jpg


漁港にダットサン・フェアレディ2000。左ハンドル。

焼鳥やでは、ひさびさにシロたれを。
そしてレバとナンコツ。みんな美味い。
ホッピー、ホッピー、レモンサワーで一丁上がり。



[PR]
by hey_leroy | 2016-09-08 23:33 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)