サンフランシスコ・サウンド


今日は梅雨らしい天気だ。
なんだかこのところ雨といえば豪雨が多くて、
こういうシトシトと降りつづく雨音をきいていると少しホッとする。

探し物があってカセットテープ(!)をゴソゴソしていたら、懐かしいのがでてきた。
20数年前のNHK-FM 『クロスオーバーイレブン』をエアチェック(!)したテープ。

平日の夜11時ごろから1時間ほどやっていた帯番組。
たしか週ごとにテーマがあって、しゃべくりはなくって音楽中心の放送だった。
Azymuthが奏でるふくよかなシンセサウンドのテーマ曲が流れて、
渋い声のナレーションが深夜を感じさせた。 僕が聞き始めた頃は横内正さんが
ナレーションで、しばらくして(このテープもそうだけど)津嘉山正種さんになった。
FM東京の『ジェットストリーム』の城達也さんの声とともに思い出される。
選曲的には断然『クロスオーバーイレブン』が好みだったけれど。

で、手元にあるテープのレーベルには 『San Francisco Sound』と書いてある。
このテープ、実は当時かなり愛聴していて、これに入っているアーティストのレコードを
集めたりしたものだった。

選曲されていたのは"tower of power"、"cold blood"、"boz scaggs"、"azteca"、
"malo"、"papa john cleech"、"bodycias DF"、そして"graham central station"。

T.O.P.やG.C.S.は以前から聴いていたけど、ほかのもカッコよくて。
こうズラリと揃った状態で聴くと60年代後期から70年代前期のサンフランシスコという街の
熱さ、ベイエリアの息吹がダイレクトに伝わってくる。
黒人も白人もブルーズもジャズもラテンもロックもすべてがとぐろを巻いているような。
この日以外の放送では、きっとグレートフルデッドやジェファーソンエアプレインやサンタナ、
そしてスライなんかが流れたんだろうな。

「興業主」という言葉が妙にしっくりくるビル・グレアムがやってた"フィルモア"の時代。
映画"フィルモア最後の日"を観に吉祥寺のバウスシアターにいったっけ・・・

とにもかくにも、今の自分に色濃く影響を与えたすばらしい音楽たちであります。

なつかしさついでに。

tower of power at Santa Monica , 1973
黄金期のメンバーでの貴重映像。
レニー・ピケットのクレイジーテナー(途中編集されてて残念)とキワモノ的パフォーマンスが
拝めます。 ひょえ~。
[PR]
# by hey_leroy | 2009-06-21 12:08 | | Comments(0)

ミートパイ


気のせいかもしれないけれど。
街のパンやさん、とくべつ洒落たお店じゃない普通のベーカリーやチェーン店で
前はたいていミートパイってあったと思うんだけど。
ホールタイプのをカットしたのではなくって、1個たべきりのもの。
なんだかこの頃みかけないような。 あるかなあ。
血眼になって探してるわけでも、モーレツに食べたいわけでもないんだけど。
たまに思い出してその辺のパンやさんに入ると、ないんだなぁ。

パイ生地をこぼしながら、ナツメグがきいたパイ種を感じつつ頬張る。
あまり肉々しくない程度のがよろしいような。
でも食べたあとちょっぴりもたれるような。

気がつけば巷のパン屋さんではピザパン的なものが幅をきかせているなぁ。
ミートパイにとってかわったのだろうか。

それともやっぱり気のせいなのだろうか。
[PR]
# by hey_leroy | 2009-06-19 23:24 | 呑んだり喰らったり | Comments(2)

ドナートがくる


大好きなピアニスト、ジョアン・ドナートが来日します。
最近も来てたみたいだけど、ソロライブはなし。

今度もBLUE NOTE TOKYOでのJoyceのライブへのゲスト参加なのだけど。

でもJoyceとのライブは曲良し演奏良し雰囲気も良しなので楽しみ。
そして、以前この組み合わせでの来日のとき、横浜のモーションブルーで
ドナートの単独ライブがあったので、今回も期待してしまう。

9月6日から10日まで。
JOYCE with special guest Joao Donato
at BLUE NOTE TOKYO


ドナート! この笑顔にまた会いたいな~

ジョイス! 

ドナート、ジョイスとは関係ないけど、みつけたので。
エリス・レジーナとトム・ジョビンの"aguas de marco"。 すばらしい。
[PR]
# by hey_leroy | 2009-06-17 22:37 | live , event | Comments(0)

ハチさんbee bee


2、3日前にぐうぜん気づいたのだけど、
家の玄関ドアを出たところの真上にハチの巣ができかけてた。

小さいながらも緻密に作られてる。 じっと観察。
玄関前なんてふだん見上げないからわからなかった。

今朝みてみたら、出入りの働きバチが増えたみたいだ。
スズメバチではないようなので、ちょびっと様子をみようかと思いつつ、
なんかゴキゲンななめのときにドアの開け閉めとかで刺激して攻撃されるのもイヤだし、
ご近所さんもいることだし・・・ということで、駆除。

なるべくハチさんたちがいないタイミングを見計らって、ドアの隙間から
キンチョールをプシュッとやって、傘で巣をはらいおとす。あっけなく完了。

すまねぇなぁ、ハチさんたちョ。もちっと住みよい場所をみつけておくんねぇ。

さて、蜂といえば、ハチミツ。 うん。
藤沢でのいきつけ、sausalitoでチーズをたのむと、ブルーチーズの上に
蜂蜜をひと匙たらしてくれるのがコトのほかけっこうで。 ワインがすすむ。
そういえば、花畑牧場のおかげ?で全国区で有名になったカチョカヴァロ(馬蹄形)チーズも
何年か前にsausalitoではじめて食べたんだっけ。 
ソテーしてとろけた風味が最高だった・・・と思いだすだけで口の中が・・・。

養蜂業界ではミツバチが不足で大変らしい。
ニュースでもたびたび取り上げられてる。
でも、美味しい蜂蜜のため、どうかがんばってほしい。
[PR]
# by hey_leroy | 2009-06-15 23:54 | days | Comments(0)

獅子のアタマ


日曜出勤。・・・というか曜日感覚なくなってきちょる。
電車が空いてて快適ではあるなぁ。

築地近辺はお祭りムード。
場外市場の一角にある波除稲荷神社の「獅子祭」の最終日なのであった。

昼過ぎに会社(7階)から一瞬だけ獅子頭を担いで練ってる姿を見かけた。
ちょびっとウズウズ。

午後、休憩がてら、すぐ近くなのでむかってみる。
f0160346_22221965.jpg

いたいた。 オハグロ獅子頭。
f0160346_22231743.jpg

神社に戻ってきた雌雄の獅子頭。 後ろには見返り画が貼られています。
なんだかヤッターワンとか思い出したり・・・

この獅子頭を担ぐ祭礼も江戸から続く由緒あるものだとか。
今年は築地埋め立て&稲荷神社鎮座350年の記念の年とのこと。
祭りも盛大だったようです。

一瞬だったけど、ビールものめなかったけど、週末気分。
[PR]
# by hey_leroy | 2009-06-14 22:35 | days | Comments(0)

みじんぎりwithアステア


雨がふりそうで降らなかったり。晴れそうでそうでもなかったり。
思い立って、玉ネギ、ナス、セロリ、ミョウガ、ピーマン、しょうが、にんにく、きゅうり、、、
ひたすらみじん切りにする。

BGMにはフレッド・アステアの"The Astaire Story" (1952 verve)を。
f0160346_21393915.jpg

CD2枚組。LP発売時は4枚セットだったらしい。
バックをつとめるのはオスカー・ピーターソンのトリオ。
曲によってホーンも加わる。
軽妙で粋なアステアに寄り添った、弾きすぎない演奏が心地よい。
ミュージカルや映画でおなじみのスタンダードをアステア自身の曲紹介を
織り交ぜつつ聞かせてくれる。 楽しい。
お得意のタップは数曲でしか披露してないけど、洒落たアルバムだなぁ、これは。
ひさびさに通して聴きました。

野菜をミジンに刻む包丁づかいがアステアのタップ並みに流麗であることを願って。
・・・無理ムリ。

えと、玉ネギとセロリとニンニクはトマトなんかと合わせてトマトソースに。
ナスとピーマン、ショウガ、ニンニク、残りの玉ネギは、ひき肉も加えてドライカレーに。
どちらも食べずに冷凍。
ミョウガ、ナス、キュウリ、長ネギ、ショウガなどは削り節や醤油、ゴマと和えて
恒例の「だし」に。いつも納豆や冷奴、そうめんの薬味にしたりと、
これからの季節に活躍するのだけど、今年は冷やし中華にも使ってみようかな・・・
などと画策中であります。 胡麻油や酢とも相性よさげだし。

あ~、ピータン豆腐とか食べたくなってきた。
台湾料理のお店にいきたいな~。
シジミ醤油漬け、空芯菜、黄ニラ炒め、腸詰・・・。
ヨコスカにも1軒あるけど行ったことないなあ。
[PR]
# by hey_leroy | 2009-06-12 21:23 | | Comments(0)

いつも近くにケニーの音が


ケニーランキンの音楽は僕の生活の一部になっている。
家でも、通勤途中でも。
ほんとに、しょっちゅう聴いてる。
これからも。

今日は、1990年ニューヨーク"ボトムライン"でのソロ・ライブを観ていた。
むかしBSで放映されて、録画してたんだけどウッカリ上書きしちゃったんだった。
がっかりしてたら、去年同じのを録ってた中学からの同級生のイッチャキが
貸してくれた。。。そして、借りっぱなしだ。。。ごめん、イッチャキ。
DVDに焼いたら返します。

このときのライブは"the bottom line ENCORE COLLECTION"というタイトルで
CD化されています。 選曲も演奏も歌もすんばらしい。 オススメです。

you tubeにその映像なかったので、別のを。



↑ 数年前の。 人気曲""haven't we met"。 
いろんな人がカヴァーしてるケニーのオリジナル。



↑ この映像は貴重だなあ。 これもケニーの代表曲"peaceful"。
オリジナル曲はあまり多ないけれど、どれもが心に残る。
そして、ビートルズ、スティーヴィー、ジョビン、誰の曲を歌ってもケニー・ランキンの世界に
なってしまうところがまた素晴らしいのです。
[PR]
# by hey_leroy | 2009-06-11 22:01 | | Comments(0)

ビール気分


昼間から、なんだか湿度が高くて。
日が落ちてからも時おり風が吹くけれど、空気が厚ぼったい。
いよいよ関東も入梅。

今日はバタバタアワアワと仕事を終えたので、気候とあいまってか?
身体がついついビールを求めてしまう。 時間は21時前。

で、足は勝どき橋をこえて月島方面へ。
西仲通りをノンビリ歩くと、煮込みで有名な酒場がめずらしくすいている。
f0160346_9383385.jpg

扉が開け放たれていて、気持ちよい。 (上の画像は前に撮ったもの)
普段はビールの小瓶を頼むところだけれど、今日はまよわず大瓶で。
ぷふゥ。 吸い込みも上々。
肴はしらすおろしと、銀だらの煮付け。
柚子が香るしらすおろしはビールに合う、あう。
銀だらは黒い煮汁の東京風。 でも、見ためほど辛くない。
むしろ、やさしい甘さ。 煮魚、食べたかったんだよなぁ。 
菊正宗の燗酒にかえる。

ゆるりと猪口を傾けつつ、ケニーの歌をおもいだしたり。
さて、このあとどうしようか。
明日はお休みをいただきます。。。
[PR]
# by hey_leroy | 2009-06-10 23:55 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

kenny rankin が亡くなりました


今日おおやけになった報せ。
こないだの日曜に亡くなったそうです。

青天の霹靂とはこのことかと。
まだまったく信じられないです。
何十年も使い続けているアコースティックギターを相棒に
ずっとずっとあの澄んだ歌声を聴かせてくれるとおもっていた。

僕が生まれた1967年にリリースされた1stアルバム"mind dusters"から
2002年の"a song for you"まで、僕が一人のアーティストのアルバムを全部持っているのは
唯一ケニー・ランキンだけなんだということにさっき気づきました。

新作のレコーディングも予定されていたらしいです。
69歳。肺がんの合併症だといいます。 病気のことは知りませんでした。
昨年も来日していたというのに。
早すぎで、突然すぎです。

僕は2006年と、その前(2002年かな)の来日のときに2度、計3回彼のステージに触れました。
そのとき目に入ったもの、耳にきこえた音は宝物です。

心より冥福を祈ります。
・・・信じられてないけれど。

季節はずれだけど、kennyの"a christmas album"をこれから聴きます。

豊かな音楽をありがとう。 

f0160346_0295468.jpg

[PR]
# by hey_leroy | 2009-06-09 23:16 | | Comments(2)

jumpの道はルイ・ジョーダンに通ず


f0160346_1093561.jpg


jump and jive な雰囲気でノリが良くてにぎやかな曲をかけようとすると、
どうしてもルイ・ジョーダン絡みになってしまう。
ルイ御大はもちろん、ほかのアーティストのレコードを、と思っても
選ぶのはルイのカヴァーだったり。
文句なしにワクワク楽しいけどね。

てなわけで、昨日のsausalito、僕はlouis primaとlouis jordan、
ふたりの「ルイ」祭りでありました。

みんながかけた曲も気持ちよかったなぁ。
気負わずユルマッタリと。
このような週末の過ごし方、なかなかに贅沢なことかも。

終電で帰宅、即寝。
明けて今日(日曜)の天気の良かったこと!
あいにくの出勤だったけど。まあ、よいのだ。
日曜の隅田川沿いでのランチもよいものだ。
ちょっと暑すぎたけど、まあ、良しとするのだ。

でも、晴れるのが今日だけ・・・というのはヨクナイのだぁ。。。
[PR]
# by hey_leroy | 2009-06-07 23:56 | | Comments(0)