横浜寿町へ


横浜・寿町へテント芝居を観に行く。
芝居は18時半から。整理券引換えは16時から。
今は15時前。時間はたっぷりある。
石川町駅からぶらり、ぶらぶら。

10数分歩くと、酒屋があった。
名前聞いたことある。

f0160346_08545267.jpg


角打ちで一杯やれる店だ。
右側が立ち呑みコーナー。
ビンビールもらおう。
テレビ眺めながらまったりする午後。


f0160346_08552639.jpg


オトナの駄菓子屋だね。
シークワーサー割りを頼む。
焼酎がグラスに半分。氷入れない状態で。濃ゆい。
これは氷もたのまなきゃ。小さいポリ袋に入った氷は50円。
バタピーと鱈の小袋も50円。


f0160346_08553448.jpg


これから芝居なのだぞ、と自分に言いきかせて、テントをめざす。



f0160346_08595747.jpg


呑み屋街。木賃宿。コインシャワー。虚空を見上げる人。路上に座り込む人。
寿町は山谷、西成とならんで日本三大ドヤ街と呼ばれる場所。
「お邪魔します」の気持ちを持っていなければきっと痛い目にあう。
でも、今日見る芝居は「この場所でやるからこそ」意味があるともいえる。
たぶんね。
f0160346_08570816.jpg


水族館劇場。現代河原者集団。
今回の舞台は、横浜寿町労働センター跡地。
横浜トリエンナーレの一環として、この場所にあらわれた廃墟遊園地。
写真家・鬼海弘雄による巨大な人物ポートレートや岡本光博のギリな現代アート作品、古本屋テント、回らない回転木馬。。。
猥雑で、静かに熱を帯びているような。
これからの芝居に期待がふくらむ。


f0160346_08572622.jpg


開場時間。整理券代わりの木札をもらっていると、知り合いのS女史に背中を叩かれる。
まだ2時間以上もあるもんねぇ。

と、いうわけで。

f0160346_08582531.jpg


小屋近くの酒場に。お邪魔します。


f0160346_08583894.jpg


すんごい。
カウンターにすわる大先輩たちのシャツもビビッドで。
ここは日本のブエナビスタか!
ジュークに入っていたのは、昭和歌謡、演歌、ちょびっとフォーク。
ちあきなおみ、かけたかったけど、相撲中継の邪魔はできない。


f0160346_08584834.jpg


コダマサワーでキンミヤを割る。
値段はそこそこ。


f0160346_08585586.jpg


整理番号、3番でした。
気合い入れすぎたか。
でも、道連れが見つかってヨカッタ。


f0160346_08585997.jpg


夏の名残り。


f0160346_08590545.jpg


入り口の引き戸にいたキャラ。
お運びのおねえさんなのか、マッチ売りの少女的な悲哀を引きずる女児なのか。。。


f0160346_08592348.jpg


日が暮れてきた。まだちょっと時間あるねぇ。

界隈には、細い路地があって、裏の方に小さなカウンターだけのスナックや酒場が密集していた。


f0160346_10443124.jpg


どこか入りやすそうな店あるかな・・・と思うも、どこも常連さんで7~8割がた席が埋まっていいて、二の足を踏む。
東京・山谷ほどの厳しさ、排他的な雰囲気は自分たちは感じなかった。
もちろんただの通りすがりなわけで、町は時によっていろんな表情を出すのだと思う。


f0160346_08593064.jpg


結局、立ち飲み屋のオープンエア(縁台的?)なテーブル席に落ち着く。
お茶割り、チヂミ、ニラ玉。
おじさんたち、やさしかったな。

さてさて、ぼちぼちテント小屋に向かいますか。



[PR]
# by hey_leroy | 2017-09-15 18:00 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

走水の鯵は大きかった

f0160346_08433588.jpg


鎌倉でお世話になってる酒場のご夫婦が昨日横須賀・走水で釣ってきた鯵。
こちらは鯵に釣られていそいそと。
刺身になめろう。
大きな鰺だった。大味じゃなかった。
これだけで満腹になりそう。
ごちそうさまでした。


[PR]
# by hey_leroy | 2017-09-14 23:41 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

龍の口法難会2days



9月11、12日は片瀬の龍口寺で大法要。
龍の口法難会(たつのくちほうなんえ)。

「1271年(文永8年)9月12日、日蓮は、幕府や諸宗を批判したことで平頼綱(北条時宗の執事)によって捕えられ、龍ノ口刑場に護送されるが、江ノ島方面から光が発せられ、討手の太刀が折れるなどの怪異現象が起きたため、処刑は中止となり佐渡に流された。」(サイト「鎌倉手帳・寺社散策」より)

その刑場の跡に経つのが龍口寺。

と、そのいわれはさておき。
境内にも近くの道路にも屋台が並んで、界隈が一年で一番賑わう行事。
今までちゃんと来たことなかったけど、今年は2日とも仕事帰りに寄ることができた。



f0160346_10394063.jpg

まずはお参り。
本堂の中には人がぎっしり。

f0160346_10353047.jpg


大きな回向柱が建っていて、白い布は本堂のご本尊へつながっている。


f0160346_10353668.jpg


屋台の数は想像以上だった。
そして人の波も予想越え。
小・中学生は全員来てるんじゃないか?ってくらい。
わたしゃビール片手にブラリ。
知り合いにもたびたび遭遇しつつ。


f0160346_10360171.jpg


クライマックスは2日目の夜。
纏が派手に振られ、法華太鼓(団扇太鼓)が連打される。
一種のトランス状態。


f0160346_10360610.jpg


地元以外からも万灯を奉納する寺社連がたくさん集まっていた。



f0160346_10364084.jpg


この二日間とともに、片瀬の夏は終わるのであります。




[PR]
# by hey_leroy | 2017-09-12 22:32 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

赤坂へ。



ふと気づけば、9月も9日になろうというのに、今月はまだ1度も外呑みをしていないのであった。
ワタシとしたことが。
・・・酒を呑んでいない、というわけではないのだけど。

今日は赤坂でライブ。
入り時間が早いので、昼過ぎには出発。

でも、都内に向かうその前に・・・


f0160346_10261571.jpg


地元の呑めるごはん屋さんで、三冷キンミヤホッピー。
手作り餃子をアテに。ウマー!

って感じで、赤坂に。


f0160346_10263086.jpg

こんなところで


f0160346_10265611.jpg

こんなライブに


サウンドチェックを終えて、メンバーたちとサイゼリ屋wに。
わが人生で初サイゼでした。
おうわさは、かねがね。
なるほど~。
打ち合わせと称しつつ、ビイルぐびりと。

ライブまではまだ時間あるので、ひとり抜け出して。
赤坂には母方のお寺さんがありまして。
なかなかお参りする機会もないので、いってみた。
界隈は大きなビルを建てるようで、様変わりしてた。
お寺の土地でもある。お墓の位置が前と変わったような。。。
線香手向けて、しばし佇む。
一緒に暮らしていた祖母、曾祖母。
先年93歳で亡くなった大叔父も眠っている。

f0160346_10264401.jpg

また来ます。ほろ酔いでごめんね。

しかし久々の東京の真ん中。
高いビルを見上げたり、颯爽と闊歩するおねえさんをつい目で追ったり。
すっかりお上りさん。
普段は海の近くから山んなかへ勤めに出てるような感じだからなぁ。


f0160346_10270547.jpg

ライブはこんなでした。
DuckSoup、短期間で3度目のライブ。
グルーヴィで、ちと懐かしいインストバンドです。
70年代CrossOver~R&Bな趣き。
次回は12月。



ライブを終え、久々に月島へ。

f0160346_10271171.jpg


もしかしたら今年初かも!
ごぶさたしてるな~。。。


f0160346_10271710.jpg


知り合いにもたくさん会えて、あいかわらず楽しい酒でした。
都内に来る機会はあまりないけど、その時はやりくりして顔をだしたいなぁ。

ちょっと久々の外呑み満喫の夜。




[PR]
# by hey_leroy | 2017-09-09 23:59 | live , event | Comments(0)

長月閑話


昨日・一昨日と連休だった。火曜と水曜。
体調が思わしくなく、ほとんど横になって過ごす。
熱があるわけではないけど、倦怠感や頭痛など。
まぁ、仕事が休みでよかった。ということにしておこう。




f0160346_06063928.jpg

唯一の外出は、火曜の午後。
腰越にお気に入りのコロッケを買いにいったとき。
漁港の防波堤で一休みしたけど、潮風にあたったのも良くなかったかな。
ロング缶も持て余したし。

昨夜も18時過ぎにベッドに入り、今朝5時までほぼ寝続ける。
仕事にはいけそう。
明後日のライブまでにはなんとか本調子に戻したい。



[PR]
# by hey_leroy | 2017-09-07 06:22 | days | Comments(0)

マイブーム


君はたとえそれがすごく小さな事でも
何かに こったり狂ったりした事があるかい
たとえばそれがミック・ジャガーでもアンティークのカメラでも
どこかの安い バーボンのウィスキーでも
そうさ なにかに こらなくてはダメだ
狂ったように こればこるほど
君は一人の人間として しあわせな道を歩いているだろう


かまやつひろしは「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」でこう唄った。



f0160346_06394852.jpg


僕はいま、鎌倉腰越のスーパー、ヤオミネのオリジナルコロッケに凝っています。

普通のコロッケやミニコロッケ、クリームコロッケは毎日売ってるけど、
オリジナルコロッケは週2日のみ。 1ヶ88円。



f0160346_06401900.jpg


小判型でもなく、俵型でもない。ちょっとずんぐりした素朴な形。
ジャガイモは絶妙に固形感が残ってて、ひき肉ほんの少々。
塩コショウがほんのり。
そして、衣が薄めで油っぽくなくて、冷めてもおいしい。
というか、冷めたのをソースもかけずに食べるのがシアワセ。
イモの味が楽しめるコロッケ。

妙にハマって、販売日には、ほぼ毎回買いつづけています。
たまに、歩きながら缶ビール呑みつつコロッケ頬張りつつ、
夜の海沿いの国道をブラブラ帰宅したりしてます。
・・・たまにではなくて、2回に1回かな。


f0160346_06410893.jpg


腰越の、江ノ電が路面を走る電車通にある地元密着スーパー。
ときどき、オッという品ぞろえ。
1932年創業。チェーン展開なし。
ポイントカード作らなきゃ。

いつまでこのマイブームが続くのか、ちょっとコワい。


[PR]
# by hey_leroy | 2017-09-05 23:55 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

長月朔日


9月になりました。
日はだんだん短くなり、雲は高くなる。
秋系のビールへの違和感もなくなってきた。


f0160346_16144744.jpg


星羊社謹製「珠玉の酒肴」カレンダー、今月は「秋刀魚」。
今年は秋刀魚ご飯をつくろう。


f0160346_16151851.jpg

マメイケダさんのカレンダーは、玉子サンド。
京都で玉子サンド食べ歩きしたい。

残暑はどうなのかな。このまま暑くならずに終わってしまうのかな。



[PR]
# by hey_leroy | 2017-09-01 22:13 | days | Comments(0)

さよなら8月

f0160346_04105115.jpg

さよなら、8月。
もっとイチャつきたかったよ。


f0160346_04105762.jpg

夕方、すこし晴れ間が見れてよかった。
台風近づき、風が強い。


f0160346_04135303.jpg


腰越のバーガーカフェ兼ゲストハウスの雇われ店長R君がラストとのことで。
行ってみたら、まさかのもう2日延長とか。笑う。
でも、おつかれさま。
短い期間だったけど、ありがとね。
あたらしい一歩を素敵に踏み出してください。
結局バーガー食べずにゴメンよ。

f0160346_04140047.jpg

ビイルがウマイ。




[PR]
# by hey_leroy | 2017-08-31 22:13 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

シンプルひるめし

f0160346_04083424.jpg


今日の昼メシ。
空芯菜炒めライス。
調理時間3分。
ニンニク、鷹の爪、お酒とガラスープ、醤油少々。
ジャジャっと強火で。
シンプルだけど、これが一番うまい。

夏の野菜だなぁ。お茶のようなホロ苦さ。
スタミナもつくし。

家族には、あんかけ焼きそばをこしらえました。
そんな休日。


[PR]
# by hey_leroy | 2017-08-31 13:08 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

ひさびさに「しょっぱいの」


ヨコスカのK山クンのショットバーへ。
ちょっとご無沙汰。

f0160346_04045028.jpg


久々に「ソルトレイクシティー」など。
ジンフィズの甘味を塩に変えたカクテル。
「ショッパイの」とか「塩フィズ」とか言ったり言わなかったり。
ジンや塩の種類や量によって味が大きく変わるので、知り合いの店で何回か試しながら育てていくのも良いかもしれません。
塩気があって夏向き。熱中症対策にも。ん?


f0160346_04050026.jpg


健康のため、薬草酒ウンダーベルグもいただきます。


f0160346_04050687.jpg


健康に良いからって・・・
(画像には一部誇張が含まれております)




[PR]
# by hey_leroy | 2017-08-27 23:04 | スカ呑みスカ喰い | Comments(0)