マコトさんの還暦を寿ぐ

f0160346_08231622.jpg


つい数時間前の駅伝の興奮さめやらぬ日本橋。
と言いたいところですが。
自分がついたころには撤収も終わり、寒風吹きすさんでました。

そんな中、日本橋三井ホールは夕方から夜にかけてアツかった!
斎藤誠さん(祝・青学四連覇♪)の還暦を寿ぐライブ。

音楽への愛、人への愛に満ちた3時間強。
成田さんとカースケさんのツインドラムとか、バンドサウンドの気持ち良さ。
僕がちょびっと混ぜてもらった30年前とほぼ不動のメンバー。すごい。
そして曲のやさしさ、せつなさ。
誠さんと''Tiger''春ちゃんの歌声。

f0160346_08212190.jpg


余韻かみしめてグリーン車。
今日はありがとうございました。そしておめでとうございます🎵



[PR]
# by hey_leroy | 2018-01-03 23:20 | live , event | Comments(0)

正月二日


寝る前に水分たくさん摂ったり胃にものが入っていると、夢見が悪い。
憶えていないけど、初夢はロクなものではなかっただろう。

f0160346_07503212.jpg


お前さんは、どんな夢を見たのかな。

今日はひたすらダラダラしていようと思ったけど、天気も良いのでご近所さんぽ。昨日よりさらに混んでいるように見える江ノ電を尻目に片瀬方面へ歩く。


f0160346_07505712.jpg


龍口寺へ。お寺はいいなあ。大好きな線香の匂いに包まれるから。
家には大学受験の姪と高校受験の甥がいるので、伯父さんはせっせと合格祈願です。
・・・決して家に居場所がないというわけでは・・・


f0160346_07512745.jpg


お参りしたら、こじんまりした出店をひやかして。
おでん、お汁粉、甘酒・・・


f0160346_07513861.jpg


お清めは欠かしません。樽香にうっとり。



f0160346_07520843.jpg

腰越漁港からの夕景。
すぐ向かいの江の島の喧騒はこちらまで届かない。
おだやかなり。


f0160346_07521625.jpg

大漁祈願。
シラスは3/11の禁漁明けまでおあずけ。


f0160346_07522550.jpg


ちょっとウズウズしてきたので・・・


f0160346_07523295.jpg


昨日に続いて、ホッピー。
腰越の街が、もっと元気になるといいなぁ。


f0160346_07524211.jpg


さぁ、帰ろう。


f0160346_07525718.jpg


今夜はすき焼き。
下仁田ネギが甘い。白滝と焼豆腐も染みてる。


f0160346_07530999.jpg


そのあとは、本来の予定通りダラダラ。

明日は都内へ。明後日は仕事。


[PR]
# by hey_leroy | 2018-01-02 23:47 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

元旦

f0160346_12451374.jpg


正月です。
大晦日も元日も休みなのは数年ぶりです。
この何もないおだやかさ。退屈もふくめてありがたい。


f0160346_12452015.jpg


のんびり初詣に向かいます。
江ノ電は混んでるので乗らない。
歩いて行けるところをめぐります。



f0160346_12452647.jpg


氏神様の龍口明神社。西鎌倉。
この時間、それなりに人が出てるんだなぁ。
でも、新春の雰囲気で、いいじゃないですか。


f0160346_12453774.jpg


つづいて、腰越の小動(こゆるぎ)神社。
ここは静か。いつきても。
家からは龍口明神社よりも近いし、毎日通ってるので親しみも深い。


f0160346_12454556.jpg


小さな岬に建つ神社。
めずらしく社務所が開いてた。



f0160346_12455003.jpg


狛犬の台座には「漁船」と彫られてる。
眼下の腰越漁港に携わる人たちの安全をまもってくれています。

家族と猫の健康と、大学受験の姪、高校受験の甥の合格も祈願。
よし! ひと仕事終えた感。


f0160346_12460077.jpg


大晦日も元旦もホッピーが呑める腰越が好きです。
天気も上々な昼下がり。
ついついタンブラーを干すペースもあがり気味。
今年もよろしくです!


f0160346_12460691.jpg


正月に聴く民謡クルセイダーズはまた格別。
多幸感5割増し。

2018年がみなさまにとっても佳き一年となりますように。



[PR]
# by hey_leroy | 2018-01-01 23:44 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

2017年大晦日

f0160346_11081252.jpg


おおつごもりとなりました。
鶴岡八幡宮では、大祓。
6月30日が夏越の大祓で、12月31日が年越大祓大祓。
一年の罪や穢れをおとします。
自分はお祓いは受けず、お参りして一年の御礼と来年のお願いなど。



f0160346_11082295.jpg


明日からしばらくは大混雑になることでしょう。


f0160346_11082787.jpg


で、門前の蕎麦屋さん。
予約していた年越しそばを受け取ります。恒例行事。
店に入ったら、旧知のご夫婦とばったり。
昨日フジサワで偶然会って年末の挨拶をしたばかりなのに。
ということで、相席させてもらってビイルをぐびり。
蕎麦は家に帰ってから、ということで。
お店のNちゃんにも挨拶して、でかけます。

といっても、いくのは呑み屋ばかりなり。

f0160346_11083441.jpg


H文庫で、レモンサワー。イカとツブ貝の塩辛風。
こりゃ日本酒だわ。。。ということで、ピッチが上がる。
一緒になったK太郎君が教えてくれた、今月出来た呑み屋が気になる。


f0160346_11085861.jpg


きた。歩いて1分。
「生ホッピー」の提灯みたら、入らないわけにはいかぬ。


f0160346_11084401.jpg


鎌倉で生ホッピー呑めるとこは他にあるのかな。
なめらかなノド越し。
ビンも生もどちらもそれぞれの良さがある。
四の五の言わずにグビリとやっつければよろし。


f0160346_11085256.jpg


壁には「Drink Or Die」の文字。
死にたくないから、呑んじゃおう。

レコードもたくさんあるし、ジュークボックスの中身もこだわりあるし、ローテーションにまた一軒加わることになりそうです。


f0160346_11092090.jpg


江ノ電で帰ると見せかけて、結局こしごえ。
不動のホーム。
ゆるやかに大晦日の夜をすごす。

あ、蕎麦もって帰らなきゃ。
家の人達が待ってる。
自分ではなく、蕎麦を。

で、帰って蕎麦喰って、紅白もダウンタウンも年忘れ日本の歌もゆく年くる年も1秒も見ずに寝落ち。
去年もそうだったような。

いいってこと、いいってこと。


[PR]
# by hey_leroy | 2017-12-31 23:59 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

師走閑話

f0160346_10203732.jpg


くらかけ豆を水につけて、でかけます。
あとで、浸し豆にして数の子とあわせます。
これがあれば、シアワセな正月がすごせる。

散髪して、腰越にプチ買い出しに行ったらば、ヤオミネで今日もオリジナルコロッケが売っていた!


f0160346_10210354.jpg

近くにトンビがいないことを確認して、パクリとな。
今度こそ、の年内食べ納め。


f0160346_10211004.jpg

歳末感、あまりない。
おだやかな冬の日。



f0160346_10205408.jpg


鎌倉でちょいと呑んで、最後は腰越。
年内最後になるかな。どうかな。
明日もやってるからなぁ。


f0160346_10211730.jpg

線路は2018年へとつづいている。
なぁんてね。藤沢と鎌倉の間をいったりきたりだよ。

不法侵入ではありません。為念。

[PR]
# by hey_leroy | 2017-12-30 23:19 | days | Comments(0)

オリジナルコロッケ納め

f0160346_10414086.jpg


2017年の自分の三大ならぬ三凡ニュースは、

1. ヤオミネのオリジナルコロッケの虜になった!
2. 人生初サイゼリヤ!
3. 人生初バーミヤン!

でした。

ヤオミネは、鎌倉腰越にあるスーパーマーケット。
オリジナルコロッケは現在月曜と金曜のみの販売。
なので、2017年は今日が食べ納め。

もちろん、おいしくいただきました。

来年も、お熱はおさまりそうにありません。


[PR]
# by hey_leroy | 2017-12-29 23:41 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

井戸の水

f0160346_07340264.jpg


『へっぽこ先生 その他』 永井龍男 (講談社文芸文庫 1990年)


神田で生まれ育ち、鎌倉に長く暮らした永井龍男。
古本屋で見つけると、つい買ってしまう。
随筆も小説も、劇的ではないが、「確かな生活」が感じられる。


 井戸さらいと云って、二年に一度くらいか、五、六人の人夫がきて、底の底まで水をかい出し、大掃除をした。春先の行事であった。一人が井戸に入り、合図のかけ声共々他の人足が外で綱を引くと、水をいっぱいにした釣瓶が上がってくる。井戸端へそれを流すと、ふたたび釣瓶は井戸の中に返される。そんな悠長な作業を繰り返すうちに、何時間かすると井戸はからからになり、新しく湧き出す水が、きらきら底で光るのが見えるようになる。
 人夫のかけ声は威勢がよく、祭りのような賑わしさで、去年誰々が落としたどんぶりが上がってきたり、金魚が大きく育って掬い上げられたとか、子供たちも大はしゃぎした。井戸端をあふれた水が流れを作り、折りからの落花を遠くまで運ぶ風情を、私はいまだにおぼえている。すっかり井戸さらいが終わると、横丁の総代がお神酒を供え、柏手を打った。井戸端の周囲は、いつも清潔にして置かぬと、井戸神さまのたたりがあるとも云ったものだった。みんなの、大事な水であった。(「井戸の水」昭和54年 より抜粋)


何ということはないようでいて、情景が浮かぶ。
こういう文章を書いてみたいなぁ、と思う。
とても書けないなぁ、とすぐに思い直す。


[PR]
# by hey_leroy | 2017-12-28 23:33 | books | Comments(0)

日光とか


朝。
まったくのノープランで藤沢から上野東京ラインに乗る。
いわゆるひとつの東海道線。上り。

横浜を過ぎ、東京を過ぎ、赤羽も浦和も大宮も過ぎて。

f0160346_08353646.jpg


ノープランのまま宇都宮。
お昼すこし前。
とりあえず餃子なんでしょうか、やっぱり。

f0160346_08360607.jpg


餃子への執着はないので、駅ビルで食べちゃう。
味噌屋さんがやってる味噌と餃子の店。
ねぎ味噌焼餃子と、スタンダードな餃子を。
あと、ビイル。・・・ビイルへの執着は、ある。
軽くて食べやすい。味噌だれも結構。
美味でした。

お店の人やお客さんがしゃべる言葉のイントネーションで、そうだ、ここは渡辺貞夫を生んだ街、宇都宮なんだと実感する。
中学高校と熱心にエアチェックしてたナベサダのFM番組。ナレーションは小林克也だったけど、貞夫さんの声もライブのMCやらインタビューやらで毎週のように声を耳にしていた。
自分にとって栃木といえば、U字工事じゃなくて、貞夫さんなのですよ、はい。
そして宇都宮は今やジャズの街を謳っているのだ。

閑話休題。
さぁ、どこいこう。

友人M氏推奨の岩下の新生姜ミュージアムにいって、蔵が多い栃木の町並みを歩くというプランもいいなぁと思いつつ、ふと見ると、日光線の案内板が目に留まる。
日光・・・多くの人と同じく、小学校の修学旅行で行ったきりだ。こないだ東照宮の陽明門のお色直しが済んだってテレビで見たような気がする。ちょっと行ってみんべえか。

ということで、JR日光線に乗ってみる。終点の日光までは50分弱。
のんびりと本など読んで過ごしてたら、下野大沢から今市に向かうあたりで、チラチラと白いものが舞いはじめ・・・


f0160346_08363581.jpg


今市から日光に近づくにつれ、勢いはまして、車窓風景は白い世界に。


f0160346_08370684.jpg


日光はまさかの銀世界でした。
まさかの、というよりは、こちらがあまりにも無防備なのでした。
いちおう、厚着していてヨカッタ。

どっかで風呂でも入って、戻ろうかという思いもよぎったのだけど。
せっかく来たので、バスに乗って東照宮まで行ってみよう!


f0160346_08380779.jpg


きました。
さむいです。

f0160346_08383713.jpg


陽明門です。豪儀です。
40年ぶりの修復とあったけど、考えてみれば、自分が前に来たのは37、8年前だから、その時もお色直しからあんまり時間たってなかったんだよなぁ。ま、いいけど。


f0160346_08480731.jpg


陽明門のこまかい細工は、前回よりもしっかり眺めました。


f0160346_08401406.jpg


雪に映える極彩色や金色ってのも良いものです。美しい。


f0160346_08404496.jpg


調子に乗って奥の院の方まで上っていって。


f0160346_08411497.jpg


石段は絶賛凍結中。転倒者続出。
自分は転倒こそしなかったけど、二日後に太ももが筋肉痛になりました。


f0160346_08475462.jpg


お約束、その1。


f0160346_08481614.jpg


お約束、その2。


f0160346_08482232.jpg


雪は細かいけれど、ばんばか降ってます。


f0160346_08483176.jpg


華厳の滝は凍ってるのだろうか。
中禅寺湖に日帰り温泉はあるのだろうか。
心は揺れたけれど、明日は仕事。
これぐらいにしときましょ。


f0160346_08492407.jpg


主に外国人観光客で超満員のバスにゆられて、ふたたび日光駅。
すぐ近くの東武日光駅の方が栄えているけど、風情は断然こちら。
建物は大正期の洋風建築。

f0160346_08484965.jpg


2階も自由に見学できます。


f0160346_08493249.jpg


変に改装していなくて、とても良い。


f0160346_08494022.jpg


貴賓室の看板下は、立飲みに最適です(殴蹴)

f0160346_08494550.jpg


・・・燗酒呑みたかった

宇都宮への帰路は、やはり今市を過ぎるころから雪が止みはじめ、途中きれいな夕空も眺められた。
今市~日光あたりはまったく別の環境なんだな、ということがよくわかりました。


f0160346_08495001.jpg


宵の口、宇都宮。
JRの駅の近くは、繁華街はなさそう。
地方都市あるあるです。
ネット検索はせず、ぶらぶらぐるぐる歩いてみる。
すると、なんとなく街がみえてくる。
川沿い、市役所裏、ちょっとはなれた私鉄のターミナル駅あたり。


f0160346_08501213.jpg


きれいだけど、創業は古そうな食堂の暖簾をくぐる。
麺類、丼物、定食類。肴も少々。

ビイルと野菜炒め、寒いので湯豆腐も。


f0160346_08502145.jpg


この湯豆腐が大ヒットだった!
冷奴をあっためてネギでも乗せた「温奴」スタイルかなと思ってたら、本格派!
これで300円とは。
あったまるよぉ・・・(半泣き)
また来ます! きっと来ます!


f0160346_08503083.jpg

次回課題店その1。

f0160346_08504231.jpg

次回課題店その2。


f0160346_08505758.jpg

次回課題店その3。


宇都宮からは乗り換えなしで藤沢にも鎌倉にも帰れる。
ラクちん。
そして、遠い。




[PR]
# by hey_leroy | 2017-12-27 23:32 | おでかけ | Comments(0)

Keely Smith R.I.P.


ルイ・プリマのステージで華やかさとキュートさと無反応キャラとボケを振りまいていたKeely Smith。
12/16に亡くなったそうな。89歳。

今年の12月はクリスマスアルバムは引っ張り出さずに、ルイ・プリマをくりかえし聞いていた。サウンドの多幸感にひたりつつ。Keelyの訃報を知ったのは24日だった。

ありがとう。これからもず~っと聴きつづけます!




Keelyはルイ・プリマと離れてからも、生涯現役で歌いつづけました。
ソロアルバムもたくさん。
でも、やっぱりルイ&キーリーの時代が好き。




80年代にDavid Lee Rothもカバーした代表曲!
ルイ・プリマは”Sing!Sing!Sing!”の作曲者としても知られています。




そしてバンドの番頭さん、サックスのSam Buteraは我がアイドルのひとりであります!


[PR]
# by hey_leroy | 2017-12-26 21:18 | | Comments(0)

赤と緑

f0160346_06085816.jpg


"Singin' Sistahs"
Ernie Barnesのこの絵のクリスマス感に、飾って10数年たって初めて気づいた。





f0160346_06091234.jpg


江ノ島駅の名物も赤と緑でおめかし。


f0160346_06092114.jpg


♪親戚はサンタクロース



[PR]
# by hey_leroy | 2017-12-25 21:03 | days | Comments(0)