大磯で器を贖う



昨日は病院で内視鏡検査を受け、今日も念のため仕事は休みを取っていた。
ポカポカ陽気で、出かけたくてムズムズしてくる。
さいわい体調はいたって普通。
お医者さんも「明日は普通にすごして大丈夫」と言っていた。

では。。。


f0160346_07542600.jpg


大磯に来ました。
藤沢から電車で20分弱。意外と近い。


f0160346_07565471.jpg


海も近い。
海の青さが、鎌倉あたりとちと違うような気もする。
上着を脱いでちょうどいいぐらいの温暖ぐあい。
ぶらぶら歩き。


f0160346_07574081.jpg


カレー屋さん。昼をしっかり食べてからきたので、次回はぜひ入ってみたい。

そろそろ今日の目的地へ。
駅から数分、細~い路地に入って進んでいくと、四つ角にある普通の民家。


f0160346_07583877.jpg


会期中だけギャラリーになるというこちらへ。
ほんと、普通のお宅。ちょっと古めの日本家屋で、イイ感じ。


f0160346_08021094.jpg


昨日寄った藤沢のカフェに置いてあったフライヤーが気になって。
今日が初日のようだし、天気もいいし、ということで来ちゃいました。

「模様と器」展。

陶芸家さんが造って、テキスタイルデザイナーさんが絵付けした器たち。
大皿、小皿、鉢、カップ、箸置きetc...

素朴で、カラフルで、ちょっと和テイストなのもあったり。

日当たりのよい縁側に並べられていて、じっくり見入る。
ふらりと来たので所持金少なく、悩んだ末に器をひとつ買いました。

作家さんたちやここのオーナーさんとも少しおしゃべりして。
居心地よい場所だったな。
会期中、もう一回これたらいいなぁ。



f0160346_08033239.jpg


しかし、いい日和だこと。


f0160346_08041951.jpg


すぐ近くには島崎藤村が住んでいたお宅があり、無料公開されている。
昭和18年に亡くなるまでの数年間を過ごした家とのこと。


f0160346_08050598.jpg


広さといい、間取りといい、雰囲気といい、こんな家に住みたいなぁ。

なんか、いい街だな、大磯。


f0160346_08060901.jpg


駅へと戻る道すがら、肉屋さんから揚げ物のいい匂いが。


f0160346_08153221.jpg


メンチとコロッケ買って、駅のホームでいただく。
傍らにはビール。

ポリープ切除した翌日に揚げ物とビール。。。
ま、いっか。

楽しいプチお出かけでありました。


f0160346_08163848.jpg



・・・が、終わらなかった。

カマクラの日本酒立呑み酒場で、ひな祭りならではの桃色のお酒をいただいたりして。


f0160346_08174350.jpg


でもまぁ深酒はさすがにつつしんで、帰宅してから、残しておいてくれたお寿司とおつゆをいただいたり。


f0160346_08183477.jpg

あ、これが今日買った器。
これからの季節、冷や奴にいいかも!
というのがチョイスの決め手でありました。



[PR]
# by hey_leroy | 2017-03-03 22:53 | days | Comments(0)

弥生閑話


午後。
藤沢のクリニックで、はじめての胃と大腸の内視鏡検査。
検査後、しばらく横になって(そういえば点滴も初体験だ)、
先生から所見をうかがい、夕方に終了。

鎮痛剤や鎮静剤をけっこう使ったので、飲酒はさすがにご法度。

すぐ近くのカフェで緊張をほぐそう。

f0160346_20540349.jpg

マスターと談笑。
病院帰りだと、ついつい健康バナシになっちゃうなぁ。
コーヒーも刺激物であまりよくないのかなぁ・・・と思いつつ。



f0160346_20565800.jpg


カフェ・モカなんぞたのんでみる。
エスプレッソにホット・チョコ。
まったり美味しい。

入り口脇の本のコーナー(古書を売ってる)で、鎌倉に暮らした歌人・山崎方代の評伝を見つけたので購入。


う~ん、もう一軒ハシゴしよう(苦笑)


そこからも至近にある小さなカフェへ。


f0160346_20574923.jpg


チャイなんて飲んじゃって。
生姜などスパイスが香り、豆乳でまろやかに。
飲んでるとだんだんポカポカしてくる。

ここでもスタッフのみなさんと駄弁りつつ。

あぁ、ほっこりした。


f0160346_22241809.jpg

お店に置いてあったこのフライヤー、気になるなあ。


さあ、帰ろう。
24時間ぶりの食事だ!

たぶんお粥だ。。。



[PR]
# by hey_leroy | 2017-03-02 20:52 | days | Comments(0)

Monsieurさん


ムッシュかまやつさんが亡くなった。

かまやつさんが書いた、マイケル・フランクスのSleeping Gypsy(1977年)の日本盤のライナーノーツ。僕がこのアルバムを買ったのはたぶん高校生のころだと思うけど、かまやつさんといえば、この文章のイメージがずっと頭に残っている。後半なんて「ゴロワーズ」の歌詞をみたいだ。オシャレで飄逸で、いつもカッコいいんだ。

「あまりにも僕の好みにフィットし過ぎているので何も書けなくなってしまった。きっと完全に入り込んでしまったのだろう。 
 僕は昔からチェット・ベイカーが好きで彼の音楽をよく聞いていたのだが、僕の頭の中で彼をベイシックにしたひとつのイメージの音楽を作り出した。つまり僕の理想の音楽なのだがちょっと分解するとこんな具合である。チェット・ベイカーをベイスにしてジェイムス・テイラーのソースをアストラド・ジルベルトに入れて少しシェイクする。感じ良くなったところにジャズ印のスパイス、ファンキー印のスパイス、サンバ印のスパイス、インテリ・ソース、ソフィスティケィト印のスパイス、その他都会の味のするスパイスを少しずつふりかけるのだ。このスパイスをふりかけるときは大いにリラックスしてやらなければならない。そうしないとスパイスが分離してクセっぽくなるのだ。この料理はあくまでもなめらかでさらっとしていてしかもコクがなければいけない。(中略)マイケル・フランクスの歌はアジがある。ヘタだと言う人がいるけどそいつは死ね!(以下略)」


f0160346_07591770.jpg


NO NO BOY、フリフリ、やつらの足音のバラード、ゴロワーズ・・・

ジャンルとか世代とか軽く超えて、いつも楽しげだったムッシュさん。
どうぞ、やすらかに。


[PR]
# by hey_leroy | 2017-03-02 08:15 | | Comments(0)

弥生朔日

f0160346_01340985.jpg


珠玉の酒肴カレンダーの3月は、春の小鉢たち。

芽吹いて、花開く季節。

いいねぇ~と思いつつ、

朝はトースト目玉焼き

昼は素うどん

夜はお粥さん

もちろん酒気なし


f0160346_01372564.jpg


明日は初の内視鏡検査。

50歳前に胃も大腸も診てもらおう。



[PR]
# by hey_leroy | 2017-03-01 22:33 | days | Comments(0)

如月晦日


二月も終わります。

後半、心身ともに失速気味。
でも、最後の最後でちょっと転機になるようなこともあって。
来月以降、うまくつながっていきますように。

で、なんだかんだ言っても、ちょいちょい呑んでいたわけで。

地元で印象深かった酒肴たち。

f0160346_10261532.jpg


よっぱらいクリームチーズ。
クリームチーズの上に、酒粕・味噌・生姜を練り合わせたのをのせて。
日本酒にあうあう。
丸七商店街の日本酒立呑み酒場にて。


f0160346_10265986.jpg


ナマコと正統レモンサワー。
間違いない。
裏小町H文庫にて。


f0160346_10281075.jpg


これ、おもしろかったなー!
「豚耳と木耳のコリコリ」
食感がたのしい。味付けもうっすら塩味とゴマ油系で、いい肴。
裏小町の、昼はパスタが売り、夜は立呑み酒場なL.Sさんで。




[PR]
# by hey_leroy | 2017-02-28 23:20 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

ひょんなことから新子安


本日休日。

もう四半世紀以上の付き合いになろうかというKatzクンとヨコハマで一献。
目的のお店が、じつは冬場は予約しないと入れないかもという繁盛店ということを知らず、当日夕方に電話してみたら、案の定ダメで。
あちゃ~。。。ということで、仕事中のkatzクンに連絡を入れ、当初の桜木町から急きょ新子安に。
僕は先に行って、偵察します。

はじめての街。

ぐるりと歩いてみて、まずゼロ次会。

f0160346_11011452.jpg

「大衆酒場」の暖簾をみかけたら、とりあえず潜るべし。
17時。先客なし。でもこのあと続々と。


f0160346_11014513.jpg


奴とゲソ焼きでサクッと。



f0160346_11020673.jpg


この街、いいかも。
そうこうしているうちに待ち人きたれり。

気になっていた酒場へ。


f0160346_11022842.jpg


佇まいにやられる。
暖簾にやられる。



f0160346_11025364.jpg


シャコ、京都のあぶらげ、たらこのうま煮でスタート。
おたがいの近況、katzクンが身を置く音楽業界の話、健康のはなし(そんな齢になりました)などなど。
コップ酒になり、グイグイと。

f0160346_11030783.jpg


トンミノ、煮込み、ゲソわさ。。。どれも美味い!
丁寧な仕事。
店は古いけど、歴史にあぐらをかいていない姿勢に感じ入る。
ここ、近かったら連日通っちゃうねぇと話しつつ。


f0160346_11033296.jpg


またここで呑もう!
とかいいながら、すぐ近くの酒場で二次会。


f0160346_11035660.jpg


新子安の夜はふけてゆく。




[PR]
# by hey_leroy | 2017-02-27 23:58 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

切通しを見に


映画監督の鈴木清順さんが亡くなったというニュース。
やっぱり「ツィゴイネルワイゼン」を思い出す。
多くのシーンが鎌倉で撮影された。
なかでも印象的だったのが、釈迦堂切通し。
この世とあの世の境のような。
で、どっちがこの世でどっちがあの世かもよくわからなくなってくるような。

前の夜、原作とされる内田百間の「サラサーテの盤」を読み返して、
その不思議な世界にひさしぶりに引き込まれた。
(岩波文庫「東京日記 他六篇」などに収載)
怪談でもファンタジーでもない、独特の異様さを持った味わい。

というわけでなんとも気になって。
仕事が休みのこの日、朝から散歩がてら出かける。

カマクラから大町方面に20分と少し。
住宅街の路地を入ったどんづまりにそれはありました。
・・・どんづまりではないな。本来ここはちゃんとした通り道なので。


f0160346_09191635.jpg

おおぉ。
ひっそりと静まり返ってて、幽玄というか、夕方にきたらちょっと怖いかも。


ちなみにここは、ずいぶん前から落石や崩落の危険があるため通行禁止。



f0160346_09224039.jpg

じっさい、このように虎柵で入れなくなっています。

でも、脇を見ると、地元住民用に抜け穴のようになっている部分があって。
ということで、自己責任です、はい。

2017年1月から3月まで、測量・地質検査がおこなわれているもよう。
放置されていると、どんどん風化がすすんでさらに危険な場所になってしまう。
早めに何らかの対策を講じて、できればまた通行できるようになるといいなぁ。


帰りには、大町を通ったらつい寄ってしまう昔ながらのパン屋さんへ。
ゆずあんぱん、辛口カレーパンを買って帰路に。

家に着いたらまだ午前11時ごろだった。






[PR]
# by hey_leroy | 2017-02-27 14:04 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

0226


親父殿の喜寿をことほぐ。

子や孫らがあつまり、ささやかなる宴。

洋酒を1本贈呈。

母ともども、末永くお元気で。


f0160346_11350180.jpg

高2の姪っ子による(即席)チョコバナナケーキとチョコ大福。
試験前なのにありがとな!




[PR]
# by hey_leroy | 2017-02-26 23:26 | days | Comments(0)

ダウナー


強風。突風。
我が家から、でかけられず。
休みでよかった。

目下、気力・体力ともに低下中。
気圧の所為か?
春の嵐だからか?
と、それらしいことを思ってみたりするが、そんなに繊細ではない。

もろもろクールダウンして、整えよう。そうしましょ。


f0160346_20263233.jpg


池澤夏樹の個人編集による日本文学全集。河出書房新社。
第一巻の古事記は、池澤夏樹当人による現代語訳。

イザナギ、イザナミ、アマテラス、スサノヲ、ヤマトタケル、
サルダヒコ、ヤマタノオロチ、イナバの白兎・・・

ダウナーな気分の時は無理をせず、
主要なエピソードを拾い読み程度に。

というか、元気な時でもこれを通読するのはキビシイぞ。

天皇家の権威を日本全国に示すための政治的な系譜の羅列。
そこに人間くさい争いや恋愛のエピソードも混在して。
エンタメ感も堪能できる。


謙虚に耳をすませて古代の声を聴く、そのような態度で古事記に向き合うと、現代に生きるわたしたちは、時にとまどいながらも、さまざまなことを教えられる。神話は、古代の人びとにとって、哲学であり、教訓であり、歴史であり、科学であり、規範であり、そして何よりもたのしい文学であった。あらゆることを神話に教えられて生きる、神話に耳を傾け、そして語り継ぐという営みは、そのような行為としてあったのだ。(三浦佑之による解説より)


また読みたくなったら図書館から借りてこよう。



まずは、クールダウン。








[PR]
# by hey_leroy | 2017-02-20 20:50 | books | Comments(0)

ひさびさにスカで!


如月某日。

f0160346_22085686.jpg

ひさびさに、ヨコスカ。
といっても、ひと月振りか。
こないだはライブだったからあんまりゆっくりできなかったんだ。


f0160346_22252805.jpg

まんずは、朝からやってる酒屋併設の立呑みスペースで。
レモンサワーにチーズからの、日本酒&きびなご。
instagramでよく見かける画像の構図。
どこで呑んでるのやらようわからん感じになる。
・・・すいません。もうしません。



f0160346_22294156.jpg

小休止その1。
ディープなジャズ喫茶にはあらず。
ジャズやフュージョンが軽めに流れる明るいコーヒー屋さん。
普段立ち読みすることさえないジャズ系雑誌をめくったりする。




f0160346_22402963.jpg

ヨコスカでの音楽活動ではとてもお世話になってるO師匠の奥様、N子姐サマがスタッフで働いてるので、ご挨拶。
今度はサンドイッチとかパスタも食べたいなぁ。
でも、酒場に行っちゃうんだなぁ。



f0160346_22555427.jpg



ヨコスカのソウルフード、相模屋のやきとり。
名物の立ち喰い&持ち帰りコーナー(アルコールはNG)で小腹を満たしたことは何度もあるけど、初めて店内に入ってみる。


f0160346_23005257.jpg


焼鳥マシーンが焼く1本80円のやきとり。
ピッチサワーを呑む。
ピッチサワーは、いわゆるレモンサワー。
「ハイピッチ」というブランドの瓶入りレモン炭酸飲料で焼酎を割るから。
大根サラダもつまむ。煮込みやトマトなどの一品料理もある。
手が込みすぎてないところが、いい感じ。
・・・でも、ささっと数本をおもてで立ち喰うのが自分は好きかも。


う~ん、調子出てきた(笑)


f0160346_23053792.jpg


じつはまだお昼すぎぐらいの時間。
ここも朝からやってる名店。

いつも頼む小鯵唐揚げ(お酢かけて)は今日はなかった。
ホワイトボードメニューにあった春巻を。


f0160346_23103692.jpg

ザッツ・ハンドメイド!
味付けも揚げ具合も、さすがのチューサカ・クオリティ。
となりで呑んでたご夫婦も便乗注文。
それがきっかけで、界隈の呑み屋の話など、少々。
逸見のもつやき屋さん、ひさびさにいきたいなぁ。
大女将はもういないみたいだけど。。。



f0160346_23205281.jpg


小休止、その2.
共済病院前の喫茶店。
さんざん呑みまわった界隈だけど、ここは初めて。
もちろん店名と佇まいはずっと気になっていました。
綴り、TennesseeじゃなくてTennecceeなのね。



f0160346_23224242.jpg


まったり。老夫婦が営んでいるかと思いきや、自分と同年代のご夫婦でした。
詳しくは聞かなかったけど。
裏のやきとり屋のはなしとか、帰りがけに少し。
また、こようかな。

一服して駅方面に向かう途中。
馴染みの酒場のシャッターが上がってる。


f0160346_23273048.jpg


まだ開店には数時間ある。仕込み中だろうけど、ひと声かけていこうと扉を少し開けたら、カウンターで常連さんと若女将がしゃべってた。
「肴はないけど、のんでいきなよ~」
ということで、遠慮なく・・・(酔って図々しくなるのはよろしくないねぇ)
常連さん、打ち合わせ的なことで来ていて、呑んでるわけではなかった。
ありゃりゃ。

大女将のことや、最近のヨコスカについてなどなど。
ここは昨年創業100周年を迎えた老舗。
ヨコスカのほかの人気大衆酒場よりも家庭的であり、別の言い方をすれば常連度が高い。
ご近所さんたちでスナック的に盛り上がっていることが多い。
そういうのも、キライではない。

コーヒーブレイクなど入れてみたけれど、酔いはだいぶまわったみたい。


f0160346_23290787.jpg

若松マーケットなど散歩しつつ、明るいうちに帰路へ。

案の定カマクラで引っかかって、深酒。



[PR]
# by hey_leroy | 2017-02-18 22:00 | スカ呑みスカ喰い | Comments(0)