春・・・


買い物で大船にいったら、近くの女子大の卒業式だったみたいで、
きれいなハカマ姿のお嬢さんがたくさん。
嵐が過ぎ、晴天になって、よかったよかった・・・と、
保護者のような気持ちになりつつ、そのままフジサワへ。

界隈の音楽好きの間ではこのところアイサツ代わりに話題に上る
「レコード社藤沢」の閉店。
f0160346_013268.jpg

藤沢で30年。僕はそのうち20年ちょっとのぞいてたことになる。
幅広い品揃えで、普段から音楽に触れてる人も、
押入れの奥からレコードプレーヤーを発掘して
「ウン十年ぶりにあの曲を聞きたいなあ」という人も、
誰でも気軽にのぞける中古レコード屋さん。

広い店内にはロックやジャズはもちろん、大量のシングル盤やSP盤、
ムード音楽やアルゼンチンタンゴに歌謡曲、落語なども結構あって、(CDもね)
あんまりひんぱんに買うことはなかったのだけど、眺めてるだけでホッとするお店だった。

価格設定はチョイ高めな印象ながら、レアなものも同じ位の値段で売ってたりと、
たまに掘り出し物があるのでついつい足が向くのでありました。

個人的には、ここ数年古いビッグバンドやジャイブっぽいレコードをチェックしてて、
そういうのが好きな向きにはなかなか楽しいお店だったというのと、
そういう気持ち以上に、藤沢からレコード屋さんがまた1件、
しかも代表的なお店がなくなってしまうことの寂しさは大きいなぁ・・・と
今日お店をたずねてあらためて思った。

3月いっぱい閉店セールで、その後は神田神保町の本店ビルに「移転」とのこと。

スリム・ゲイラード、ジミー・ランスフォード楽団、クロード・ソーンヒル楽団、そして
デューク・エリントンのレコードを買った。 

古くて新しい音楽。

家で聴いてたら、しみじみと豊かなような、さびしいような、
今年はじめて春っぽいというか、なんだかまとまりがつかない心持ちになった。
[PR]
by hey_leroy | 2009-03-14 23:27 | days | Comments(0)
<< カフェライブ@東船橋 たまには >>