古本屋台

f0160346_22273419.jpg


『古本屋台』 Q.B.B.(作/久住昌之 画/久住卓也)2018年 集英社


首都圏に屋台って、まだ、あるのかなぁ。
八重洲のあそこは、もうないのかな。ラーメン屋じゃない方。
行ったことないけど気にはなってた。
目黒駅前にあったおでん屋台には四半世紀ぐらい前に酔って入った記憶がある。
江ノ島に渡る橋にあった屋台たちもなくなり。
横浜西口の川っぺりにあった屋台たちも去年とうとうなくなった。
ま、もう、あきらめてるけども。

それはそれとして。
久住さんのこの本。ひょっとしてひょっとすると名著かも!
・・・個人的趣向との合致具合がね~。

おでんやラーメンではなく、古本を積んで夜な夜な灯りをともす古本屋台。
呑みたい人には、さつま白波。ただし、一人一杯かぎり。
「うちは飲み屋じゃないんだから」
クゥ~ッ! おやじさんのキャラにしびれる。

岡崎武志さんや荻原魚雷さんがモデルとおぼしき常連さんたちも登場したり。

いいなあ。1話、見開き2ページ、12コマのオトナのオアシス漫画。
渋い。そして繰り返し読んでも飽きない。

なんだろ、これ。

名著だな、やはり。

[PR]
by hey_leroy | 2018-04-16 23:29 | books | Comments(0)
<< いつかのカマクラ ヨコハマでジャグバンドをチラ見♪ >>