吉祥寺へ

f0160346_13354323.jpg


所用で友人に会いに、吉祥寺へ。
下北沢で小田急から井の頭線に乗り換える。
再開発というか、小田急の地下化で激変しつつある下北沢。
唯一以前と変わっていないのが、井の頭線の吉祥寺側。西口。
ホッとする。
でも、この景色もいつまで見れるのか。。。


f0160346_13362176.jpg


そういや、吉祥寺だってずいぶん変わっている。
ここ「いせや」も数年前に建て替えられた。
場の雰囲気も店員の愛想も(^^)、以前の感じを受け継いでいるけれど。
友人と呑みつつ、つい井の頭通りを「水道道路」と呼んで、懐かしがられる。
この辺りでは、そう呼んでたの!
僕は生まれてから18歳まで吉祥寺暮らし。
友人は生まれも、結婚して母となった今も、西荻窪暮らし。
となり町で、話がはずんだ。

解散して、ひとりでぶらり。
なつかしい店にいってみる。

f0160346_13355371.jpg


なつかしいといっても、自分が来たのは二度目。
以前は井の頭線のガード下にあった渋い酒亭。
子供の頃からスイミングに行くときに前を通っていた。
もちろん酒には興味なかったけど、建物は覚えてる。
その後、大人になって一度だけ呑みに来たな。15年ぐらい前かな。
「中央線の会」とかいって、酒友の姐さんとちょいちょい呑み歩いてたんだった。
で、知らない間に立ち退きになったのか、わりと近くの今の場所に移転。
建具とかカウンターはそのまま持ってきたんだろうな。


f0160346_13360242.jpg


燗酒がしみる。大分の「一の井出」。
突き出しは煮凝り。
お店は、おかあさんひとり。
常連さんがぽつりぽつりと。
おからと〆た青魚の「きらずまめし」は品書きになかった。
今はおかあさん一人でやってるのだろうか。それともたまたまなのか。
厚揚げに味噌をぬって焼いたのを肴に、酒を三本。


f0160346_13360957.jpg


ごちそうさまでした。
この頃は帰巣本能がつよく、シモキタにもどこにもよらず帰路に。

by hey_leroy | 2018-11-26 23:33 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)
霜月閑話 >>