お宅拝見~江戸から昭和~


小金井公園にある
『江戸東京たてもの園』にいった。

小金井公園・・・
小学生のころ、そのころ住んでいた吉祥寺から
友達とチャリを漕ぎこぎ来たことがあったなあ。
その時も、井の頭公園よりずいぶん広そうだなあ
と思ったけど、大人になってきても、やっぱり広い。

で、『江戸東京たてもの園』。
文化的な価値が高いけれど、もともと建っていたところ
での保存が不可能な建物を移築して保存・展示しています。

名前は「江戸東京~」となっているけど、
江戸時代の豪農の家などのほかにも
明治、大正、昭和に建てられた
洋館、商店、銭湯など興味深い建造物が
20棟以上。

f0160346_22172440.jpg


↑は、居酒屋「鍵屋」。江戸末期のころの建物らしい。
内部は昭和中期の居酒屋状態で保存。
古い酒場で呑むことも多いから、
あまり特別さは感じなかったなぁ。
鍵屋は現在も根岸で暖簾をだしています。

大正時代に田園調布に建てられた洋邸や、
昭和戦中期に建てられた建築家・前川邸などが
おもしろかっなあ。
なんだかモデルルームにお邪魔したみたいで。
靴を脱いで「お邪魔しま~す」と入ると、
ボランティアのおじさんが「いらっしゃい、ごゆっくり」
とこたえてくれた。
キャッキャいいながら、家のしつらえを眺めてまわる。

ほかにも、荒物屋や醤油屋、文房具店・・・
看板建築(銅板やタイルで前面を覆っている)や
長屋の雰囲気を残した下町情緒があるものなど、
時間が経つのを忘れて見てまわる。
江戸の農家の家などは、川崎や世田谷の民家園で
みたことがあって、そちらの方が展示としては充実してた印象。

またゆっくり来たいなあ。

夜は、武蔵小金井でチョイ呑み。
ぐうぜん見つけた「大黒屋」で煮込みやもつ焼きなど。
このお店、「今晩飲んで明日は仕事」のキャッチフレーズが
おなじみのお店で、僕もどこかできいて名前は知ってた。
大衆酒場の王道。
[PR]
by hey_leroy | 2008-06-13 22:11 | days | Comments(0)
<< 山に登ったり、踏切をまたいだり 三崎日和 >>