2009年 03月 29日 ( 1 )

餃子っ♪


今週末はスカから出ずにのんびりと。 

このところちょっと冷え込んだりして、花見は次の週末までおあずけかな。
買い物途中に眺めた衣笠山、まだ桜の気配はうすい。

そういえば、旅情たっぷりのわが衣笠駅にも、この春エレベーターが設置されました。
お年寄りの利用も多いのでちょっと気になっていたのだけど。よかった。
f0160346_01931.jpg

朝6時前の衣笠駅。
いつもはタクシーやらバスやらでそれなりにガチャガチャしてるけど、
さすがにこの時間は静か。

今日は早起きして家のあれやこれやをしつつ、なんだか風邪っぽいことに気づく。
のどがちょっぴりヒリヒリする。
お湯に梅干を入れて、ほんのちょっぴり焼酎を入れてのみ、少し寝た。

なんだかささやかにシアワセな夢をみた。
いつも体調がよくないと夢見も悪いんだけどな。

午後は古いjazzのレコードをとっかえひっかえプレーヤーにのせながら、
本や雑誌を適当にパラパラと。
4月公開の映画「ピンクパンサー2」はクルーゾー警部役がスティーブ・マーチンなのは
前作と同じだけど、その上司役ドレフェス役がモンティ・パイソンやフォルティ・タワーズの
ジョン・クリーズとのこと。 ちょっとたのしみ。


で、本日のメイン・イベントは餃子なり。
ついつい昨日は突発的にホルモンを食べてしまったけど、
このところ美味しい餃子がたべたかったのだ。

亀戸の専門店とか、大森・蒲田あたりの有名な羽つき餃子の店で
ビールをのみつつ外はカリッ、中はジュワッの焼き餃子の皿をかさねるのもよし。
むかし明け方にかよったシモキタの店で、皮がモッチモチの水餃子で老酒をグビリもよし。
もちろん手作りもよし。
具の配合とか好みはみんな一家言もってるんだろうな。
うちはあんまりこだわりないなあ。

今日は、自家製で!

これもシモキタなのだけど、学生のころ、繁華街からはずれたところにジャズが流れる
ちょっと洒落たラーメン屋があって、たまに友達と飲んだあとに食べに行ってたんだけど、
そこの餃子が「シイタケとセロリの餃子」だった。
小ぶりで一皿250円とかだったかな?
軽い食感で深夜に食べても安心な一品だった。
・・・ラーメンたべるんだから意味ないけど。
あ、でもラーメンも青菜が別皿だったり、シンプルかつ上品だったような。

味の再現なんてことはできないので、てきとうに。
乾燥シイタケを戻して、セロリ(葉も茎も)とみじん切りに。
お肉も少なめに入れてみた。豚バラを細かく刻む。
お酒と胡麻油と塩コショウ、シイタケの戻し汁、あとオイスターソースと片栗粉ちょっとで
混ぜ合わせて少し寝かせ、包み、焼く。
f0160346_1285481.jpg

あのね~・・・これ美味しい。 ポン酢でたべてみた。
いくつ食べても胃もたれしなさそう。
ニンニクも生姜もいれなかったけど、シイタケとセロリの風味がかなり効いてる。
・・・好き嫌いのある人にはイジメに近いかな。
『シイタケ嫌いの子やセロリ嫌いな子も、あらびっくり!食べられますっ』
とは絶対いえないっす。

ホッピーもすすむ。
身体ひえる。
梅干割りのむ。
風邪なおるかな。

さて、キャベツもニラも買ってあるので、次はオーソドックス餃子でいくかいな。
[PR]
by hey_leroy | 2009-03-29 23:59 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(2)