カテゴリ:カマクラとかフジサワであそぶ( 261 )

いい酒、いい肴

f0160346_13231574.jpg

フジサワは奥田センターにある田火田さんで。
カツオと焼き茄子の酒盗和え。
ネーミングからは味の想像がむずかしい。
実際は海苔がアクセントで美味しかった。
芹のおひたしも素敵だった。
そして、なにより燗酒。

by hey_leroy | 2018-11-21 22:25 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

腰越で呑み歩く

f0160346_13132015.jpg

昨日と今日は鎌倉・腰越での呑み歩きイベント。
行こうかどうしようか迷ってたけど知り合いも参加してるようだし、友だちのライブもあるし、ということで午後から参戦。
f0160346_13133249.jpg


満福寺境内で、去年に引き続き小畑仁くんのライブをたのしむ。
盛況で、よかった!

f0160346_13134677.jpg


そのあと、地元の知り合いと合流したり解散したりまた別の知り合いと呑んだり。。。


f0160346_13135348.jpg


イベント関係なくグビグビと痛飲。がはは。



by hey_leroy | 2018-11-18 23:59 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

風呂屋へ

f0160346_12320688.jpg


心身のゴリゴリしたものをほぐしに材木座まで。
清水湯さん。
駅からちょっと距離あるけど、ここじゃないとダメな時がある。

f0160346_12321567.jpg

で、結局こうなる。




by hey_leroy | 2018-11-13 18:28 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

逗子~鎌倉 音楽行脚


ちょっと残念な空模様の日曜日。
午後、逗子駅にほど近い亀岡八幡宮境内でのイベント「zushi community park」へ。

f0160346_10411691.jpg

MAKIMのライブを観る。


f0160346_10412174.jpg

パーカッションは福井豊さん。
冷たい雨が降ってたけどアッタカかったのは、神亀の燗酒のせいだけではなかろう(^^)


f0160346_10412773.jpg

今週土曜(11/10)は藤沢サウサリートでご一緒します。
予約完売のようだけど、次につながる楽しいライブになるようガンバリマス。

で、その足で鎌倉由比ガ浜の海浜公園へ。
f0160346_10413688.jpg

こちらではkamakura petit rock festival。
今年5月、荒天で中止になったので本日リトライだったのだけど。。。
降っていた雨は、着いた頃に上がった。
飲食のテントもライブもほぼほぼ終わって撤収ムードだったけど、
大トリのムーニーさんは観れた。
f0160346_10421145.jpg

アンディさんのクラリネットも気持ちよく響いていた。
みなさん、お疲れさまでした。

f0160346_10421647.jpg


ヨイ心持ちになって、長谷の同級生がやってるきしめん屋でグダグダし、
散髪してから腰越で仕上がって帰宅。



by hey_leroy | 2018-11-04 20:39 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

川っぱたの酒場


稲田堤の河川敷の酒場「たぬきや」の話を地元フジサワでしていたら、複数の友人に「川名の方の川沿いにも渋いとこあるよ」と異口同音に言われた。で過日さっそく。

f0160346_10003477.jpg

むふふ。このロケーション。
思わずニンマリな酒場でした。

f0160346_10011418.jpg

ソウダガツオの漬けと、むかごの素揚げ。
日本酒と焼酎の種類が、店構えから想像できないほどたくさん。
焼酎は濃い。そして安い。
おかあさんの愛想が云々ということも聞いてたけど、そんなことなかったよ。
居合わせた常連さんたちが、知り合いのウクレレ教室の生徒さんだったり。

f0160346_10004292.jpg

かなりディープな雰囲気ではあるけれど。

またお邪魔する酒場が増えた。。。

by hey_leroy | 2018-10-25 22:59 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

イカだろ、イカ。

f0160346_10144230.jpg


腰越の自称「俺の茶の間」にて、好物のイカつけ焼き。



by hey_leroy | 2018-10-23 22:13 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

カツオまつり!

f0160346_08525733.jpg

フジサワのちょっと街はずれにある、昼間はコーヒーショップ、夜は呑み屋さんになるステキスポットで、カツオ祭だったのです♪

ご常連が相模湾で釣ってきた今日獲れカツオ。
なんと12本も釣れたのだとか。すばらしい。
叩き、塩叩き、刺身。
別の料理人のご常連がさばいてくれます。
この大皿が2枚、そのほかもまだまだ。
ワイワイいいながら、みんなでペロリと。

美味~(^^)  振る舞いだと、とりわけ美味~!!

たいへん、ごちそうさまでした。



by hey_leroy | 2018-10-05 22:46 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

龍ノ口法難会


毎年9月11日、12日は、片瀬の龍口寺で日蓮上人法難会。
テキ屋もたくさん出て、界隈では一番賑わう行事であります。


f0160346_22593687.jpg


天気は両日とも曇り、ときどき雨。


f0160346_22594637.jpg


画像は両日入り乱れております。
ま、いいか。

ご本尊から白い布が延ばされていて、柱の先にある布の端を触るとご利益が。


f0160346_23000451.jpg


左に見える電飾のクラゲのようなのが「万灯」。
法華太鼓と纏と万灯が、なんといってもこの行事の象徴。


f0160346_23001769.jpg


都内や近郊の日蓮宗の集まりが、団扇のような法華太鼓を打ちならし、
若い衆や子供たちが纏をふりかざし、万灯はきらめく。


f0160346_23004346.jpg

地元の片瀬睦がホームならではの貫禄と気配り。


f0160346_23010072.jpg

龍口寺のHPにある法難会の縁起

鎌倉時代後期、日本は内乱や蒙古襲来、飢餓や疫病の蔓延など、様々な脅威に包まれていました。それらを憂えた日蓮聖人(1222~1282)は、『立正安国論』を著し、幕府に奏上しました。 しかし、幕府はこれを政策への中傷であると受け止め、文永8年(1272)9月12日、鎌倉松葉谷の草庵におられた日蓮聖人を捕らえ、斬首するために、刑場であったこの地、龍ノ口へ連行したのです。 翌13日子丑の刻(午前2時前後)、土牢から引き出された日蓮聖人は、敷皮石(座布団状の石に皮を敷く)に坐らされ、評定の使者も待たず、あわや斬首になるときでした。 「江ノ島の方より満月のような光ものが飛び来たって首斬り役人の目がくらみ、畏れおののき倒れ」(日蓮聖人の手紙より)、斬首の刑は中止となりました。 龍ノ口刑場で処刑中止となったのは日蓮聖人をおいておらず、爾来、この出来事を「龍ノ口法難」と呼び習わしています。


f0160346_23010800.jpg


しっかし、法華太鼓は日本のバトゥカーダか!
ちょいとトランス状態に持っていかれます。

わが家も日蓮宗だけど、こんなアゲアゲな仏事だとは、界隈に住んでからもしばらくは知らなかった。。


f0160346_23011604.jpg


まぁ、ほぼほぼ、この門前の酒屋さんで知り合いたちと呑んでいる時間が長かったのだけど。
来年はボタモチを投げる時にも参加してみたいな。


by hey_leroy | 2018-09-12 22:59 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

今日も今日とて


f0160346_23485106.jpg

今夜もホッピー日和。
長谷の海辺にある酒場へ。
とらさん、おつかれさまでした。
まだ数日あるけど。
また新天地で。

お店自体はつづくのかな?


f0160346_23490793.jpg


思いがけず、友達に遭遇することが多い日だったなぁ。



by hey_leroy | 2018-08-28 23:48 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

遠くの花火とシンコ


仕事終えて片瀬江ノ島駅に帰りついたら東の方から花火の音。
ハイボール缶を買って腰越へ。
防波堤の先っちょにいくと、江ノ島に掛かる弁天橋越しに、小さく見えた。

f0160346_23401472.jpg


金曜にやるはずだった平塚の花火大会が今夜に延期されたみたい。
いやぁ、まったくノーマークでしたわ。


f0160346_23404388.jpg


で、今日こそはまっつぐ帰ろうと思ったんだけど(^^) こりゃビイル!と思って入ったNagiに、今年はあきらめてた新子が!

おもいがけず、いい日。


by hey_leroy | 2018-08-27 23:37 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)