人気ブログランキング |

カテゴリ:音( 251 )

Moseさん、そちらでは元気ですか

f0160346_12371566.jpg

Mose Allison が亡くなって今日で2年。
彼の影響を受けたアーティストはたくさんいるけど、彼の直系と感じる人はいない。
ワン&オンリーのスタイル。
彼しかいないから、これからも聴きつづけるのです。
ジャズだブルーズだとかどうでもよろし。
瓢然、皮肉、冷熱、いいじゃないか。

ほろ酔いで寄ったフジサワのsausalitoでMoseのレコードがかかったけど、偶然でもそうじゃなくても、いいじゃないか。

うれしかったな。

by hey_leroy | 2018-11-15 23:36 | | Comments(0)

R.I.P. Jerry Gonzalez


Jerry González (June 5, 1949 – October 1, 2018)

大好きなトランぺッターでコンガ奏者のジェリー・ゴンザレス。
今月1日に亡くなっていたということを、2週間もたって知る。おどろく。


f0160346_09040406.jpg

フジサワの馴染みの店で、ラテンジャズにフォーカスした映画"calle 54" を観る。
Jerry、男前。

彼がFort Apache Bandの後に組んだ El Comando De La Claveというバンドは、ここ数年一番ライブをみたいと思っていた。




トランペットもカッコいいが、ソロを終えてやおらコンガを叩き始める瞬間が、何度見てもたまらない。


f0160346_09035214.jpg


2005年にブルーノート東京に出演したときに行ったのが最初で最後だった。
この時に観れて、本当に良かった。

これからも聴きつづけます。
素晴らしい演奏をありがとう。




by hey_leroy | 2018-10-16 23:00 | | Comments(0)

小沢昭一的 新宿末廣亭 特選三夜

f0160346_08542175.jpg

最近買ったCDはジャズでもソウルでもなく、これでした。
今は亡き小沢昭一。新宿末廣亭、平成17年6月下席。
「随談」と称して10日間高座に上がった際の音源。

文字に起こしたのは当時本にもなったけど、実際の喋りが聞けるとは!
CD収録は3日分。全日分聞きたいとか、映像で観たいとか、欲を言ったらキリがないけど、まあうれしいことです。
話術もハーモニカもたまらんなー。
自分にとっての大切な昭和の語り部のひとりでもある。
ちなみに発売は2、3年前。廃盤になる前に買えてヨカッタ。



by hey_leroy | 2018-09-19 23:54 | | Comments(0)

Big J. McNeely R.I.P.

f0160346_08463221.jpg

まさか、昨年出たブラサキとの共演盤を遅ればせながらポチったその日に、訃報を聞くことになるとは。
ビッグ・J・マクニーリー。
一貫してワイルドなR&Bサックスのエンターテイナーだった。
2015年クアトロでの元気でハードなブロウを堪能できたのは大切な思い出です。
御年91歳!生涯現役。

どうか安らかに。今日はこのあとリハーサルに出かけるけど、必要以上にオーバーブロウしそうな予感。



by hey_leroy | 2018-09-17 14:46 | | Comments(0)

女王を偲ぶ

f0160346_17424636.jpg


8月16日、Aretha Franklinが76歳で亡くなった。

たくさん聴いた。映像もたくさん見た。
ライブでもたくさんカバーした。

実感がわかないけれど、今夜はフジサワのBarをホッピングして、女王を偲んだ。

いまは、感謝しかない。



by hey_leroy | 2018-08-17 22:42 | | Comments(0)

bob dorough R.I.P.

f0160346_09050604.jpg

洒脱でヒップな大先輩、94才で逝く。
よれた歌、軽妙なビアノ。
数年前の初来日ライブ、観れてシアワセだった。

子供向け教養番組 "Schoolhouse Rock" での活躍や、Miles Davis のアルバムへのボーカリストとしての参加などで有名だけど、僕は小編成で気の向くままに演奏してる姿が大好きでした。

BobとBlossom DearieとDave Frishbergがそろってのライブを見るのが夢だったけど、こちらに残るはDaveひとりになっちゃった。





ありがとう。やすらかに。

Bob Dorough December 12, 1923 – April 23, 2018


by hey_leroy | 2018-04-23 23:59 | | Comments(0)

dear blossom

f0160346_07055610.jpg


Blossom Dearie
April 28 , 1926 ~ February 7 , 2009


ブロッサム・ディアリー。
いなくなってから、あっという間に9年。
真摯でチャーミング。
これからも、あなたの歌とピアノとともに。






by hey_leroy | 2018-02-07 07:05 | | Comments(0)

Keely Smith R.I.P.


ルイ・プリマのステージで華やかさとキュートさと無反応キャラとボケを振りまいていたKeely Smith。
12/16に亡くなったそうな。89歳。

今年の12月はクリスマスアルバムは引っ張り出さずに、ルイ・プリマをくりかえし聞いていた。サウンドの多幸感にひたりつつ。Keelyの訃報を知ったのは24日だった。

ありがとう。これからもず~っと聴きつづけます!




Keelyはルイ・プリマと離れてからも、生涯現役で歌いつづけました。
ソロアルバムもたくさん。
でも、やっぱりルイ&キーリーの時代が好き。




80年代にDavid Lee Rothもカバーした代表曲!
ルイ・プリマは”Sing!Sing!Sing!”の作曲者としても知られています。




そしてバンドの番頭さん、サックスのSam Buteraは我がアイドルのひとりであります!


by hey_leroy | 2017-12-26 21:18 | | Comments(0)

Toots と Blossom


Toots Thielemans 伯父サマの、これは初めて見る映像だ!
のっけからのギターと口笛のユニゾンに身を乗り出し、
続けざまの名曲"Bluesette"でのけぞる。





もちろんハーモニカも吹いてます。
でも、やっぱりギター&口笛のキレッキレ加減が凄い。
イイもの見せてもらったわぁ。


そして、同じ人がアップしてくれてる中に、こんなのも。




Blossom Dearie と Karin Krogのスタジオライブ。
これも初めて見た~!
冒頭からの"Sweet Georgie Fame" に感涙。

TootsのもBlossomのも、なんて上質なプログラムなんだろう。
どちらも1960年代の終わり頃かな?
両映像の画面右上に出ている"NRK"というロゴが気になる。
どうやらノルウェー放送協会のようだけど。
HPのアーカイブに、なんやらいろいろありそうで。
今後の楽しみにしたいと思いますです。



by hey_leroy | 2017-12-14 20:51 | | Comments(0)

Jon Hendricks R.I.P.


Jon Hendricksが11月22日、96歳の天寿を全うした。
器楽唱法(ヴォーカリーズ)の父、なんて書くと仰々しい。
ちょっとハスキーな声が生む深みと疾走感。




この映像で立ち位置右側の人。
グループで活動したこのLambert Hendricks & Rossも、その後のJonのソロも、アルバムはほぼコンプリートする位好きなのです。
The Manhattan Transferも、Al Jarreauも、Bobby McFerrinも、JonやDave Lanbertがいなければ、きっと違った形での活躍になっていたことだろう。

90年代にGeorgie Fameのアルバムに客演して掛け合いをした"Little Pony"もお気に入り。




憧れのJonとの共演ではしゃいでるGeorgieと、一歩引いて温かく見守るJon、みたいな。

90歳を超えても歌いつづけていたJon。
これからも聴きつづけます。R.I.P.




by hey_leroy | 2017-11-24 22:00 | | Comments(0)