カテゴリ:呑んだり喰らったり( 174 )

初モノ!

f0160346_10051446.jpg

そら豆ラブ。


[PR]
by hey_leroy | 2018-02-17 14:02 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

穴八幡~月島へ

f0160346_12165641.jpg


昼下がり、東京・早稲田へ。
今年も穴八幡宮へやってきました。


f0160346_12170330.jpg


一陽来復の御守を授かって、ミッションコムプリイト。
いや、2月4日0時、恵方に向けて御守を祀るまでは安心できない。

鳥居の土台は、亀。


地下鉄に乗って、月島に向かう。
17時開店の老舗煮込酒場は30分前で、もう長い行列。
この近くで働いてるときは、空いてるときだけ暖簾をくぐってたけど、今じゃそうもいかない。
並んで待って、17時。ギリギリ席には着くことができた。


f0160346_12171749.jpg


いつものように、ビール小瓶と菊正宗の燗を同時に注文。
牛煮込み半分ネギ抜き、煮こごり、ズワイガニ酢の物。
ネギは大好きだけど、ここの煮込みの濃厚な味を楽しむには少々邪魔だと自分は感じてるので、ネギは抜いてもらってる。
そして、冬は煮こごり。口に含んで少しそのままにして、じんわり溶けてきたところに燗酒を流し込む。このシアワセ。
・・・今日はウンチク伯父さんになってるなぁ。やだやだ。


f0160346_12173750.jpg

イワシ煮たのも、安心の美味しさ。
どこにでもありそうで、実はあまり見かけないメニュー。
あまりにも家庭的すぎるのかな。

おかあさんもおねえさんも変わらず元気そうでなにより。
またきます。

で、もう一軒、寄らずに帰れぬ店へ。


f0160346_12174603.jpg


ひさしぶり。
去年は数回しか来れなかった。
都内に出る機会の少なさってのもあるけど、それにしてもここより静岡で呑んだ回数の方が多かったとは。


f0160346_12175561.jpg


ひょえ~っ!フローズンホッピーも久しぶりだぁ。
ポテサラ、マグロの生姜煮などつまんで。
顔なじみの常連さんたちと談笑しつつ。
この酒場のファミリー感はすごいなぁとあらためて感じる。

呑み過ぎそうになるのを必死にこらえて、帰る。

授かった御守りをつぶさないように。



[PR]
by hey_leroy | 2018-01-15 23:59 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

オリジナルコロッケ納め

f0160346_10414086.jpg


2017年の自分の三大ならぬ三凡ニュースは、

1. ヤオミネのオリジナルコロッケの虜になった!
2. 人生初サイゼリヤ!
3. 人生初バーミヤン!

でした。

ヤオミネは、鎌倉腰越にあるスーパーマーケット。
オリジナルコロッケは現在月曜と金曜のみの販売。
なので、2017年は今日が食べ納め。

もちろん、おいしくいただきました。

来年も、お熱はおさまりそうにありません。


[PR]
by hey_leroy | 2017-12-29 23:41 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

揚げたて最強

f0160346_02562354.jpg


今まで「冷めてもウマい」「前の日のでもウマい」などと、
鎌倉腰越・ヤオミネの「オリジナルコロッケ」愛を語ってきましたが、
やはり、揚げたてのそれは最強だった!
ということを。ここに申し述べておきます。

実は揚げたてを食べてなかったのです。
月曜と金曜の15時からの販売。なかなかハードル高くて。

でも今日やっとありつけた。
サイコーです!!ホックホクです!!

サッポロラガー(赤星)とも勿論ベストマッチング。




[PR]
by hey_leroy | 2017-11-27 16:55 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

浅草でライブ鑑賞の前と後に呑む。



f0160346_11461407.jpg


東雲なんてところに来てます。
となりの有明はライブ見たり、テレビの収録で来たり。
いずれもウン十年前です。
国際展示場もお台場もレインボウブリッジもなかったころ。

朝のうちは残っていた昨日のオチャケも、昼前には抜けて。


f0160346_11462044.jpg


めずらしい現場にきております。
ちなみにピアノは弾いてません。。。
いろんな人にお世話になりました。
驚きのつながりもあったりして。


f0160346_11463102.jpg


ゆりかもめ。
生まれて初めて乗ったのか、以前乗ったことがあったのか。
そんな記憶すらもうない。
たぶん、乗ってないと思うけど、いや、わからないな。


今日は日暮れ時から浅草でライブを観るのです。
湾岸エリアから、近そうで遠いというか距離感がイマイチわからない。
でも、午後2時ぐらいに浅草到着。
日曜ということで、大混雑。
外国人観光客、日本人観光客、日本人場外馬券場客。
一時期、衰退著しかった浅草も、元気になってるのかな。
日曜だからかな。
一杯やりたいところだけど、JRA近くの通称ホッピー通りの煮込屋群も大盛況。

喧騒・雑踏を抜けて、浅草観音裏へ。


f0160346_11464183.jpg


浅草見番の向いの蕎麦屋へ。
中休みなしで営業してるのはいいやね。
ここも混んではいるけど、行列まではない。


f0160346_11465397.jpg


板わさと燗酒(弁天・本醸造)。
板わさは2切ほどすでに食しております。


f0160346_11470080.jpg


名物の”はまぐりそば”も、牡蠣なんばんもいいけど、
今日はシンプルに「もり」で。
町場の蕎麦屋さん、しっかり量もあってウマイ。
人心地ついた~。


で、夕方のライブを堪能しまして。(そのことはまた別に書きます)
小さい会場を出ると、また18時過ぎ。

さっきは喧騒を避けていたけど、今はちょっと喧騒が恋しく。


f0160346_11471177.jpg


ライブを見た会場(江戸末期の土蔵!)がある店から徒歩2分。
今宵もステキな浅草一丁目一番地。


f0160346_11471983.jpg


ここへ来たら、アサヒスタウトと決めている。
国産大手ビール会社が作る最後の本格スタウト。
キリンの一番搾りスタウトは製法も度数もちょっと異なもの。
(以前あった小瓶のキリンスタウトの復活を望みます!)
あと、もちろん電気ブラン。


f0160346_11472818.jpg


カニコロッケ。 ベシャメルが固めなのがいい。
もちろんカニ感も!
滞在時間、約30分。いい時間でした。

数年前に93歳で亡くなった大叔父が、亡くなる少し前まで大常連として毎週通ってた酒場でもあります。



[PR]
by hey_leroy | 2017-11-26 20:45 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

初めての街、北浦和へ(2)~なつかしの田舎まんじゅうを求めて~


北浦和に来た目的、その2。
子供の頃によく食べてた独特な田舎まんじゅうが懐かしくて、でも売ってた井の頭公園そばの店はナン十年も前に閉じてて。以前無性に食べたくなって執拗に画像検索とかしてたら、何となく似た感じのがあって、それが北浦和の伊勢屋餅菓子店支店でした。行く機会がなかなか無かったけど、気になる美術展が至近だったので、鼻息荒くやってきました。

f0160346_22051527.jpg

駅から3分ほど。いい佇まいです。
のり巻き、赤飯、おはぎにお稲荷さん・・・
「和菓子屋」というよりは「お団子屋」。
こういうお店で「伊勢屋」の屋号は多いような。
浅草にも横須賀にも、きっとその他にも。

f0160346_22053983.jpg

ジャジャン! これが伊勢屋の田舎まんじゅう。


f0160346_22054718.jpg

かなり似てる!
僕が食べてたのはもうちょい無骨なつくりだった気がするけど。

皮はフカフカしてなくて、水で溶いた粉でつくったような餅?で餡を包んだみたい。昔食べてたのは、もっと皮が薄くて、餡を水溶き粉にくぐらせて蒸したような、もっとマダラに餡が透けて見えるような感じだったなあ。

でも、平たい形状で、モチモチだけど冷めるとかなり硬くなりそうなところが似てる!それをそのままかじるもよし、少し温めるもよし。

とりあえず北浦和公園で一個。


f0160346_22055259.jpg

稲荷も素敵でした。甘辛なお揚げさん!

このあと、美術展をゆっくり観て、昼下がり。

f0160346_22055961.jpg

商店街で蕎麦屋さん見っけ。

f0160346_22061071.jpg

冷やで一杯やりつつ、天せいろ。
ここから鎌倉まで一直線。グリーン車を奢ります。

う~ん、こういうまんじゅう、都内とか神奈川でもあるかなぁ。
三ノ輪あたりにも少し気になる店があるのだけど。
北浦和はちと遠い。

情報求ム!


f0160346_22053407.jpg

包み紙もイイ感じでした!



[PR]
by hey_leroy | 2017-11-15 15:03 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

オリジナルコロッケ


f0160346_22485403.jpg


偏愛してやまない、スーパー・ヤオミネのオリジナルコロッケ。
鎌倉・腰越です。
以前も紹介しましたが、その後もあいかわらず食しております。

しばらく火曜と土曜日の販売だったのが、今月から月曜と金曜に。
いずれも15時から。
・・・って、とくに行列ができるわけでもなく、すぐ売り切れるわけでもなく、ただ自分が好きなだけなのです。
芋の味が生きた、やさしく懐かしく、食べ飽きない味。

仕事帰りに買って帰って、おかずと一緒に白飯のかわりに1個。


f0160346_22495239.jpg


本当は、帰宅途中、海沿いの国道を歩きながら、最初の1個を。



[PR]
by hey_leroy | 2017-11-06 22:46 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

横浜寿町へ


横浜・寿町へテント芝居を観に行く。
芝居は18時半から。整理券引換えは16時から。
今は15時前。時間はたっぷりある。
石川町駅からぶらり、ぶらぶら。

10数分歩くと、酒屋があった。
名前聞いたことある。

f0160346_08545267.jpg


角打ちで一杯やれる店だ。
右側が立ち呑みコーナー。
ビンビールもらおう。
テレビ眺めながらまったりする午後。


f0160346_08552639.jpg


オトナの駄菓子屋だね。
シークワーサー割りを頼む。
焼酎がグラスに半分。氷入れない状態で。濃ゆい。
これは氷もたのまなきゃ。小さいポリ袋に入った氷は50円。
バタピーと鱈の小袋も50円。


f0160346_08553448.jpg


これから芝居なのだぞ、と自分に言いきかせて、テントをめざす。



f0160346_08595747.jpg


呑み屋街。木賃宿。コインシャワー。虚空を見上げる人。路上に座り込む人。
寿町は山谷、西成とならんで日本三大ドヤ街と呼ばれる場所。
「お邪魔します」の気持ちを持っていなければきっと痛い目にあう。
でも、今日見る芝居は「この場所でやるからこそ」意味があるともいえる。
たぶんね。
f0160346_08570816.jpg


水族館劇場。現代河原者集団。
今回の舞台は、横浜寿町労働センター跡地。
横浜トリエンナーレの一環として、この場所にあらわれた廃墟遊園地。
写真家・鬼海弘雄による巨大な人物ポートレートや岡本光博のギリな現代アート作品、古本屋テント、回らない回転木馬。。。
猥雑で、静かに熱を帯びているような。
これからの芝居に期待がふくらむ。


f0160346_08572622.jpg


開場時間。整理券代わりの木札をもらっていると、知り合いのS女史に背中を叩かれる。
まだ2時間以上もあるもんねぇ。

と、いうわけで。

f0160346_08582531.jpg


小屋近くの酒場に。お邪魔します。


f0160346_08583894.jpg


すんごい。
カウンターにすわる大先輩たちのシャツもビビッドで。
ここは日本のブエナビスタか!
ジュークに入っていたのは、昭和歌謡、演歌、ちょびっとフォーク。
ちあきなおみ、かけたかったけど、相撲中継の邪魔はできない。


f0160346_08584834.jpg


コダマサワーでキンミヤを割る。
値段はそこそこ。


f0160346_08585586.jpg


整理番号、3番でした。
気合い入れすぎたか。
でも、道連れが見つかってヨカッタ。


f0160346_08585997.jpg


夏の名残り。


f0160346_08590545.jpg


入り口の引き戸にいたキャラ。
お運びのおねえさんなのか、マッチ売りの少女的な悲哀を引きずる女児なのか。。。


f0160346_08592348.jpg


日が暮れてきた。まだちょっと時間あるねぇ。

界隈には、細い路地があって、裏の方に小さなカウンターだけのスナックや酒場が密集していた。


f0160346_10443124.jpg


どこか入りやすそうな店あるかな・・・と思うも、どこも常連さんで7~8割がた席が埋まっていいて、二の足を踏む。
東京・山谷ほどの厳しさ、排他的な雰囲気は自分たちは感じなかった。
もちろんただの通りすがりなわけで、町は時によっていろんな表情を出すのだと思う。


f0160346_08593064.jpg


結局、立ち飲み屋のオープンエア(縁台的?)なテーブル席に落ち着く。
お茶割り、チヂミ、ニラ玉。
おじさんたち、やさしかったな。

さてさて、ぼちぼちテント小屋に向かいますか。



[PR]
by hey_leroy | 2017-09-15 18:00 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

マイブーム


君はたとえそれがすごく小さな事でも
何かに こったり狂ったりした事があるかい
たとえばそれがミック・ジャガーでもアンティークのカメラでも
どこかの安い バーボンのウィスキーでも
そうさ なにかに こらなくてはダメだ
狂ったように こればこるほど
君は一人の人間として しあわせな道を歩いているだろう


かまやつひろしは「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」でこう唄った。



f0160346_06394852.jpg


僕はいま、鎌倉腰越のスーパー、ヤオミネのオリジナルコロッケに凝っています。

普通のコロッケやミニコロッケ、クリームコロッケは毎日売ってるけど、
オリジナルコロッケは週2日のみ。 1ヶ88円。



f0160346_06401900.jpg


小判型でもなく、俵型でもない。ちょっとずんぐりした素朴な形。
ジャガイモは絶妙に固形感が残ってて、ひき肉ほんの少々。
塩コショウがほんのり。
そして、衣が薄めで油っぽくなくて、冷めてもおいしい。
というか、冷めたのをソースもかけずに食べるのがシアワセ。
イモの味が楽しめるコロッケ。

妙にハマって、販売日には、ほぼ毎回買いつづけています。
たまに、歩きながら缶ビール呑みつつコロッケ頬張りつつ、
夜の海沿いの国道をブラブラ帰宅したりしてます。
・・・たまにではなくて、2回に1回かな。


f0160346_06410893.jpg


腰越の、江ノ電が路面を走る電車通にある地元密着スーパー。
ときどき、オッという品ぞろえ。
1932年創業。チェーン展開なし。
ポイントカード作らなきゃ。

いつまでこのマイブームが続くのか、ちょっとコワい。


[PR]
by hey_leroy | 2017-09-05 23:55 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)

なつかしパスタ



15年ほど前まで、三軒茶屋に務めておりまして。
今日通りかかったので、あるかな~と思って行ってみたら、ありました。
いや、そのころの職場はもう移転してるんだけど。
当時よくランチにかよった、パスタ屋さんのことです。


f0160346_03492554.jpg


今日の日替わりは、枝豆とアンチョビのペペロンチーノでした。
このオイルの塩梅、食べごたえ、なつかしい!
いつもはツナと青じそ、アンチョビと青じそ、アマトリッチアーナ(辛いトマトソース)、メランザーネ(ナスのトマトソース)など食べてました(我ながらよく覚えている)。夜はピッツァほか一品料理もあって、呑める。

同年代と思われるお姉さんが1人でやってるのも変わらなかった。少しオトナになられたような・・・って、その言葉そのままお返ししますってコトですなぁ。

内装も変わってなくって、ついキョロキョロしてしまう。
あの頃の同僚で今も友達のIくんについ写メ送ってしまった次第なり。


f0160346_03500471.jpg


あ~美味しかったな~。今また田園都市線使うようになったから、ちょっと方向は違うけど、あまり期間をあけずに来る機会がありそうだな。いかなきゃいけないソウル・バーなんかもあるしな。






[PR]
by hey_leroy | 2017-08-25 16:48 | 呑んだり喰らったり | Comments(0)