<   2009年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

芸談 聞き書き


図書館から借りてきていた 『のり平のパーッといきましょう』 
(三木のり平 聞き書き 小田豊二 / 小学館)を読み終えた。
日本橋浜町の待合の息子として生まれ、幼い頃から寄席や芝居小屋に通い、
新劇から喜劇役者、個性派俳優へ・・・。
そのと~っても長い芸歴のはなし、思い出、芝居や笑いへの思いが綴られています。
おもしろい! 内容はもちろん、のり平センセイが喋った口調そのままに文章になっているのが
すばらしい。 小気味よく飄々として粋な軽さで。
小田豊二さんが聞き役になって、話した内容を書き起こしているのだけど、
対談とは違って聞き役の相槌などは書かれていないので、問わず語りのような体裁になりつつも
ちゃんと相手も見えてくるような、グイグイひきこまれる読み物です。
1999年に74歳で亡くなる少し前に語った言葉たち。
酒をのみながら、とぼけたりツッコミいれたり、ちょっと寂しさもにじませつつ、
読み終える頃にはこちらも泣き笑いのような感情をおぼえる。
文庫化もされてるみたいなので、手元に置いておきたいなあ。

そして、小田さんが聞き書きをした本がウチにもあったなぁと思い出して、続けて読みました。
『幇間(たいこもち)の遺言』 (悠玄亭玉介 聞き書き 小田豊二 / 集英社文庫)
日本最後の幇間といわれた悠玄亭玉介師匠の芸のはなし。
この師匠も下町っ子。明治40年浅草生まれで、子供の頃から歌舞伎にのめりこみ、
落語や常盤津、日本舞踊の修行をしてそれぞれ名取になりつつ、昭和10年にたいこもちに。
お座敷によばれて、お客さんに気持ちよく遊んでもらうために座を盛り上げるのが
たいこもちの仕事。 
歌舞伎役者の声色や屏風芸、踊りに落語などの芸を見せるのはもちろん、
なんといってもお客をもちあげる気遣いと話芸。 
ヨイショとひとことでいうけれど、とても深い。
そんなハナシをこれまた小気味よいテンポでポンポ~ンと喋ったままに書いてあるので
やっぱり一気に読んでしまう。 
往年の歌舞伎役者や落語家、講談師の名人などのことも出てくるけど、まるでわからない。
でも、十分楽しめる。 笑いながら、ためになる。
芸談でありながら、普遍的な人生論でもある。
ちょいと艶っぽいはなしもあったりして、それがまた軽妙で。
この本も、1994年に85、6歳で亡くなる直前までのインタビューを聞き書き形式で
まとめたもの。
とても病床にあるとは思えない洒脱っぷり。

2冊とも、聞き書きの小田さん、よい仕事をしてくれたものだと思う。
おすすめです。
f0160346_22265849.jpg

さて、この後は以前読みかけて途中になってる『旅芸人のいた風景』(文春新書)に
再度挑戦するか(前はあまりにも芸人の起源の学術的考察って感じで挫折した・・・)、
図書館に『由利徹が行く』 (高平哲郎)があれば借りるか。。。
そして依然、就寝前には分厚い 『ロッパ昭和日記』 をめくっている。

喜劇月間はつづく。



お~っと! 玉介師の映像を発見!



あるもんだなぁ。。。
[PR]
by hey_leroy | 2009-10-14 21:35 | books | Comments(0)

喜劇月間


先日ひさしぶりに高田文夫の対談集 『笑うふたり』 (中公文庫)を読み返したら、
まえに読んだときよりもずいぶんワクワクした。
伊東四朗、のり平、谷啓、欽ちゃん、青島、談志、、、三宅裕司や小朝、イッセー尾形も。
聞き上手、語らせ上手の高田さんの面目躍如。
いまや大御所ベテラン芸人たちの、僕なんかがリアルタイムで触れられなかった時代の
あれやこれや。 とっても興味深い。

続けざまに小林信彦の 『日本の喜劇人』 (新潮文庫)や、古今亭志ん生の 『びんぼう自慢』
(ちくま文庫)などを再読、しばらく昭和のお笑い漬けになりそう。

さらに、昨日図書館で借りてきたのは
『古川ロッパ昭和日記 戦前篇』 (晶文社) と 『のり平のパーッといきましょう』(小学館)。
昭和前期の喜劇王、ロッパの日記は、書架から出してきてもらってビックリ。
こんなに分厚い豪華本だったとは・・・。 
f0160346_111343.jpg

これがもう3巻あるのです。
僕は、いったいロッパの何を知りたいというのか・・・。
でも、読みはじめたらけっこう面白い。
一座を率いての公演や稽古のはなし、食べ物のはなし(かなりの健啖家)、などなど。
まったく知らない世界だけど、当時の社会風俗が浮かび上がってくる。
疲れて呼んだ指圧師が浪越(徳次郎)だったり、知った名前もチラホラ出てきて。
とても持ち歩ける本ではないので、眠る前に布団に腹ばいになって少しずつ読み進めよう。
返却期間にはとても返せそうにないなぁ。

映画でも、神保町シアターや浅草新劇場でちょっと観てみたい喜劇映画がある。

今月は、喜劇月間。
[PR]
by hey_leroy | 2009-10-10 22:52 | books | Comments(0)

雲が流れる~♪


夜中ザンザン降った雨は早朝あがってた。
風はあいかわらず吹きすさんでいる。

いつもより少し早めに家を出たけど、横須賀線はやっぱり乱れていた。
でも、東海道線も山手線も止まるなか、なかなかのガンバリをみせたと思う。
・・・ぼくが乗った電車以降は止まってしまったみたいだけど。

奇跡的に20分ほどの遅刻ですんだ。
都内の交通機関がこんなに麻痺しているとは思わなかったな。

雲がびゅんびゅん流れてる。
これをみるといつも思い出すのは 『はじめ人間ギャートルズ』 のオープニング。

はじめ人間 ゴンゴンゴ~ン
石斧かついだ ゴンゴンゴ~ン
地平線だよ ゴンゴンゴ~ン
雲が流れる ゴンゴンゴ~ン
風が渡るよ ゴンゴンゴン
マンモスだぁ~♪
f0160346_10562414.jpg

作詞 園山俊二  作曲 かまやつひろし うた ちのはじめ

テンションあがる。

たまらず、帰りにホッピー。
5日ぶりのアルコール、沁みるわ~。
[PR]
by hey_leroy | 2009-10-08 23:35 | days | Comments(2)

雨戸を閉めたよ


光合成できない日がつづいています。

台風18号への警戒をよびかける声が大きくなってる。
あした、関東にも接近。
ここ数年、神奈川あたりは何だかんだで大事には至らないことが多かったけれど、
今度ばかりは・・・という情報もあって。

横須賀線、明日は朝からちゃんと動くかな。

昨日の夜は、東逗子駅で非常停止ボタンが押されたかとかで、ちょっと遅れた。
そのとき僕が乗った電車は鎌倉駅に止まっていて、10分くらいして動き出したけれど、
東逗子に着いてみたら、ひとけのない夜10時過ぎのひなびた駅のホームに非常ブザーの音は
まだ鳴り響いていて、そんななか電車は何事もなかったように人を降ろし、発車した。
なんだかわからないけどセツナイ気持ちになった。

今日は早朝に横浜で人身事故。僕が乗ってた電車は東逗子駅で1時間ほど動けずにいた。
もう非常ブザーの音はしてなかった。
仕事にはもちろん大幅に遅刻した。

明日は、どうかな。

みなさん、無事でありますよう。 
できることは限られるけど、備えはしておきましょう。

とりあえず、僕は雨戸を閉めました。

たまりつつある洗濯物を尻目に、
古今亭志ん橋や春風亭柳昇の落語のCDかけながら、
パスタ用のトマトソースをつくったり、大根を煮たりしてます。

・・・そして、なぜだか酒気無し4日目。
[PR]
by hey_leroy | 2009-10-07 23:26 | days | Comments(0)

月見で秋刀魚、雨でも秋刀魚


昨日、一昨日ときれいに満ちた月がみえた。
・・・中秋の名月ってどっちだったんだっけ?
ぼくは、昨夜の広い夜空にぽっかりと浮かぶ月より、
おとつい雲間に見え隠れしていた月のほうが味わい深く感じたな。

でもって今夜は、雨。 けっこう激しい。

昨日は、リナ・ホーンの"LENA~like Latin"というレコードをかけながら
サンマを焼いてたべた。
彼女の歌声はときにオキャンすぎてtoo muchに感じることもあるけど、
このアルバムは、ジャズのスタンダードをラテンアレンジでやってて、ハマッてる。
とくに"old devil moon"が白眉。 最高の「にぎやか系」月見ソング。 
メロディの良さとアレンジのダイナミズムがキマッてる。
こないだの月見イベント@月島でもかけました。

今夜は、レイ・チャールズのタイトルもずばり"Ray Charles"をかけながら
サンマを焼いてたべた。
雨音を感じながら聴く "Drown in my own tears"。
サンマのワタが苦い・・・。

まあ、なんにせよ秋刀魚はンマイね、エライね、というハナシ。
はやく土鍋でサンマご飯炊かなきゃ、と思いつつ、ついつい「焼き」にはしる。

散乱してたレコードやら片付けて、衣替えして、扇風機もしまって、、、
と思ったら、もう湯船にお湯をはりたい寒さになった。

お湯割りや燗酒が美味しくなる季節。。。
でも、めずらしく昨日今日と晩酌してないワタシだったりします。

台風が過ぎたら、まさに秋晴れな空になるんだろうな。
[PR]
by hey_leroy | 2009-10-05 23:14 | days | Comments(0)

ようこそヨコスカへ。


フジサワからお友達2名様が「来スカ」。
かねてからの懸案事項 「横須賀大衆酒場ツアー」。
天晴れな日和でヨカッタな。

汐入で待ち合わせして、ドブ板通りをぶらぶらしつつ、
16時の口開け狙いで「銀次」へ。
窓際の卓におちついて、時おり入ってくる気持ちイイ風を感じながら、
シコ、モツ揚げ、ヌタ・・・。 ビールから燗酒へ。
絶妙な燗つけ加減とまわりの空気のユルさがまじりあって身体がとろけます。
今度もうちょっと人数あつめて座敷で呑もうね、と盛り上がる。
ここにはなんともヨイ感じの座敷があるのです。

いい塩梅になって、チューサカ(中央酒場)へ。
横須賀といえば、ホッピー。 きっと。
揚げたてアジフライ(旨し!)。 ホワイトアスパラ(なつかし!)。
音楽の話、フジサワの話、ドムドムバーガーの話・・・
じんわりヨイ感じに酔いました。

早めの時間に散会。
和やかでマッタリ楽しい夕べなり。 

また、のもうね!

そして、みなさまも、機会ありましたらゼヒ~!
[PR]
by hey_leroy | 2009-10-01 23:27 | スカ呑みスカ喰い | Comments(2)