<   2018年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

睦月晦日。皆既月食。

f0160346_09564611.jpg


皆既月食、はじめてじっくり眺めた。
20時50分ごろに空をみたら、月がすこし欠けはじめていて。
さっそく、厚着して、玄関先に椅子を出して。
呑みかけのホッピー片手に。
何年か前のナントカ流星群の時も、未明にこんなことしてたっけ。
その時も寒いときだったような。
今夜は、神奈川の海沿いからは雲もなくクッキリと見えた。
少しずつ地球の影が入り込んで行って、1時間くらいかけてすっぽりと。
真っ暗にはならず、橙色の梅干しのようになった。ヘンな表現だけど。
家族も思い思いの場所から眺めていたようだ。
月食の後、満月にもどるところは見ていない。雲がかかったようだけど。




f0160346_09564048.jpg


1月のホッピー。
場所でカウントしたら、8軒プラス自宅だった。
たまたま画像撮ってた。
鎌倉、腰越、藤沢、上野、自由が丘、月島・・・。
1回だけの酒場もあれば、5回以上通ったところも。
呑んだ杯数は不明。
鎌倉に生ホッピーが呑めるバーができたのはチトうれしい。
でも、先週ネコが逝ってからは、外呑みしてないな。

そんなこんなで、いろいろあったけど、明日から2月。


[PR]
by hey_leroy | 2018-01-31 23:52 | days | Comments(0)

源氏鶏太の人生案内


f0160346_09251939.jpg


『わたしの人生案内』 源氏鶏太 (中公文庫 2004年)

昭和30年代を中心に「ユーモア小説」「サラリーマン小説」で人気を博した作家・源氏鶏太による、半生記とかゆるやかな人生訓とか。

この人のことは小説ではなく映画の原作者として知った。森繁のサラリーマン~社長シリーズの元祖たる「三等重役」(大好き!)や「ラッキーさん」「ホープさん」「最高殊勲婦人」などなど。小林桂樹がヨカッタなぁ。
で、図書館で借りて原作などを読んだりもしていたのだけど、随筆系はあんまり見かけたことなくて。古本屋でみつけて即購入。

本人も文筆業と会社員の二足の草鞋を履いていた時期が20年以上あって、それがサラリーマン小説の題材になっていたことは言うまでもない。時は戦後の復興から高度経済成長期。仕事や生活に対する気構えも、今読めば、あぁ、そういう時代だったんだねぇ、という感じではあるけれど。

娘がOLになった親の心構えを記した項の最後の一文。

娘に門限を厳守させること。更に、男と二人だけで行動する場合、絶対に靴を脱ぐような場所に行ってはならぬといましめておくことである。多くの間違いは、靴を脱ぐことから始まっている。

お気をつけあそばせ。


[PR]
by hey_leroy | 2018-01-30 23:25 | books

湯豆腐

f0160346_14243458.jpg


身の冬の とゞのつまりは 湯豆腐の あはれ火かげん うきかげん
月はかくれて あめとなり 雨また雪となりしかな
しょせん この世は ひとりなり 泣くも わらふも
なくもわらふも ひとりなり


久保田万太郎が、料亭・辻留の店主、辻嘉一の著書に寄せた小唄調の序文。
この文章のような境地はまだまだ遠いですなぁ。

寒い日には、湯豆腐。
余計な具は入れず、ぐつぐつは煮込まず。
呑み過ぎず。

最後のが、なかなかむずかしい。




[PR]
by hey_leroy | 2018-01-28 22:40 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)

ヒデトラ、ありがとう


今朝早く、ウチの猫、秀虎は旅立ちました。
足腰は徐々に弱ってきてたけど、3日ぐらい前から急に立てなくなって、物も食べなくなり、床ずれになる間もなく、おだやかにいってしまった。
もう20才だし、ある程度覚悟はできてたつもりだけど、こんなにす~っといなくなってしまうんだね。
長患いすることもなく、苦しまず、天寿をまっとうしたということで。

寂しさや哀しさは、これからふとした折々に実感していくんだろうな。

f0160346_12541134.jpg

今まで、ありがとな!

このblogでも、長いこと気にかけてくれたり、可愛がってくださったみなさま。
どうもありがとうございました。


[PR]
by hey_leroy | 2018-01-26 21:52 | ぬこ | Comments(0)

雪が


雪予報、当たったなぁぁぁ
ライブがあった昨日でなくてヨカッタ。
午前中から降りはじめ、あっという間に銀世界。

f0160346_10053531.jpg


横浜のチベット的なところから、少し早めに帰らせてもらう。
とちゅう、電車は遅れに遅れる。

でも、地元江ノ電が動いていれば、大丈夫。

f0160346_10071853.jpg

腰越の電車通り。


f0160346_10063613.jpg


こんなことしてる間に止まっちゃったらヤバいな。


f0160346_10073100.jpg

道行く人影はないけれど、路地裏の酒場には誘蛾灯に誘われるがごとく地元の呑兵衛たちが。
深酒はせず、ちょっぴりはしゃいで、身体あっためて。

f0160346_10073822.jpg

帰ろう。

f0160346_10075072.jpg


明日は長靴だな。




[PR]
by hey_leroy | 2018-01-22 23:05 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

ライブ2days その2~四ツ谷~


昨夜のライブから一夜明け。
今日もライブということで余力を残してたので(オトナ~)
午前中、片瀬・龍口寺の骨董市をひやかす。

f0160346_09364118.jpg


欲しいものがあるわけではないのだけど、なんとなく。
豆皿の一枚でも買おうかなと思うけど、これぞという出会いもなく。


f0160346_09371199.jpg

毎月第三日曜日開催。
また散歩がてらのぞきにこよう。

で、夕方、四谷。



f0160346_09405992.jpg


日曜なので都心はやっぱりすいている。
しんみち通りも、静かです。


f0160346_09411364.jpg


隙あらば、呑む。
隙は、つくらなければいけません。


f0160346_09413117.jpg

本日はコチラ。
仲良し3バンド対バン。
お誘いいただき感謝。


f0160346_09414241.jpg


新曲もありつつ、お友達バンドのバースデイサプライズもありつつ。
けっこうガチな仕込みで、盛り上がった♪

DuckSoupは2日間おつかれさまでした!
お客さん、ありがとう!



[PR]
by hey_leroy | 2018-01-21 23:34 | live , event | Comments(0)

ライブ2days その1~自由が丘~



ひょんなことから、2日つづけて同じバンドでライブ。
今日はシャレオツな街、自由が丘です。

f0160346_09174003.jpg


オシャレスポットなこちらの口開けに並んで。


f0160346_09174734.jpg


乾杯しつつ、鰻串をほおばる。
やっぱりここには来なくっちゃなぁ。


f0160346_09180586.jpg


別の店で全員集合し、なぜかもんじゃをつついていたり。


f0160346_09182724.jpg


鰻屋の次にオシャレなティールーム。
ここが夜はライブをやってるのです。
結構Jazzyなアーティストが出演しています。


f0160346_09183330.jpg

Duck Soup、本年一発目。


f0160346_09184572.jpg

途中、ゴスペルマナーなコーラスのお姉さまたちもゲストに入り、盛り上がる。
素晴らしいハーモニー。それぞれのソロもさすがでした。

f0160346_09185121.jpg


明日も楽しんでいこー。




[PR]
by hey_leroy | 2018-01-20 23:13 | live , event | Comments(0)

青山二郎わからず

f0160346_09273250.jpg


『 鎌倉文士骨董奇譚 』 青山二郎 (講談社学芸文庫 1992年)


青山二郎(1901~1979)は、本の装丁の仕事をメインとしつつ、それは主たる収入源というだけで、評論や陶芸鑑賞など、とらえどころのないような、でも「美」を見据え、物が「見える」ということにこだわった人生を送った人。と、いえようか。

ずいぶん前に白洲正子の「いまなぜ山二郎なのか」を読んだことがあって、それ以降もいろんな本で名前は目にするけれど、本人の著作物は少なく、どんな事を書いたのか、何となく気にはなっていた。古本屋で文庫見つけたので、読んでみた。

いやはや、読みづらいこと。意地になって最後まで読んだけど、自分の手には負えません。ひとりよがりで、皮肉っぽくて、含みがありすぎて、比喩がわかりづらくて。そのわかりづらさを上からながめて悦に入ってるようで。

というのは、美のことがちいともわからない自分のヒガミでもあるけれど。

独自のユーモアに貫かれている、という見方もできるだろう。
物を「見る」のではなく、物が「見える」ことの意味。
自分が気に入った陶芸品はどんなに高価だろうと何とかして手に入れ、朝も夜もひたすら眺め、弄る。そして「解った」時がくると、さっさと手放す。この繰り返し。潔くて、ブレがない。

「鑑定」は勉強して得られる知識によるが、「鑑賞」はひたすらに個人的なこと。これを文章にするというのは大変なことだ。そりゃ著作も少ないわけだし、書いてることも万人にわかるような単純なもんじゃない。

と、いうことでいいのかな?


[PR]
by hey_leroy | 2018-01-19 11:00 | days | Comments(0)

おから健在


昨年末に閉店した藤沢の有名居酒屋。
そのあとにできた酒場へ。

変わったようで変わってないようでやっぱり変わってる。
板長は、前の居酒屋の大将がひきつづきやってる。
その辺のハナシはいくつか耳に入ってきてはいるけれど、真偽もようわからないし、こちらはただ酒と肴をたのしむだけだ。



f0160346_13374242.jpg


健在のおから。これがあるだけでウレシイじゃないか。
おからとナマコ酢。燗酒がとまらない。

前のような激混みではなくなったけど、板場は大将一人で大変そう。


f0160346_13381287.jpg


ふらりと入りやすくなったのは、いいことだと思う。

で、このあとはsausalito~wesleyとmusic barをハシゴ。




[PR]
by hey_leroy | 2018-01-18 23:04 | カマクラとかフジサワであそぶ | Comments(0)

きょうのおべんと

f0160346_13371297.jpg

今日の弁当のメインは「竹輪とちくわぶ煮」です。
もちろんおでんの残りです。
ちくわぶで飯を喰らう。何の問題もない。



[PR]
by hey_leroy | 2018-01-18 13:36 | 家呑み家ゴハン・弁当 | Comments(0)